【注目】決済代行の選び方、導入方法は? 導入のポイントを知ろう!


クレジットカード決済・コンビニ決済・携帯キャリア決済など、さまざまな決済を導入する際は必要な手続きを済まさなければなりません。多種多様な決済を一括の契約とシステムで導入できるのが、「決済代行サービス」です。そんなサービスを利用する場合は、決済システム・安全性・使いやすさなどに注目した上で業者を選ばなければなりません。スムーズに導入するためには、安心して契約できる決済代行サービス業者を選ぶことが大切です。そこで、本記事では、決済代行サービスの選び方と導入のポイントについて解説します。

  1. 決済代行の基礎知識
  2. 決済代行サービスの選び方
  3. ウェルコムの導入方法は?
  4. 決済代行に関してよくある質問

この記事を読むことで、決済代行サービスの選び方と導入方法が分かります。決済代行サービスの導入を検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.決済代行の基礎知識

決済代行サービスの仕組みを理解することで、安心して依頼できる決済代行会社が選択できます。ここでは、主なメリット、向いている人・企業・店舗と、基礎知識を深めましょう。

1-1.決済代行の仕組み

クレジットカード会社等と決済ツールを導入したい企業・店舗等の間を取り持つのが「決済代行会社」です。企業や店舗の代わりに、クレジットカード決済や口座振替などさまざまな決済手段を提供します。たとえば、決済代行サービスでクレジットカード決済を導入したときの仕組みを、以下にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

  1. 購入者がクレジットカード決済を選択すると、カード発行会社へ支払いが行われる
  2. カード発行会社から加盟店契約会社に支払いが行われる
  3. 加盟店契約会社から決済代行サービス(=決済代行会社)に支払いが行われる
  4. この際、決済代行サービスは加盟店契約会社に手数料を支払う
  5. 決済代行サービスから購入した店舗に支払いが行われる
  6. この際、店舗から決済代行サービスに手数料を支払う

つまり、決済代行サービスは、店舗とカード会社の間に入り、支払いや契約を代わりに行うのです。

1-2.主なメリット

決済代行サービスを利用する主なメリットをいくつか紹介します。

1-2-1.一括で複数のカード会社と契約できる

決済代行サービスの主なメリットは、まとめて複数のカード会社と契約できる点です。クレジットカード決済を導入する場合、使用したいカード発行会社ごとに契約を交わさなければなりません。1社ずつ契約を交わすのは時間がかかり、その分、契約手数料もかかります。しかし、決済代行を利用すれば、まとめて複数のカード会社と契約できるので手間と時間がかかりません。無駄なコストも削減できるでしょう。

1-2-2.多様な決済方法を一括で管理できる

クレジットカード決済だけでなく、自動引き落とし・銀行ネット決済など多様な決済方法を一括で管理できる点も、決済代行の大きなメリットです。代行会社にもよりますが、複数の決済方法が一括で管理できると、売り上げの分析もしやすくなるでしょう。

1-2-3.個人でも利用しやすい

個人で決済利用契約を行う場合、それぞれ個別にシステムを開発し審査基準を満たさなければなりません。個別でシステムを開発するためには費用がかかり、運用・保守の必要性も出てきます。しかし、決済代行を利用することで、時間とコストの削減が実現できるのです。決済すべてを代行会社に任せられるため、個人でサービスを運用する際は強い味方になるでしょう。

1-3.向いている人、企業、店舗は?

