カード決済を導入したい方必見! 決済代行業者の審査の内容を解説!


店舗を経営していると、「カード決済を導入できたらいいな」と思うことが多いことでしょう。特に、高価なものを扱っていたり顧客に外国人が多かったりする店では、カード決済ができると便利です。また、インターネットショップを開設する場合は、カード決済を導入するかどうかで、売り上げが大きく変わるでしょう。カード決済を導入するには、カード会社と直接契約を結ぶ方法と、決済代行会社と契約を結ぶ方法があります。

そこで、今回はカード決済を導入する方法やメリット・決済代行会社と契約する際に行われる審査について、解説しましょう。

  1. カード決済の基礎知識
  2. 決済代行業者の審査について
  3. カード決済代行業者の選び方など
  4. 決済代行業者や審査に対するよくある質問

この記事を読めば、審査に通りやすいサイトの作り方なども分かりますよ。カード決済導入を考えている個人事業主の方も、ぜひ読んでみてくださいね。

1.カード決済の基礎知識

はじめに、カード決済のメリットや決済を導入する方法などを紹介します。カード決済には、どのような利点があるのでしょうか?

1-1.カード決済って何?

カード決済とは、クレジットカードを使って支払いをすることです。20年ほど前までは、ホテルや百貨店など限られた場所でしか行えませんでしたが、インターネットショップが増えるにつれて需要が拡大し、カード決済を行える場所も増えてきました。また、外国人観光客が多く訪れる店舗でも、クレジットカード決済を導入する場所が増加し続けています。

1-2.カード決済を導入するメリットとデメリット

カード決済を導入すれば、現金をやり取りすることなく買い物ができます。高額なものを扱っている店舗ほど、多額の現金を持ち歩かなくても買い物ができますので、メリットが大きいでしょう。また、外国からきた観光客も、両替の手間なく買い物ができるメリットがあります。
インターネットショップでは、振り込みや代引きをする手間なく買い物をすることができることが、最大のメリットです。

導入する側としても、今まで「高価だから」「両替や振り替えが面倒だから」という理由で逃してきた顧客を取りこめますので、売り上げアップが望めるでしょう。また、多額の売り上げを店舗に現金で保管するリスクも避けられます。

カード決済のデメリットとしては、

  • 導入に手間がかかり、審査が厳しい
  • 代金の振り込みまでに時間がかかるため、店舗によっては資金繰りに影響が出る
  • 偽造カードの使用などの犯罪に巻き込まれることがある
  • 手数料などがかかるため、現金で購入する場合に比べて売り上げが落ちる

などがあげられます。

1-3.カード決済を導入する方法

カード決済を導入する方法には、カード会社と直接契約する方法と決済代行会社と契約する方法があります。

カード会社と直接契約するメリットは、売上金から引かれる手数料が最低限で済むということです。そのかわり、カード決済システムをすべて自前で揃えなくてはなりません。インターネットショップでカード決済を行う場合は、セキュリティも万全にする必要があります。また、取り扱いカードを増やすためには、それだけ多くのカード会社との契約が必要です。個人事業主の方がカード会社と直接契約するのはとても難しいですし、手間もかかるでしょう。

決済代行会社とは、カード会社と個人事業主の間に入り、決済を代行する会社のことです。また、カード決済だけでなく銀行振り込みや電子マネー・コンビニ決済などいろいろな決済の代行も行ってくれます。カード会社と直接契約することに比べると契約も簡単で、導入までに時間もかかりません。カード決済に必要な機材やオンライン決済システムなどもレンタルできます。別途手数料がかかりますが、個人事業主の大部分は、決済代行会社と契約をしてカード決済を導入しているのです。

2.決済代行業者の審査について

この項では、決済代行業者と契約する場合に行われる審査について解説します。どのような審査が行われるのでしょうか?

2-1.決済代行業者が行う審査とは?

決済代行業者は、カード会社と依頼者の仲立ちを行う会社です。契約によっては、高額なやり取りをすることもあるでしょう。信用がなければ、契約を結ぶことができません。そこで、決済代行業者は、契約者と取り引きをしても大丈夫かどうか審査を行います。
審査の内容は代行業者によって異なりますが、

  • 契約者自身の信用(クレジットカードの利用歴や借入残高など)
  • 商品がカード決済を行うのに適正かどうか
  • インターネットショップのサイトが適正に作られているか
  • インターネットショップや店舗の経営歴

などは必ずチェックされるでしょう。なお、決済代行業者によってはホームページに審査内容を公開しているところもあります。決済代行業者と契約を結びたい方は、確認してみるのもおすすめです。

2-2.審査を通りにくい業種とは?

