ネイルサロンのクレジットカード決済はお任せ! 導入のコツを詳しく!


ネイルサロンでも、クレジットカード決済の導入が急増しています。ネイルサロンは、女性にとって自分を美しくしてくれるために欠かすことができない場所です。最近では、特別な日のためだけでなく、普段からネイルサロンを利用する人も増えてきました。しかし、現金支払いだけでは何かと不便な人もいるものです。そこで、クレジットカード決済ができれば、支払いの心理的なハードルが下がり、気軽に利用してくれることでしょう。今回は、ネイルサロンのクレジットカード決済について詳しく解説します。

  1. クレジットカードについて
  2. ネイルサロンのクレジットカード決済とは
  3. ネイルサロン向けクレジットカード代行業者選びのポイント
  4. ネイルサロンのクレジット決済についてよくある質問

この記事を読むことで、ネイルサロンのクレジット決済に必要な知識が身につき、スムーズに導入できます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.クレジットカードについて

最初に、クレジットカードの基本として、メリットとデメリットと最近の傾向について解説します。

1-1.クレジットカードのメリット・デメリット

主なメリット・デメリットは、以下のとおりです。

1-1-1.メリット

  • 料金が高めでも利用しやすくなる
  • 現金を持ち合わせていなくても商品やサービスの購入ができる
  • 後払いとなるので計画的に利用できる
  • カード会社によっては利用金額に応じてポイントがたまる
  • 導入側では来客数増や単価アップが望める

1-1-2.デメリット

  • 必要以上に購入してしまいがち
  • 支払いができずに自己破産するリスクがある
  • 分割払いやリボルビング払いでは利息がかかる
  • 導入側では決済手数料などの費用がかかる
  • 導入側では入金までに時間がかかる

1-2.クレジットカードに関する最近の傾向

今は、複数のクレジットカードを持ち、状況に合わせて使い分ける人が増えています。また、上手に利用してポイントをためて好きな商品やサービスと交換することも当たり前になっているのも特徴です。また、クレジットカードにデビット機能を取り入れ、事前に入金しておき、支払代金を即日引き落としで購入できるものも登場しています。

2.ネイルサロンのクレジットカード決済とは

ネイルサロンにおけるクレジットカード決済について、増加している理由を含めて解説します。

2-1.ネイルサロンにおけるメリット・デメリットとは

ネイルサロンは、大手チェーンよりも個人規模の店舗でオーナー兼店長となっているケースが多く見られます。スタッフの個性を生かしたネイルで勝負しやすいことが大きなメリットです。しかし、経営が不安定になりがちなのがデメリットと言えます。まずは、リピーターを増やし、店舗経営を安定させることが課題です。しかし、同時に新規客の集客も考える必要があります。ネイルの施術は1回行ったら数週間は再来してもらえませんし、リピーターだけでやっていくのも限界があるでしょう。

2-2.クレジットカード決済が増えている理由

ネイルサロンでも、クレジットカード決済が増えています。主な理由は、クレジットカード決済の費用(決済手数料など)が以前と比べて安くなったことが大きいでしょう。基本的に、クレジットカード決済の費用は店舗持ちとなるため、現金で支払ってくれる顧客のほうがありがたいものです。しかし、費用が安くなれば、クレジットカード決済を導入するメリットのほうが大きくなります。また、施術料金の未払い問題(支払いをしようとしたら財布に現金がなかったなど)を防ぐためにもクレジットカード決済に踏みきるネイルサロンが増えているのです。

3.ネイルサロンのクレジット決済の導入について

ネイルサロンのクレジット決済の導入について、直接契約と代行決済のメリット・デメリットなども含め、詳しく解説します。

3-1.クレジット決済の導入方法

クレジット決済の導入は、以下のような流れで進みます。

  1. クレジットカード会社にコンタクトを取る
  2. 契約に必要な書類や印鑑をそろえて審査を申し込む
  3. 審査に無事合格したら導入契約を交わす
  4. 初期費用を支払う
  5. 店舗にクレジット端末を設置して完了

3-2.クレジット決済にかかるコストとは?

クレジット決済には、以下のようなコストがかかります。どんなものがあるのか、初期費用と月額費用に分けて解説しましょう。

3-2-1.初期費用

店舗に初めてクレジットカード決済を導入する場合、初期費用として以下のようなものが必要です。

  • CAT端末機代
  • カードリーダー代
  • 初期費用(業者の手数料のようなもの)
  • カスタマイズ料

3-2-2.月額費用

クレジットカード決済の導入後は、月額費用として業者に支払いが発生します。主なものは、以下のとおりです。

  • 月次管理料
  • トランザクション費
  • 決済手数料(決済ごとに必要)
  • 取り消し手数料

3-3.直接契約のメリット・デメリット

直接契約には、以下のようなメリット・デメリットがあります。個人経営が多いネイルサロンにとっては、ハードルが高いことが多いものです。

3-3-1.メリット

  • 手数料が安く済む
  • 直接契約なので安心できる

3-3-2.デメリット

  • カード会社ごとに契約する必要がある
  • 業務内容や売上金額などで承認が下りないことがある

3-4.代行決済のメリット・デメリット

代行決済のメリットとデメリットについても理解しておきましょう。ネイルサロンにとっては、メリットのほうが大きいケースが多くなります。

3-4-1.メリット

  • 申し込み手続きが簡単
  • 直接契約より承認がとおりやすい
  • 複数のカード会社を同時に利用できる

3-4-2.デメリット

  • 手数料が割高になることがある
  • 悪質な業者と契約してしまうリスクがある

3-5.クレジット決済の導入に関する注意点

クレジット決済の導入で、どれくらいの売り上げや集客が増えるのかきちんとシミュレーションしておきましょう。実際に導入してから、思ったような効果がないのでは困ります。また、せっかくクレジットカード決済を導入するのですから、導入記念キャンペーンとして利用促進を行うのもいい方法です。単に受け身で導入しただけでは、せっかくのメリットを生かすことができないので注意していください。

