クレジット決済の導入方法とは? 決済代行会社選びのコツなどを紹介


インターネットショッピングが普及し、手軽な決済方法が求められています。クレジットカード決済は手軽で多くの方が選んでいる決済方法です。「小規模店舗でも導入したいが、導入方法が分からない・決済代行を頼む方法が知りたい」など、クレジットカード決済導入前は疑問点がたくさん出てきます。クレジットカード決済導入までのやり方を覚えておき、売り上げ向上につなげましょう。

  1. クレジット決済の導入について
  2. クレジット決済導入の悩み
  3. クレジット決済導入の方法
  4. クレジット決済導入でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、クレジット決済導入についてよく分かります。クレジット決済導入を考えている方はご一読ください。

1.クレジット決済の導入について

クレジット決済導入の必要性やメリットなどを見ていきましょう。

1-1.クレジットカード決済の必要性

近年は、クレジットカードを使った決済方法を選択する方が増えています。なぜなら、現金を持たずに支払いを終えることができるからです。インターネットショッピングが活発になり、クレジット決済で気軽に買い物を楽しめるほうへ人が流れるようになりました。ネットショッピングだけではなく、実店舗でもクレジット決済ができるほうが有利です。外国人観光客増加に伴い、外貨からの両替不要なクレジット決済が、圧倒的に利便性が高いといえるでしょう。

1-2.導入のメリット

多額の現金を財布に入れておくのは、何かと危険が伴います。しかし、クレジット決済なら現金を持たずに支払いができるため、高額な商品も気軽に購入できるのがメリットです。また、クレジットカードにはキャッシングやポイント還元などさまざまな機能があります。ポイントを獲得できるお得感のあるクレジット決済を選ぶ方が増えているのも、買い物に付加価値を求める部分があるからです。クレジット決済が利用できることで、購買意欲を促すきっかけにもなるでしょう。

1-3.最近の傾向や将来性など

クレジット決済導入店舗は、どんどん増え続けています。コンビニでもクレジット決済ができるようになりました。最近では、スマホやタブレットでクレジット決済ができるスクエアといった端末の導入も進んでいます。オリンピック開催を控え、外国人観光客も増加する見込みです。今後もクレジット決済の需要は拡大するでしょう。

2.クレジット決済導入の悩み

利便性の高い決済方法ですが、クレジット決済導入時にはいろいろな悩みが出てくるものです。よくある困りごとをご紹介します。

2-1.審査

クレジット決済を導入するときに、一番の壁となるのが審査でしょう。希望するカード会社の審査を個別に受けて契約することを、直接契約方式と呼びます。審査は、業種・実績・経営状態などを考慮して行われるため、大型店舗に比べ、小規模店舗や個人事業主は審査が厳しくなるものです。また、仮に審査を通過しても、独自の決済システムを構築する必要があります。

2-2.手数料

直接契約方式の場合、手数料はわずかで済みます。とはいえ、小規模店舗や個人事業主は審査がとおらないケースがあるため、決済代行会社を選ぶことが多いものです。しかし、決済代行会社の場合、クレジットカード会社への手数料以外に、決済代行会社への手数料も発生します。ただし、直接契約方式とは異なり、審査や決済システムの構築が不要なのがメリットです。

2-3.販売員一人ひとりが使い方を理解しなければならない

クレジット決済を導入するときは、クレジットカード読み取り端末を操作できるようにならなければなりません。そのため、販売員一人ひとりが使い方を理解できるよう、オペレーション指導が必要になります。会計をする際に、手間取ることなくスムーズに扱えるようにならなければ、ミスを招く恐れもあるのです。

3.クレジット決済導入の方法

クレジット決済導入の方法や決済代行会社の選び方などをご紹介します。

3-1.カード会社との直接契約

直接契約は、個別にカード会社と契約する方法です。利用したいカード会社に連絡をし、審査を受けましょう。前述したとおり、審査基準が厳しいため、小規模店舗や個人事業主にはハードルが高い方法です。とはいえ、インターネット販売が普及した今では、以前より導入しやすくなっています。ただし、導入後も何かと手間や費用がかかるため、売り上げとのバランスを考えておく必要があるでしょう。