決済代行業者の審査に通りにくい業種もあります。一例をあげてみましょう。

  • カードのブランドイメージを損なう恐れのある業種(アダルトコンテンツ全般)
  • 情報商材を扱う業種(ギャンブル必勝法・ビジネスのノウハウ・恋愛テクニックなどの情報提供)
  • 宗教団体(仏具など、宗教用具を扱う店は可)
  • 「特定継続的役務提供」に該当する業種の中で、1か月以上の役務提供期間を設定している業種(エステ・語学教室などで、1か月以上使えるチケットなどを販売している)

また、以下のような商品は、決済代行会社によっては取り扱えないこともあります。

  • 金券や商品券・プリペイドカードなど
  • 生物(犬や猫などの生体)
  • 古美術品・骨董品
  • リアルマネートレード

2-3.経営実績も大切

全く何の経験もない方が、店舗やネットショップを始めると同時にカード決済を導入しようとしても、とても難しいでしょう。特にネットショップの場合は、注文だけ受けて商品を発送せずに、業者が雲隠れしてしまうことも容易です。ですから、ある程度実績を積んでからカード決済を導入しましょう。
ただし、店舗での経営実績がある方がインターネットショップを新たに開設する分にはすぐに契約を申し込んでも大丈夫です。

2-4.ショッピングサイトの作りも審査対象

インターネットショップを開設し、そこでカード決済を行いたい場合は、サイトの作りも審査対象になります。インターネットショップは、「特定商取引法」という法律に基づいて商品の売買を行わなくてはなりません。特定商取引法ガイドでは、インターネットショップを通じて商品を取り引きするルールが詳しく記されています。これからインターネットショップを開設するという方は、ぜひ一読しておきましょう。

この特定商取引法に基づく表示をサイトで行っていない場合は、審査を通りません。ですから、インターネットショップを作成したら、第3者にチェックしてもらうとよいでしょう。

2-5.審査をパスするためのチェックポイント

  • カードのブランドイメージを落とすような商品を扱っていないか
  • カード決済を行うにはリスクの高い商品を扱っていないか
  • 経営の実績はあるか(決済代行会社によってはなくても可)
  • 特定商取引法に基づく表記がインターネットショップに記載されているか

審査を申し込む前に、これくらいはチェックしておきましょう。

3.カード決済代行業者の選び方など

この項では、カード決済代行業者の選び方などを解説します。どのようなポイントに気をつけて選べばよいでしょうか?

3-1.カード決済代行業者のサービス内容

カード決済代行業者は、単に決済代行だけでなく

  • コンビニ決済や銀行振り込み・電子マネーなどの決済サービスの導入
  • 業種別におすすめの決済サービスをアドバイス
  • 決済サービスに必要な機材のレンタル
  • オンライン決済のセキュリティサービス

なども行ってくれます。

3-2.カード決済代行業者の料金の違い

カード決済代行業者はたくさんあります。一般的に、利用するサービスと料金の値段は比例するでしょう。サービスを多く利用するほど、利用料金もかかります。たくさんの選択肢を利用客に与えた方が良いように思われますが、ほとんど使われないサービスを提供されても、コストの無駄です。導入の時によく考えましょう。

また、決済代行会社によって審査の基準が異なります。「他の決済代行業者の審査を通らなかった方へ」などという広告を前面に打ち出している会社は、審査がゆるい分手数料が高い傾向にあるでしょう。

3-3.利用してはいけないカード決済代行業者の特徴

カード決済業者の中には、「アダルトコンテンツでもカード決済を利用できること」をウリにしている業者もあります。前述したように、日本国内のカード決済の規則では、アダルトコンテンツにカード決済は利用できません。しかし、海外では別です。海外のカード会社や決済代行業者と契約していると、通常ならカード決済が許可されないサービスや商品が決済できるようになります。また、経営の実績が少ない経営者でも契約がしやすいでしょう。
ただし、このような海外の決済ルートを使う業者と契約した場合、消費者とのトラブルが発生すると業者が逃げてしまったり、返金などが十分に行なわれないこともあります。
ですから、海外の決済ルートを扱う審査のゆるい決済代行業者は利用しないように注意しましょう。

3-4.決済代行業者の選び方

決済代行業者は、実績で選びましょう。「決済代行業者」でインターネットを検索をした時、上位に名前があがってくる業者は大手です。信用もありますが、その分審査も厳しいので、先に紹介した特定商取引法ガイドなどをよく読み、必要な書類などを正確に記入し、審査にのぞんでください。

決済代行ドットコムは、最安値の手数料と最新のサービスを提供できる決済代行業者です。新規に決済代行業者と契約したい方だけでなく、決済代行手数料のコストダウンを望んでいる方も、ぜひ利用してみてください。

4.決済代行業者や審査に対するよくある質問

Q.決済代行業者に、カード決済のすべてを任すことは可能でしょうか?
A.業者にもよりますが、カード会社とのやり取りやオンライン決済のセキュリティーなどは任せることが可能です。しかし、売り上げの管理まで任せることはできません。

Q.経営の実績はどのくらい必要ですか?
A.決済代行の会社によって異なりますので、尋ねてみてください。

Q.経営者自身がカードの支払いを滞ったことがある場合は、審査が通りにくいのでしょうか。
A.はい。このような場合は審査はより厳しくなると思います。

Q.利用できるカードには、どのような種類があるのでしょうか?
A.マスターカードなど、誰もが知っているカードは大抵利用できます。

Q.アジア圏のカード会社のカードを使えるようにすることは可能でしょうか?
A.はい。業者によっては大丈夫です。問い合わせてください。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、カード決済代行業者の特徴や導入するメリット・審査の基準などについて紹介しました。カード決済は便利な一方で、カード詐欺などの犯罪も起こりやすい決済方法です。導入する場合は実績のある信頼できる代行業者と契約を結び、しっかりと安全に決済を行う方法をアドバイスしてもらいましょう。特に、オンライン決済を導入する場合は、しっかりとアフターフォローを行ってくれる業者がおすすめです。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」