ホームページのクレジットカード決済の導入方法やコストなど徹底解説


ネットショッピングの利用率が上昇している現在、ホームページのクレジットカード決済が必要不可欠になっています。ネットショッピングをクレジットカード決済で利用している方も多いのではないでしょうか。ホームページでネットショップを運営している人にとっても、クレジットカード決済の導入が当たり前になりつつあります。しかし、どうすれば導入できるのか、方法が分からない方もいるでしょう。そこで、本記事では、ホームページのクレジットカード決済や導入方法・代行業者の選び方について説明します。

  1. ホームページのクレジットカード決済について
  2. ホームページのクレジットカード決済の方法
  3. ホームページのクレジットカード代行業者の選び方
  4. ホームページのクレジットカード決済に関してよくある質問

この記事を読むことで、ホームページのクレジットカード決済について知ることができます。導入を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.ホームページのクレジットカード決済について

ホームページのクレジットカード決済を導入する前に、どんな場合に必要なのか、導入目的やメリット・デメリット、注意点をきちんと把握することが大切です。それでは、詳しく説明します。

1-1.どんな場合に必要か

ネットショップを運営する場合に、ホームページのクレジットカード決済を導入するケースがほとんどです。ネットショッピングを利用したことがある方は分かると思いますが、よくある決済方法が「銀行振込」「コンビニ振込」「クレジットカード」の3点でしょう。銀行とコンビニ振込は、それぞれ店舗へ行かなければなりませんが、クレジットカードはわざわざ出向く必要がありません。自動的に口座から引き落とされる仕組みとなるため、非常に楽な決済方法といえるでしょう。そのため、現代は、クレジットカード決済を選択する方が増加しています。

1-2.クレジットカード決済の目的・メリット

ホームページは、インターネットがあれば簡単に買いものが楽しめるところです。決済方法が限られていれば、利用者の購入意欲が下がってしまいます。比較的、簡単に支払うことができるクレジットカード決済は、多くの方が利用しているでしょう。そのため、運営者側・客側どちらにとっても大きなメリットが生まれます。

1-2-1.運営者側のメリット

ホームページ運営者側の大きなメリットは、売り上げにつながることです。先ほども説明しましたが、年々、ネットで買いものをする人の増加とともに、クレジットカード決済を選択する人も増えています。利用者が自由に決済が選択できるよう、クレジットカード決済も導入すれば購入意欲につながり、売り上げのアップにつながるのです。リピーターも増えて、ホームページの運営が安定する可能性もありますよ。

1-2-2.客側のメリット

社会人であれば、クレジットカードを1枚持つ時代です。クレジットカード決済が利用できれば、気軽に買いものを楽しむことができます。わざわざコンビニや銀行などで振り込む必要がありません。クレジットカード決済が利用できれば、購入意欲も湧き出てくるのです。客側にとって、決済方法の選択肢が広がるのは、とても大きなメリットとなります。

1-3.デメリット

ホームページにおけるクレジットカード決済のデメリットは、カードを持っている人だけしか利用できないことです。カードを持っていない方は、ほかの決済方法を選択しなければなりません。また、クレジットカード決済を導入することで、運営者側に決済代行手数料が発生する・審査や手続きなどに時間と手間がかかるなどのデメリットが発生します。けれども、導入できれば、審査に通過した証(あかし)となるため、客側に信頼感を与えることができるでしょう。

1-4.注意点

クレジットカードの利用者が上昇しつつある中、ほとんどのネットショップがカード決済を導入しています。「早く導入しなければ」と焦りがちですが、慎重にすすめることが大切です。何のために導入するのか、どのように導入するのか、きちんと考えていかなければなりません。

2.ホームページのクレジットカード決済の方法

それでは、実際にクレジットカードを導入するには、どのような方法があるのでしょうか。クレジットカード決済や導入の流れ・注意点について説明します。

2-1.クレジットカード決済について

クレジットカード決済は、クレジットカードによる決済方法です。導入する際は直接、クレジットカード会社と契約するか、またはクレジットカード代行会社と契約する方法があります。それぞれの内容について、詳しくチェックしておきましょう。

2-1-1.クレジットカード会社と契約

従来のクレジットカード決済の導入方法は、直接カード会社と個別に契約する方法だけでした。複数のカードを使えるようにしたい場合は、それぞれのカード会社と契約を交わさなければなりません。カード会社との直接契約という安心感はありますが、必要な書類をそれぞれ用意しなければならないので時間と手間がかかります。また、カード会社によって、決済システムや支払日・契約方法が異なるため、管理も大変になるでしょう。

2-1-2.クレジットカード代行会社と契約

代行会社は、依頼者に代わってカード会社と契約をしてくれる会社のことです。契約したい会社と個別にやり取りする必要がないため、カード決済導入に時間がかかりません。複数のカード会社との契約が簡単にでき、決済日や支払日も統一することができます。クレジットカード代行会社の中には、ホームページに対応できるWEB決済をサポートしてくれるところもあるので安心してください。個別に契約するよりも、簡単に導入ができます。

2-2.導入の流れについて

代行会社によって、具体的な導入の流れは異なります。詳細に関しては、代行会社に問い合わせて確認したほうが良いでしょう。参考として、主な流れを以下にピックアップしてみました。

  1. ホームページまたは電話で代行会社に問い合わせる
  2. 必要な書類を用意して、審査に入る
  3. 審査完了後、初期費用を指定口座へ入金し、導入手続きへと移る
  4. 導入手続き完了後に、カード決済の利用を開始

