動物病院のカード払いを導入したい方は必見! 一番楽でお得な方法は?


「動物病院にカード払いを導入したい」とお考えではないでしょうか。治療費を確実に支払ってもらえ、高額な治療も行いやすいなど、多くのメリットがありますからね。それに、カード払いができれば突然の出費にも対応できるため、飼い主側からもありがたいものです。今回は、動物病院のカード払いを導入する方法について詳しく解説します。

  1. 動物病院のカード払いには多くのメリットがある
  2. 動物病院が直接契約でカード払いを導入する方法
  3. 動物病院のカード払いは代行決済利用がおすすめ
  4. 動物病院のカード払いに関するよくある質問

この記事を読むことで、動物病院のカード払いがよく分かり、スムーズに導入できます。まずは、記事を読んでみてください。

1.動物病院のカード払いには多くのメリットがある

最初に、動物病院のカード払いの主なメリットや需要が高まっている理由を見ていきましょう。

1-1.動物病院側のメリット

動物病院でカード払いを導入するメリットには、以下のようなものがあります。

1-1-1.支払いを確実に回収できる

動物病院にとって、支払いを確実に回収できるのは大きなメリットでしょう。高額治療を行っても、カード払いをしてもらえば治療費はカード会社から入るので安心です。飼い主に高額治療をすすめやすくなるのも見逃せません。

1-1-2.集客効果が見込める

カード払いを導入すると、集客効果が見込めます。今は、できるだけカード払いで出費を済ませたい人が増えているからです。日常的にカード払いをしている人に向けて大きなアピールポイントとなることでしょう。

1-1-3.多額の現金を扱わなくて済む

カード払いを導入すれば、現金決済の取扱量が減ります。レジに保管しておく現金の量が少ないため、セキュリティー面でも安心です。万が一盗難にあっても、被害額を抑えることができます。

1-2.飼い主側のメリット

動物病院でカード払いが利用できれば、飼い主にとっても多くのメリットがあります。

1-2-1.高度な治療を受けやすい

高度な治療は、高額の費用請求を伴います。現金一括支払いよりも、カード払いのほうが支払いのハードルが下がるのは事実です。カード払いを利用できれば、高額な治療費のために治療を諦めることが少なくなるでしょう。

1-2-2.現金の持ち合わせがなくても安心

急病などで動物病院を利用する場合、現金の手持ちが十分にないことがよくあります。しかし、カード払いができるのなら安心です。現金がなくても、ペットに必要な治療を受けやすくなります。

1-2-3.計画的な支払いが可能

分割払いを選べば、計画的な支払いが可能になります。現在現金や預金が足りなくても、定期的に収入があれば問題なく支払うことができるのです。分割払いが可能なカードが使えることは、生活の不安も取り除いてくれます。

1-2-4.カード会社のポイントがたまる

カード払いを利用できれば、カード会社のポイントがたまります。動物病院の治療費は高額になりがちなので、高いポイント還元が期待できるでしょう。飼い主にとって、多くのポイントを獲得できるのは大きなメリットです。

1-3.ペットの高齢化による治療費負担増で需要が高い

動物病院のカード払い需要が急増している背景には、ペットの高齢化による治療費負担が大きくなっていることがあります。治療技術の進歩や飼い主の健康管理への意識向上は、ペットの寿命を長くしただけではありません。同時に高齢ゆえの病気(腎臓病・心臓病・認知症)も増え、高度な治療の必要性を高めています。高度な治療は治療費の高額化につながるため、結果的にメリットが多いカード払いの需要が急増しているのです。

2.動物病院が直接契約でカード払いを導入する方法

直接契約でカード払いを導入する場合の方法や、メリット・デメリットを詳しく解説します。

2-1.直接契約の手順

カード会社と直接契約する手順は、以下を参考にしてください。

  1. カード会社にカード払い導入の相談をする
  2. カード会社の提案を検討し、契約書類を送付する
  3. カード会社の審査を受ける
  4. 審査に合格したら、初期費用を支払う
  5. CAT端末の設置後、利用開始

2-2.直接契約審査に必要な書類

カード会社との直接契約では、審査を受けるために以下のような書類が必要です。

  • 代表者の身分証明書(運転免許証など・表裏コピー要)
  • ​連帯保証人の身分証(運転免許証など・表裏コピー要)
  • 銀行通帳のコピー(表紙と中面見開きページ)
  • そのほかカード会社が指定した書類

なお、法人契約の場合は、上記のほかに登記簿謄本(3か月以内に発行のもの・コピー可)が必要です。

2-3.直接契約は初期費用が数万円~かかる

カード会社との直接契約では、初期費用が数万円~かかります。通常、動物病院のカード払いではCAT端末を買取で導入することになるからです。そのほかにも、年間加盟料や端末設定費用がそれぞれ数千円かかることがあります。さらに、毎月の売上金額やカード決済回数に応じて、手数料を支払うことになるでしょう。