以下の項目に当てはまる場合は、決済代行サービスの利用をおすすめします。

  • 複数のクレジットカード会社の決済を導入したい
  • インターネットサイトを運営している、または開設する予定
  • 売り上げの管理・分析を楽にしたい
  • 決済にかかる費用を削減したい
  • 個人で決済利用を契約したい
  • オンライン決済の導入を考えている

2.決済代行サービスの選び方

決済方法の多様化から、決済代行サービスを利用する企業などが増えてきました。そのため、決済代行会社も増加し、どこと契約すべきか悩みがちです。そこで、決済代行選びのポイントを押さえておきましょう。

2-1.選び方のポイント

決済代行会社の選び方で押さえるべきポイントは、主に4点あります。それぞれについて詳しく解説しましょう。

2-1-1.サービスの利用でかかる費用

決済代行会社と契約する際、「決済手数料」と「決済処理料(トランザクション費用)」に注目してください。決済手数料は、決済金額に対してかかる手数料のことで、相場は約5%です。ただし、取扱商材、オンライン・オフライン、流通額などで料率が異なります。そして、決済処理料は、カード会社とのデータ通信料で決済1件あたりにかかる料金です。単価が少額でも、流通と決済回数が増えると大きな費用がかかるので注意しなければなりません。

2-1-2.どんな決済方法が利用できるか

決済代行会社によって、どんな決済方法が利用できるかサービス内容が異なります。最も多いのは「クレジットカード決済」ですが、コンビニ決済・電子マネー決済・携帯キャリア決済などさまざまです。どんな決済方法を導入したいのか明確にした上で、対応可能な決済代行会社を選ぶと良いでしょう。

2-1-3.決済システムと管理機能

ほかの項目に注目しがちですが、決済代行会社を選ぶ際に見逃せないのが「決済システム」と「管理機能」です。たとえば、オンライン決済の場合、「リンク方式」と「ゲートウェイ方式」の2種類があります。リンク方式はタグで決済フォームに利用者を導く方法、ゲートウェイ方式は加盟店サイト内に決済フォームを設置し決済リクエストを送信する方法です。
また、ユーザーが決済処理を行う購入画面をカスタマイズできるか、デザインが自由に選べるか、1つの管理ツール内ですべての決済管理ができるかも確認しなければなりません。

2-1-4.セキュリティー対策が万全か

クレジットカード決済を導入するにあたり、最も気をつけておきたいのが「セキュリティー対策」です。日本クレジット協会の発表によると、クレジットカードの不正利用の被害額が増加しています。この被害に遭わないためには、セキュリティー技術の向上に裏付けされた対策をきちんと施す必要があるのです。決済代行会社を選択する際は、どのようなセキュリティー対策を取り入れているのか、入念に確認しておきましょう。

2-2.注意点

決済代行会社を選ぶ際、手数料の安さだけで選ぶ傾向があります。しかし、手数料の安さだけで判断してしまうと、代行会社のセキュリティー対策が不十分なために売り上げが手元に入ってこないなど、トラブルの原因となりかねません。実際に、小規模な決済代行会社の運営が破綻した結果、代金が入金されないというケースもありました。決済代行会社選びに手数料の安さだけで判断せず、サービス内容・決済方法・信用性・セキュリティー対策など複数の項目を比較するのが大切です。

3.ウェルコムの導入方法は?

株式会社ウェルコムが運営しているクレジット決済代行サービス「決済代行ドットコム」の特徴を紹介します。どの決済代行会社を選べば良いのか悩む方は、ぜひ参考にしてください。

3-1.決代行済ドットコムを紹介!

決済代行ドットコムの最も大きな特徴は、「業界最安決済手数料」です。徹底的なコスト削減を目指すだけでなく、サポート体制も充実しています。最新システムによる安定したサービスと、24時間監視体制によって、決済時のトラブルを未然に防止しているのです。さらに、月2~3回払いをはじめ、支払いサイクルを自由に決めることができます。シンプルな取引内訳に加え、簡単操作の管理ページ経由で正確な精算内訳・集計情報が確認できるため、個人事業主も気楽に利用できると好評です。クレジットカード決済の導入が困難な企業・店舗でも利用できます。

3-2.導入の流れ

参考として、クレジットカード決済代行の導入の流れをピックアップしてみました。

  1. ホームページのフォームまたは電話から問い合わせをし、業種・希望の決済方法を決める
  2. 申し込み情報の確認・必要書類を用意し送付する
  3. コンテンツの内容について決済代行会社で審査が行われる
  4. 審査完了後、決済代行会社の指定口座へ初期費用を入金する
  5. 入金確認後、利用開始

利用開始前に支払うべき初期費用は、契約プランなどで異なります。たとえば、CAT端末プラン(国内決済)の場合は、審査完了後にCAT端末の使用料が必要となるケースがあるのです。具体的な初期費用はプランで異なるため、契約前にきちんと確認しておきましょう。

3-3.料金、必要な費用は?