2-3.そのほか・注意点

ホームページのクレジットカード決済方法にも、リンク型・ゲートウェイ型・メール決済の3種類があります。それぞれの特徴をきちんと把握しておかなければ、導入の失敗につながるので注意しなければなりません。

2-3-1.リンク型

サイト内に代行会社の決済画面に移動するリンクバナーを張り、決済処理を行う方法です。設置が簡単で、カード情報の漏えいリスクが低くなるメリットがあります。

2-3-2.ゲートウェイ型

運営側のホームページサーバーと代行会社のサーバーを接続し、決済結果をホームページ上でHTML出力する方法です。代行会社の決済ページではなく、ホームページ上の決済ページが利用でき、デザイン面での統一感が生まれます。

2-3-3.メール決済

クレジット決済用リンクURLをメールに貼付し送付することで、支払いを案内する方法です。カード情報の入力が利用者自身で行うことができ、運営者側でカード情報を保持する必要がありません。

3.ホームページのクレジットカード代行業者の選び方

スムーズにカード決済を導入するためには、代行業者選びが大切なポイントとなります。業者選びのポイントや導入コスト・注意点について詳しくチェックしておきましょう。

3-1.どんな業者があるか

クレジットカード決済業者は多数存在しており、それぞれ特徴があります。たとえば、クレジットカード決済以外にも、電子マネーの利用や携帯電話による決済が可能な点などです。電子マネーを利用する際は、クレジットカードと仕組みが異なるので個別に契約が必要となります。しかし、決済代行サービスを利用すれば、クレジットカード以外のサービス導入も可能です。複数の業者を比較して、どのようなサービスが利用できるのか確認しましょう。

3-2.選び方のポイント

代行業者選びで悩んだときは、以下のポイントをチェックすると良いでしょう。

  • 低費用でカード決済が導入できる
  • カードの決済方法が選択できる
  • クレジットカードの対応ブランドが幅広い
  • 決済手数料が少ない
  • 導入実績がある
  • モバイル決済などサービスが充実している
  • スピーディーに導入できる
  • 24時間の万全サポート体制が整っている

3-3.コストについて

クレジットカード決済の導入にかかる主なコストは、初期費用・月額手数料・決済手数料の3点です。初期費用としては、CAT端末機・カードリーダー・カスタマイズ料などが発生します。ホームページのカード決済導入は、CAT端末機などが不要です。代行業者の中には、初期費用・月額手数料の無料プランを用意しているところがあります。また、決済手数料は1回につき約3.5%~発生するでしょう。取消手数料が500円程度、トランザクション費用が1件につき50円ほどかかることもあります。毎月かかる手数料は、決済手数料が主になるでしょう。

3-4.注意点

業者によって、サービス内容やコストなどが異なります。1社だけにしぼらず、複数の代行会社を比較してください。比較することで、低費用でカード決済を導入することができます。また、利用者のカード情報が流出しないためにも、セキュリティー対策が万全な代行業者を選ばなければなりません。
クレジット決済代行サービスを行っている「カード決済代行ドットコム」では、できるだけコストをかけないプランを提示、そして、情報を暗号化して通信を行うSSL技術を用いています。ぜひ1度、ご相談ください。

4.ホームページのクレジットカード決済に関してよくある質問

ホームページのクレジットカード決済に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

4-1.モバイル決済とは?

モバイル決済は、携帯電話やスマートフォン・タブレット端末でクレジットカード決済ができる方法です。イベント会場や催事場など、インターネット環境があればどこでも決済ができます。また、ポータブルCAT端末なども必要ないので、コストダウンが可能です。

4-2.代行会社で利用できるクレジットカードのブランドとは?

代行会社によって異なりますが、有名なクレジットカードブランドはほとんど利用できます。たとえば、VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERSです。サービス内容にとっても異なるため、契約を交わす前に、利用できるブランドの種類を確認したほうが良いでしょう。

4-3.導入に必要な書類とは?

個人契約の場合は、代表者身分証明書(運転免許証など)・連帯保証人身分証・銀行通帳コピー(表紙+中面見開きページ)などが必要です。法人契約の場合は、登記簿謄本(発行3か月以内)・代表者身分証明書・連帯保証人身分証明書・銀行通帳コピーとなります。ただし、代行業者や契約内容によって、別途書類が必要になる場合もあるでしょう。

4-4.現在のクレジットカード決済を見直したい……

「クレジットカード決済手数料を削減したい」「支払いサイトを短縮したい」など、すでにカード決済を導入している方は、見直しが可能です。「カード決済代行ドットコム」では、コストダウン無料診断を行っているので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

4-5.申し込みからどのくらいで利用できるのか?

審査に時間を要するところもあれば、すぐに導入できる代行業者などさまざまです。「カード決済代行ドットコム」の場合は、申し込みから審査まで最短2日で利用できます。ただし、契約内容やプランによって異なるため、詳細は代行業者に問い合わせてみてください。

まとめ

いかがでしたか? ホームページのクレジットカード決済は、需要が高まりつつあります。ネットショッピングの利用者増加とともに、クレジットカード決済の利用率も上昇しているのです。運営者側にとっては売り上げのアップにつながり、客側にとっては決済方法の選択肢が広がります。カード会社と個別に契約すれば、時間や手間がかかるでしょう。しかし、代行会社に依頼すれば、複数のカード会社と同時に契約できます。導入方法やポイントを把握して、上手にカード決済を導入してくださいね。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」