2-4.好きなカード会社と契約できる

直接契約の主なメリットは、以下をご覧ください。

  • 好きなカード会社を選ぶことができる
  • 審査が厳しい分、信頼度が上がる
  • カード会社との直接取り引きなのでセキュリティー面で安心

2-5.デメリットは審査が厳しい点など

直接契約の主なデメリットは、以下のとおりです。特に、営業規模の小さな動物病院では、直接契約のデメリットが大きく感じることでしょう。

  • 審査が厳しく導入できないことがある
  • 審査に時間がかかる(2週間程度)
  • カード会社ごとに支払いの締め日やまとめ方が異なる
  • 初期費用が高い(CAT端末が買取になることが多い)
  • 締め日後の事務作業が膨大になる

3.動物病院のカード払いは代行決済利用がおすすめ

動物病院のカード払いは、メリットが多くて楽に導入できる代行決済利用をおすすめします。

3-1.代行決済の契約手順

動物病院での代行決済を依頼する場合、以下のような流れになります。

  1. 代行決済業者にカード払い導入の相談をする
  2. 業者からの導入提案を検討後、契約書類を業者に送付する
  3. カード払い導入の審査を受ける
  4. 審査に合格後、初期費用を代行決済業者に支払う
  5. CAT端末の設置後、利用開始

3-2.代行決済審査に必要な書類

代行決済の審査を受ける場合、以下のような書類が必要になります。以下は当決済代行ドットコムの一例です。

  • 代表者の身分証明書(運転免許証など・表裏コピー要)
  • 連帯保証人の身分証(運転免許証など・表裏コピー要)
  • 銀行通帳のコピー(表紙と中面見開きページ)

なお、法人契約の場合は上記のほかに登記簿謄本(3か月以内に発行のもの・コピー可)が必要です。

3-3.代行決済は初期手数料が0円~

代行決済は、初期手数料が安いところが多く見られます。特に初期費用がほぼ無料で利用できる業者なら、導入コストもかからず安心です。たとえば、当決済代行ドットコムでは、初期費用・月次使用料・振込手数料が無料で、決済手数料が3.5%~と格安でご提供しています。ぜひ、ご検討ください。

3-4.複数のカード会社と一括契約できる

代行決済を利用する主なメリットは、以下をご覧ください。何かと忙しい動物病院にとって、多くのメリットがあります。

  • 1回の手続きで複数のカード会社に利用申請できる
  • 直接契約より審査が通過しやすい
  • 導入スピードが速い(数日程度)
  • 事務処理が簡単(決済代行業者が面倒な手続きを代行してくれる)

3-5.悪質業者に注意する

代行決済を利用する場合は、以下のようなデメリットも理解しておきましょう。

  • 悪質業者に注意する必要がある(法外な手数料・個人情報の流出の恐れ)
  • カード決済の頻度によっては毎月の経費が割高になる
  • 代行決済を利用できないカード会社がある

3-6.信頼できる代行決済会社を選ぶことが大切

カード払いの代行決済は、以下の条件を満たす業者に依頼すると安心です。

  • 動物病院の導入実績が豊富
  • 希望するカード会社を使うことができる
  • 初期費用が格安
  • 毎月の経費がリーズナブル
  • 申し込みから使用開始まで迅速
  • 最低限の事務手続きで済む
  • 顧客からの信頼が厚い
  • トラブル対応能力が高い
  • 導入後のアフターフォローが手厚い

なお、当決済代行ドットコムでも、動物病院のカード払い導入で多くの実績があります。まずは、お気軽にご相談ください。

4.動物病院のカード払いに関するよくある質問

最後に、動物病院のカード払いに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.決済手数料がかかるなら利益を圧迫するのでは?
A.確かに、カード払いには代行決済業者への手数料がかかります。しかし、来院数が増え、高額治療の数が増えれば、結果的にプラスの利益となるはずです。なお、できるだけ手数料が安い業者を選ぶことで、利益の圧迫を最小限に抑えることができます。

Q.リボ払いやボーナス一括払いも利用できる?
A.カードの種類や契約内容によります。契約の際に、カード会社もしくは決済代行会社に確認しておきましょう。

Q.おすすめのカード会社は?
A.VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERSの5社がおすすめです。商業系カードや銀行系カードなどでも、5社のロゴマークのいずれかがあれば利用でき、困ることはないでしょう。

Q.CAT端末がエラーを起こしたときの対処方法は?
A.まずは、代行決済業者に連絡して対応してもらいましょう。端末故障の場合は、交換してもらう必要があります。一時的な通信エラーの場合は、数分待ってからやり直すとうまくいくことがあるでしょう。繰り返しエラーが起きるときは、とりあえずインプリンター(クレジットカードの印影を写し取るもの)を使ってカード決済することも可能です。

Q.カード決済後、実際に入金されるのはいつ?
A.カードの締め日から1か月後程度かかると考えておきましょう。カード払いは、利用者の支払いと実際の入金にタイムラグがあるのが特徴です。入金まで資金不足に陥らないように気をつけてください。

まとめ

今回は、動物病院のカード払いについて詳しく解説しました。動物病院でカード払いができれば、多くの人が支払いの心配をしなくて済むでしょう。また、治療費用を確実に回収でき、高額治療を受けてもらいやすくなるなど、動物病院側にも多くのメリットがあります。カード払いを導入するときは、代行決済業者に依頼すると審査が通過しやすく、複数のカード会社を利用できて便利です。まずは、信頼できる業者を選び、よく相談してみてください。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」