決済代行に必要な手数料について解説! 業者を選ぶポイントにも注目!


「カード決済を導入したいが、決済代行業者に払う手数料が気になる」という人は多いでしょう。カード決済にかかる手数料は複数あり、「月々どのくらい手数料を支払わなければいけないのか不安だし、そもそも手数料の種類がよく分からない」という人もいると思います。しかし、カード決済の際にかかる手数料は売り上げに応じて変化するものも多く、「売り上げがないけれど、高額な手数料を払わなければならない」という事態にはなりにくいでしょう。そらに、優良な決済代行業者を選べば納得できる値段で月々の売り上げ管理もぐっとしやすくなります。
今回は、決済代行業者を利用した際にかかる手数料や業者の選び方について解説しましょう。

  1. 決済代行の基礎知識
  2. 決済代行の手数料の違いについて
  3. 決済代行業者の選び方
  4. 決済代行の手数料に関するよくある質問

この記事を読めば、決済代行業者を利用するメリットもよく分かります。カード決済を導入したい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.決済代行や手数料の基礎知識

はじめに、決済代行や手数料に関する基礎知識を紹介します。

1-1.決済代行業者とは?

決済代行業者とは、カード決済を導入した店舗や会社とカード会社の間に立ち、決済の代行をしてくれる業者です。決済代行業者と契約することにより、店舗や会社は複数のカード・コンビニ決済・銀行振り込み・電子マネーと多彩な支払いに対応することができます。

1-2.決済代行業者に支払う手数料とは?

決済代行業者を利用する店舗などでは、導入している決済の手段や決済を利用した額によって手数料を支払う必要があります。手数料の中には、導入時にだけ必要なものや毎月同じ金額を支払うもの、毎月支払う金額が変動するものなど複数の種類があるのです。

1-3.手数料の種類

手数料の種類は、以下のようなものがあります。

  • 初期費用:決済システムを導入する際にかかる費用。導入時にだけかかる。数万円~が相場
  • 月額手数料:決済代行業者に毎月払う手数料。業者によって料金は異なりますが、数千円~が相場
  • 決済手数料:決済1件ごとにかかる費用。決済額の数%を決済代行業者に支払う。このほか、データを決済する際に生じる処理手数料が別途かかる。クレジットカード・銀行振り込みなど決済によって金額が異なるため、しっかりと把握しておくことが大切

なお、これらの金額は決済代行業者によって異なるので、業者を選ぶ際の参考にしましょう。

2.決済代行の手数料の違いについて

前述したように、決済代行導入や利用の際に必要な手数料は業者によって異なります。初期費用が無料というところもあれば、初期費用は高めだけれど、決済可能な手段がたくさんあるところもあるでしょう。また、月々かかる固定の手数料が安い代わりにサービスは必要最低限なところもあれば、手数料は高くてもサポートが手厚いところもあります。ですから、導入する側は、運転資金や長期利用をする場合にかかるコストなどを考え、業者を選ぶことが大切です。また、決済代行の手数料を複数社で比較しても、業者の特徴がよくつかめるでしょう。

3.決済代行業者の選び方

この項では、決済代行業者の選び方を解説します。

3-1.決済代行業者の比較ポイント

決済代行業者を比較する場合、以下のようなポイントをチェックしましょう。

  1. 導入できる決済の種類
  2. サービスに含まれる内容
  3. 決済代行の手数料
  4. アフターケアの内容

たとえば、手数料が安くても「クレジットカードと銀行振り込みしか決済に使えません」という業者では、電子マネーに対応したくてもできません。また、トラブルが発生した際素早く対応してくれる業者ならば心強いでしょう。

3-2.実績や口コミもチェック

優良な業者は、実績も自然と増えていきます。また、今では口コミサイトの評判も決済代行業者を選ぶ目安になるはずです。さらに、問い合わせた際、丁寧に答えてくれる業者は信用できます。

3-3.導入までの流れ

一般的な決済代行業者との契約の流れは、以下のようなものです。

  • 申し込みと見積もり・審査:申し込みした人に対して業者側が審査を行い、問題なければ導入の際に必要な金額や機材などを見積もりとして提示する
  • 契約:見積もりの内容に納得した場合は、契約となる。必要事項を申込書に記載して業者に提出
  • 導入:機材・アカウントの発行や・インターネットへの接続など決済に必要なものを導入する

なお、ショップの開店と共に決済代行を申し込んだ場合は審査に時間がかかることもあります。すでに実績がある会社が、ネットショップの開店を機に契約したい場合などは、早ければその日のうちに審査を通過することもあるでしょう。

3-4.決済代行業者を導入する際の注意点

決済代行業者によっては、販売店としての実績が少なかったり扱っているものが公共の良俗に反している可能性があったりする場合、審査をパスできないこともあります。そのため、審査基準の緩い海外の決済代行業者と契約を結びたいと思っている人もいるでしょう。しかし、海外の業者はトラブルが起きるといきなり音信不通になることもあります。審査が厳しくても可能な限り国内にある優良な業者と契約しましょう。

4.決済代行の手数料に関するよくある質問

この項では、決済代行の手数料に関するよくある質問を紹介します。

Q.手数料が安い業者は、サービスも最低限なのでしょうか?
A.そうとも限りません。しかし、相場に比べて極端に手数料が安い会社はサービス内容が薄いところもあるでしょう。

Q.手数料の相場は一か月どのくらいですか?
A.売り上げによっても差がありますが、1万~2万円くらいでしょう。

Q.直接カード会社などと契約することは不可能ですか?
A.不可能ではありませんが、カード決済のシステムを構築し導入するだけで数千万円の費用がかかるケースもあるでしょう。

Q.導入できる決済方法はカードのほかの何がありますか?
A.銀行振り込み・電子マネー・デビットカード・おサイフケータイ・コンビニ決済などです。

Q.初期費用が無料の場合のメリット・デメリットを教えてください。
A.資金が少なくてもカード決済が導入できるのが、大きなメリットです。その一方で、初期費用が無料の場合、月々の手数料が高めだったり、カードリーダーなどの機材のレンタル代がかかったりすることもあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は決済代行を導入する際に必要な手数料について解説しました。支払い方法が多様化した現在では、手数料がかかっても決済代行業者と契約するメリットは大いにあります。また、導入を焦らず複数の業者から見積もりを取り、比較してみることが大切です。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」