決済代行会社を利用する際は、「初期費用」と「月額費用」に大きく分かれます。初期費用はCAT端末機・カードリーダー・初期費用・カスタマイズ料、月額費用は月次管理料・トランザクション費・決済手数料・取消手数料などです。それぞれ、決済手段と対応業種などで異なるため、詳細は「決済料金比較ページ」をご覧ください。「決済代行ドットコム」は、より良い経済条件のもとで決済業務を行うため、加盟店に対しても料率面等で好条件の提供が可能です。

3-4.注意点

「使い方が分からないときに問い合わせをしても対応してくれない」など、サポート体制に不安や不満が出てくる可能性があります。せっかくコストをかけてサービスを利用しているのに、サポート体制が万全でなければ安心できません。どれだけサービスが充実していても、サポート体制が整っていない決済代行会社には注意が必要です。いつでもサポートセンターに問い合わせができ、迅速に対応してもらえるか確認しましょう。「決済代行ドットコム」は24時間体制でサポートを行うので安心してご利用いただけます。

4.決済代行に関してよくある質問

決済代行に関してよくある質問を5つピックアップしました。

Q.決済代行のデメリットはあるか?
A.デメリットは、決済代行会社に手数料がかかることです。当たり前ですが、決済代行サービスを利用する際は、プラン相応の手数料がかかります。また、収入という大きな部分を任せるというリスクを負うことになるのです。重要な部分を委託する形となるため、信頼できる決済代行会社を慎重に選ばなければなりません。

Q.契約期間はどのくらい?
A.決済代行会社と契約する場合、最低契約期間を定めているところがあります。そのため、契約期間内にオンラインショップを閉鎖しても、月額費用等を支払い続けなければならないこともあるのです。最低契約期間が何日に設定されているのか、確認しておきましょう。ショップ側にとっては、期間が短ければ短いほど安心できます。

Q.導入所要日数は何日かかるのか?
A.申し込みから導入までに、約10日~数週間かかるケースがあります。導入所要日数が長くなるほど、消費者を逃すおそれがあるでしょう。早く導入したい方は、所要日数のかからない決済代行会社を選択してください。「決済代行ドットコム」は、最短2日のスピード審査・導入が可能です。

Q.どんなカードブランドが利用できるのか?
A.決済代行会社で、使用できるカードブランドが異なります。代表的なブランドは、VISA・MASTER・JCB・AMEXなどです。採用したいブランドが利用できないという事態を避けるためにも、契約前に利用できるカードブランドを確認しておきましょう。

Q.初期費用とトータルコスト、どちらを重視すべきか?
A.立ち上げ予算が取れないネットショップや売り上げの見通しが確実でない店舗の場合は、初期費用・月額基本料が無料の決済代行サービスがおすすめです。最初の費用負担と毎月の固定の支払がないので、月々の売り上げに応じた決済手数料を支払います。また、売り上げの見込みが確実で長期的に売り上げを伸ばしていきたい場合は、状況に応じた基本料で契約すると良いでしょう。そのときの状況と、目標を踏まえた上でプランを決めるのが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 決済代行は、店舗や企業の代わりにクレジットカード決済などの手続きや管理・決済を行うサービス会社のことです。利用したいカード会社と1社ずつ契約するのはとても面倒ですし時間がかかりますよね。決済代行会社を利用すれば、一括で複数のカード会社と契約ができ、売り上げの管理と分析も楽になるというメリットがあるのです。ただし、決済代行を利用する際は、安心して信用できる決済代行会社を選ばなければなりません。決済代行会社選びのポイントをきちんと押さえて上で、サポートが整っているところへ依頼してくださいね。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」