クレジットカード市場拡大~初の40兆円突破

決済代行ドットコム通信

クレジットカード市場拡大~初の40兆円突破

キャッシュレス化とポイント意識の高まりが背景

日本のクレジットカード市場の成長が続いています。

インターネット上での決済手段を柱に、公共料金や、病院など、今までクレジットカード払いが一般的ではなかった業種でのクレジット払い対応の拡大により、今後もさらなる成長が見込まれています。

今まで日本では現金払いの傾向が強く、個人消費に占めるカード利用割合は13~14%台とされてきました。カード社会の欧米や、お隣の韓国では個人消費の約25%がクレジットカード経由といわれ、日本市場の成長の余地は今後も大きく、日本のクレジットカード会社をはじめ、海外からもカード市場への積極的な投資が続いています。

日本人の1人が3枚のカード持っている計算となる、約3億枚のクレジットカードが既に発行されている中、クレジットカード会社各社は様々な手段で自社カードの利用率向上のためのサービス競争を展開しています。

電子マネーの急速な普及と、キャッシュレス化の浸透やポイント意識の高まりを背景に、2020年には60兆円に達するとも予想されているクレジットカード市場。

まだクレジットカード決済に対応されていない店舗様は、この機会にぜひ「決済代行ドットコム」へお問い合わせください。(白井)

111

平成25年「日本クレジット協会 クレジットカード発行枚数調査」より

現在地:クレジットカード決済代行ドットコム HOME決済代行ドットコム通信

カード決済ドットコムへのお問い合わせ