3-2.決済代行会社を利用

カード会社との直接契約が難しくても、決済代行サービスを利用する方法があります。決済代行サービスは、店舗とカード会社の間で決済業務を一括して行う会社です。審査や決済システムの構築が不要で、導入にあたり手間がかからないメリットがあります。しかし、カード会社と決済代行会社の両方に手数料が発生するのがデメリットです。

3-3.決済代行会社の選び方

3-3-1.実績が豊富であること

扱っているカード会社が幅広く、実績豊富な決済代行会社を選びましょう。JCB・VISA・MASTERなどの主要カードに対応していることも大切です。UFJなど銀行系クレジットカードや、楽天ID決済などECサイトに関連したものも普及も進んでいます。取り扱いカードの種類が多いということは、実績も豊富であることを意味しているのです。

3-3-2.決済方法

決済代行会社が採用している決済方法にも注目しましょう。店頭での決済以外にニーズが高まっているのは、スマホやタブレットを使ったモバイル決済です。楽天EdyやSuikaなどを使ったモバイル決済を選択する人も増加しています。インターネットショッピングの利用者が増えているため、Pay Palなどを使ったオンライン決済にも対応していることもポイントです。多様なニーズに応えることができる決済代行会社を選びましょう。

3-3-3.費用

クレジット決済を導入するためには、初期費用や手数料などがかかります。費用面でどこまで負担できるのかもポイントでしょう。費用負担が少ないほうが魅力に思えても、セキュリティーなどを考慮して決めることが大切です。

3-3-4.丁寧な対応

クレジットカードは信用取り引きです。分からないことや不安な点があっても、丁寧に対応してくれるなら、安心して取り引きを続けることができます。導入前の相談にも気軽に乗ってもらえるか、対応や取り引きに対する姿勢をしっかり確認してください。

4.クレジット決済導入でよくある質問

クレジット決済に関する疑問は、あらかじめ質問集で解消しておきましょう。

Q.決済代行会社に支払う手数料とは?
A.手数料とは、クレジット決済がなされたときに決済代行会社に支払われるお金です。決済金額の数%となっています。決済代行会社によっても異なるため、比較して決めることが大切です。

Q.初期費用がかからない決済代行会社のほうがお得なのではないか?
A.初期費用がかからない分、毎月余分な出費があることも想定しておかなければなりません。固定費や維持費などにも目を向け、総合的に費用を見てから決めましょう。

Q.決済代行会社と契約するだけで、複数のクレジットカード会社を利用できるのか?
A.はい、利用できるようになります。決済代行会社の取り扱いカードの種類が多いほど、決済できるカードの数が増えるため、決済代行会社選びが重要になるのです。

Q.決済代行会社からの入金はどのようになっているのか?
A.あらかじめ決めた日程に、一括して支払われるようになっています。カード会社と直接契約方式で契約した場合、それぞれ入金日が異なるものです。一括して入金してくれる決済代行会社のほうが、売り上げ管理がしやすいでしょう。

Q.セキュリティー面は万全なのか?
A.決済代行会社の場合、ハッキングや不正利用に対するシステムを構築し、情報漏洩(ろうえい)などへの対策を整えています。費用の安さで選ぶより、安心かつ安全に利用できる決済代行会社を選びましょう。

5.まとめ

いかがでしたか? クレジット決済が利用できれば、現金を持ち歩かなくても買い物ができるため、購買意欲につながるとされています。海外からの旅行者でもクレジットカードで簡単に買い物がしやすいので、今後もニーズが高まると予想されている決済方法です。カード会社との直接契約方式は審査があり、小規模店舗や個人事業主にはハードルが高いのですが、決済代行会社に依頼することで簡単に導入することができるでしょう。決済代行会社選びは、実績や対応などを見て、慎重に行ってください。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」