4.ネイルサロン向けクレジットカード代行業者選びのポイント

ネイルサロン向けのクレジットカード代行業者は、信頼できるところを選びましょう。具体的にどんなポイントをチェックするべきか、詳しく解説します。

4-1.実績が豊富であることが大切

クレジットカード代行業者の信頼度は、実績が豊富なことで判断できます。多くの顧客から信頼されているからこそ、実績が積み上がるからです。まずは、今までどんなところにどれだけ導入実績があるのか、チェックしてみましょう。特に、ネイルサロンへの導入実績が多いことが重要です。なお、当決済代行ドットコムでも、ネイルサロンへの導入実績が豊富にあります。まずは、ご相談ください。

4-2.コストを細かくチェックしよう

クレジットカード代行業者を選ぶときは、コストを細かくチェックすることも忘れないでください。初期費用や月額手数料・決済手数料は、できるだけ安いに越したことはありません。しかし、安くても質の悪いサービスでは困ります。初期費用が安くても、月額費用が高いのでは経営を圧迫する可能性もあるでしょう。信頼できる業者で、各種コストがリーズナブルなところを選んでください。なお、当決済代行ドットコムでは、ネイルサロンへの導入の場合、初期費用が10,000円・決済手数料が3.5%~とほかの業者と比べて割安です。そのほかの費用は基本的に無料でお得ですから、ぜひご検討ください。

4-3.クレジットカード代行業者選びの注意点

クレジットカード決済は、顧客の個人情報を取り扱うことになります。そのため、信頼できる業者であることが大切です。決済手数料が安いことだけで契約をしてしまうと、セキュリティー対策がずさんなどで、顧客情報の流出リスクが高まります。顧客からの信用を失えば、経営の継続は困難になることでしょう。業者選びは、導入実績の多さやしっかりしたセキュリティー対策、アフターフォローの内容なども総合して選びましょう。

5.ネイルサロンのクレジット決済についてよくある質問

最後に、ネイルサロンのクレジット決済についてよくある質問に回答します。それぞれ役立つ内容ですから参考にしてください。

Q.クレジットカード会社との直接契約がとおりにくい理由は?
A.ネイルサロンの場合、個人経営が多いため、経営状態が安定していないとの判断を受けることが多いからです。大手で安定した経営を長年続けているところなら、スムーズに進む場合もあります。しかし、個人経営レベルでは競争激化などの問題もあり、直接契約が難しいのが事実なのです。

Q.代行決済ではクレジットカード会社の種類を選べますか?
A.一般的に、代行決済の場合は、有名なクレジットカード会社を数社利用可能です。ただし、必ずしも希望のカード会社が含まれているとは限りません。特に、審査が厳しいところは代行決済をとおしても利用が難しいものです。実際にどんなクレジットカード会社を利用できるかについては、業者に確認してください。

Q.代行決済の審査を受けるためにはどんな書類が必要ですか?
A.法人の場合、審査時に以下のものを用意・提出してください。個人経営の場合は、登記簿謄本は必要ありません。

  • 登記簿謄本
  • 代表者身分証明書
  • 連帯保証人身分証明書
  • 通帳コピー

なお、業者や契約内容によってはほかにも書類提出を求められる場合もあります。

Q.支払い回数などは選べるのでしょうか?
A.クレジットカード会社と顧客との契約内容によります。一括払いだけの契約の場合は、分割払いやリボルビング払いができません。実際に利用する際、端末処理をしたときにで支払い回数のエラーが出ることで判明します。顧客が希望した支払い回数を利用できない場合は、状況を説明し、一括払いなどの利用をお願いしてください。

Q.クレジットカードの利用手数料を別途顧客からもらうことはできますか?
A.クレジットカードの利用手数料は、サービス料金に含まれていることを前提で運営するものです。従って、利用手数料を別途客からもらってはいけません。ネイルサロンでは、現金支払いでもクレジットカード支払いでも同じサービスを同額で受けられるようにしましょう。

まとめ

今回は、ネイルサロンのクレジット決済について詳しく解説しました。ネイルサロンをより気軽に利用してもらうためにも、クレジットカード決済の導入は必要不可欠です。しかし、決済システムの導入は、カード会社によってはハードルが高いこともあります。そこで、クレジットカード代行会社がおすすめなのです。信頼できる業者に依頼すれば、導入もスムーズでサービスにも満足できることでしょう。店舗の来客数と売り上げアップのためにも、ぜひクレジット代行業者をうまく利用してみてください。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」