カード決済を導入したい人必見! メリットや導入方法を詳しく解説!


今、世界はキャッシュレスの時代になりつつあります。国によっては、現金決済ができる店のほうが少ないところもあるでしょう。日本でも、多くの店がカード決済を導入しています。その一方で、カード決済を導入したいが、導入方法が分からないと悩んでいる人もいるでしょう。
今回は、カード決済を導入するメリットや導入の方法を紹介します。

  1. カード決済の基礎知識
  2. カード決済がおすすめの店舗とは?
  3. カード決済導入の方法
  4. カード決済の導入に関するよくある質問

この記事を読めば、カード決済を導入する手順等についてもよく分かるでしょう。カード決済を導入したいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.カード決済の基礎知識

はじめに、クレジットカードの仕組みやカードの種類、導入のメリットなどを解説します。

1-1.カード決済の仕組み

カード決済とは、顧客がカードを利用して店で商品を購入するとカード会社が顧客に代わって店に代金を払います。カード会社は後日顧客に請求書を送り、料金を顧客の口座から引き落とすのです。顧客は現金を持たずに買い物をすることができ、店はカード会社から確実に料金を回収することができます。

1-2.カードの種類

カード決済に利用できるカードは、クレジットカードとデビットカードがあります。クレジットカードは、VISA・JCB・MasterCard等の種類があり、世界中で利用可能です。支払い方法にも複数の種類があり、決算後1~2か月後に口座からお金が引き落とされます。
カード決済に利用できるもう1つのカードが、デビットカードです。デビットカードは口座に紐づけされた決済用カードで、使うたびに口座から現金が即座に引き落とされます。そのため、口座に預金がなければ買い物はできません。使い過ぎがないため、未成年も多く利用しています。電子マネーと混同されがちですが、デビットカードはチャージする手間がかかりません。

1-3.カード決済をするメリット:消費者側

カード決済を行えば、現金を持たずに買いものができます。特に、高額な買い物をする場合は、たくさんのお金を店舗まで持っていく苦労もないので便利でしょう。また、支払い方法も選べるので、必要なものを無理のない支払い方で購入できます。さらに、海外でもカードがあれば信用もつき、両替の手間もかかりません。

1-4.カード決済をするメリット:導入する店舗側

カードを利用する顧客は、現金だけの顧客より高額な商品を購入しやすい傾向にあります。カード決済を導入することにより、売り上げがアップしやすくなるでしょう。また、外国人旅行客の多くは、現金払いよりもカード決済を選ぶため新しい顧客も獲得できます。さらに、多額の現金を店舗で管理していれば危険も増加するでしょう。カード決済を導入し、口座に入金してもらうようにすれば、より安全です。

1-5.カード決済のデメリット

カード決済にも以下のようなデメリットがあります。

  • カード会社から入金が行われるまで時間がかかる
  • カード会社に店が手数料を払わなければならない
  • 対応するカードが増えると、管理が面倒になる

しかし、これらのデメリットはカード決済の特徴をよく理解して計画的に使用すれば、防ぐことができるでしょう。

2.カード決済がおすすめの店舗とは?

カード決済がおすすめの店舗は、以下のような特徴をもつところです。小売業や飲食業で、以下のような特徴がある店舗は導入を検討してみてください。

  • 安価なものから高価なものまで、商品の値幅がある
  • 海外からの顧客が多い
  • インターネットショップを運営している
  • 毎日一定の売り上げがある

特に、インターネットショップを経営している場合は、クレジットカード決済は必須でしょう。

3.カード決済導入の方法

この項では、カード決済を導入する方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.カード決済を導入するには?

カード決済を導入するには、2つの方法があります。1つはカード会社と直接契約を結ぶ方法です。もう1つはカード決済の代行会社と契約を結ぶ方法になります。カード会社と直接契約を結ぶのは、とても大変です。安全に決済をするシステムを構築し、厳しい審査をパスしなければなりません。大手企業などが専門の部署を作って取り組まない限り、難しいでしょう。一方、カード決済代行会社とは、カード会社と店との仲立ちをします。クレジットカードだけでなく、デビットカードや携帯決済、電子マネー決済なども一括で申し込むことが可能です。そのため、小売店のほとんどがカード決済の代行会社と契約を結び、カード決済を導入しています。

3-2.決済の代行業者の選び方

決済の代行業者は、インターネットを検索すればすぐに見つかります。カード決済の処理システムや手数料は業者ごとに異なるため、どれでも同じというわけではありません。なお、決済の代行業者と契約するとカード会社に支払うのとは別に手数料が必要です。契約を結ぶならば、手数料が安いほうが魅力的でしょう。しかし、手数料は安くても処理システムが複雑だったり、支払日がバラバラだったりすれば使いにくいものです。手数料と同じくらい、使いやすい処理システムを導入しているかどうかや、アフターフォローがしっかりしているかも注目しましょう。

3-3.注意点

決済の代行業者の中には、悪質なところもあります。審査が極端に甘い、手数料がほかと比べて極端に安いといった会社は利用しないほうがいいでしょう。また、インターネットショップでクレジットカード決済を導入したい場合は、実績が必要です。インターネットショップを開業し、いきなりカード決済を導入することはできないので注意しましょう。

4.カード決済の導入に関するよくある質問

Q.クレジットカード決済が向いていない業種などはありますか?
A.現金決済が絶対によい、という業種はありません。しかし、顧客1人当たりの単価が数百円~数千円と低めの店は、導入するメリットが低いケースもあります。

Q.クレジットカード決済を導入する場合、どのカードを導入すればいいのでしょうか?
A.VISAやJCBなど7大ブランドと呼ばれるカードのうち、2~3種類決済できるようにしていれば十分です。

Q.クレジットカード決済に必要な機器などもカード決済の導入業者から購入できますか?
A.はい。もちろん購入やレンタルが可能です。

Q.決済の代行業者と契約する際は審査があるのでしょうか?
A.はい。審査はあります。審査が緩すぎる業者は要注意です。

Q.決済の代行業者は、クレジットカード決済に関する相談にのってくれますか?
A.もちろんです。分からないことがあったら何でも聞きましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回はクレジットカードの決済導入について解説しました。決済の代行業者を利用すれば、クレジットカード決済をスムーズに導入することができます。顧客からよく「クレジットカードで決済できないのか?」と聞かれるようであれば、一度導入を考えてみましょう。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」