カード決済の安全性や導入の注意点を紹介!不正利用を防ぐには?


「カード決済を導入するにあたって安全性について知りたい」「セキュリティー対策は必要か?」とお悩みではありませんか? 決算手段として非常に多くの人がクレジットカードを利用しています。しかし、インターネット上でカーード決済をするにあたって、その安全性に疑問を抱いたことがある人も少なくないでしょう。カード決済を安全に導入するために、消費者が抱く危険性や安全対策を知っておくことをおすすめします。

この記事では、カード決済で行うべき安全対策や安全に導入する方法などをご紹介しましょう。

  1. カード決済の安全性が重要な理由は?
  2. カード決済における安全対策を紹介
  3. カード決済を安全に導入するポイント
  4. カード決済の安全性に関するよくある質問

この記事を読むことで、導入側と消費者がそれぞれ行うべき安全対策の内容や、代行業者の選び方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.カード決済の安全性が重要な理由は?

まずは、カード決済の安全性についてまとめました。

1-1.不正利用や個人情報流出などの危険性

カード決済を行う上で、カードの不正利用や個人情報流出などの危険性が考えられます。特に多いのが、インターネットを介したカード情報の漏えいです。ネットショップなどでカード決済を行った際にカード情報が漏えいし、第三者によって不正利用されてしまった例も少なくありません。近年はスキミングやフィッシング詐欺などの手口でカード情報が盗まれてしまうケースも増えてきているため、十分注意が必要です。

1-2.導入側にもリスクがある

カードの不正利用が起きた場合、カード決済を導入している店側も責任を負うことになります。クレジットカード加盟店にはセキュリティー対策が義務づけられており、不正利用が起きたということはきちんとした対策がされていなーかったと見なされてしまう可能性があるのです。そう判断された場合、不正利用の責任は店側にあったということになり、被害の補償をしなければなりません。

2.カード決済における安全対策を紹介

カードの保有者・カード会社・カード決済を導入している店それぞれが行うべき安全対策をご紹介しましょう。

2-1.カード保有者が行うべき安全対策

カード保有者は、必ずカードの裏面に署名をしておきましょう。無記名の場合、カードが盗難された際に保障の対象外になってしまいます。また、暗証番号は推測されにくいものを設定しておくことも大切です。誕生日や自宅の電話番号などにしてしまうと、身の回りの情報から推測されてしまう可能性があります。毎月の利用明細は必ずしっかり確認し、不正利用に気づいたらすぐにカード会社へ連絡してください。

2-2.カード会社が行うべき安全対策

カード会社が行っている安全対策には、以下のようなものがあります。

  • 普段と違うカードの使い方がされていないかなど、オーソリゼーションによる監視
  • スキミング対策としてICチップを搭載したカードを発行
  • サーバーへの不正アクセスを防止するためのセキュリティー強化

2-3.カード決済を導入している店が行うべき安全対策

カード決済を導入している店も、クレジットカードの不正利用を防ぐために以下のような安全対策を行うべきです。

  • 「3Dセキュア」など、本人認証サービスの導入
  • セキュリティーコードの入力確認
  • 過去の取引情報の確認

3.カード決済を安全に導入する方法

カード決済を安全に導入する方法や注意点をまとめました。

3-1.決済代行業者を仲介して導入するのがおすすめ

カード決済を導入するには、カード会社と直接契約する方法と決済代行業者を仲介する方法があります。より安全にカード決済を導入するには、決済代行業者を利用するのがおすすめです。決済代行業者は、カード会社との契約手続きやシステムの構築を代行してくれる業者のことをいいます。導入手続きや入金管理などが楽になるだけでなく、決済代行業者による高セキュリティーシステムを提供してもらえるなど、メリットは大きいでしょう。

3-2.決済代行導入の流れ

決済代行ドットコムでは、以下のような流れで代行システムを導入できます。

  1. 業者への問い合わせ
  2. 契約書に必要事項を記入して送付
  3. 業者による審査
  4. 指定口座への入金
  5. システムの利用開始

3-3.決済代行業者を選ぶポイント

決済代行業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 高度なセキュリティーシステムを設けているか
  • 多様な決済方法に対応しているか
  • サポート体制は充実しているか

3-4.プライバシーマークの確認も

プライバシーマークとは、個人情報を適切に取り扱うことができる業者に対して発行されるマークのことです。このマークの使用が認められている業者は、徹底した情報漏えい防止対策を行っているという証明になります。決済代行業者を選ぶ際には、マーク取得の有無をチェックするとよいでしょう。

4.カード決済の安全性に関するよくある質問

「カード決済の安全性について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ネットショップで買い物をする際に入力するクレジットカード情報は、漏えいする可能性はないのでしょうか?
A.ショップがSSLという暗号化技術を採用している場合は、ネット上でデータが暗号化するため、漏えいする心配はありません。

Q.カードを不正利用された場合、いつまで補償されるのでしょうか?
A.補償期間はカード会社によって異なりますが、届け出から60日前までの損害を補償している会社が多くなっています。

Q.インターネットにクレジットカード情報を入力することに不安があるのですが、どうすればよいですか?
A.バーチャルカードやプリペイドカードなどの支払い手段を利用すれば安心でしょう。また、使い捨てのクレジット番号を発行してくれるカード会社もあります。

Q.決済代行業者を利用した場合、クレジットカード決済以外の決済サービスも導入できるのでしょうか?
A.はい。電子マネー決済やコンビニ決済・携帯キャリア決済などの決済サービスも導入可能です。

Q.決済代行業者に申し込みをしてから導入されるまでどのくらいかかりますか?
A.決済代行ドットコムでは、最短2~3営業日で導入可能です。

まとめ

カード決済のセキュリティー対策や安全に導入する方法などをまとめてご紹介しました。キャッシュレス化が進む今の時代、カード決済の導入を検討する店舗が増えてきています。店側にとっても消費者にとっても、安全に利用できるカード決済を導入するための方法を、ぜひこの記事を参考に知ってください。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」