【必読】クレジットカード決済手数料や加盟店のメリットを徹底解説!


「クレジットカード決済を導入すれば客足が伸びるだろう」など、クレジットカード決済の導入を考えている人もいることでしょう。今や、クレジットカードを使えることが、購入決定の重要な決め手になりますからね。個人店とはいえ、現金支払いだけの扱いではこれから生き残ることは難しくなるはずです。そこで、今回は、クレジットカード決済手数料について詳しく解説します。決済代行業者についても触れますので、実務でも役に立つことでしょう。

  1. クレジットカードの決済手数料について
  2. クレジットカード決済手数料比較サイトを活用しよう
  3. クレジットカード決済代行について
  4. クレジットカード決済代行業者選びのポイント
  5. クレジットカード決済手数料にかんするよくある質問

この記事を読むことで、クレジットカード決済手数料や加盟店のメリットが理解できます。また、さまざまな代行業者を比較して、信頼できる業者を選ぶことも可能です。まずは、クレジット決済代行手数料の基本から学び、ひとつずつ必要な知識を身に付けてください。記事を読み終えるころには、疑問や不安が無くなっているはずですよ。

1.クレジットカードの決済手数料について

最初に、クレジットカードの決済手数料についての基本を学びます。必要性や目的、どんなときに発生するのかなど詳しく解説しましょう。

1-1.クレジットカードの決済手数料とは

クレジットカードを利用するためには、決済手数料を負担する必要があります。決済手数料とは、顧客がクレジットカード決済を行った場合にかかる手数料です。クレジットカード払いは信用取り引きのひとつとなります。名義人の信用があるからこそ、商品やサービスを先渡しし、代金を後から徴収することできるのです。

1-2.クレジットカードの決済手数料の必要性や目的

もはや、クレジットカード支払い可能であることは、店舗の存続を大きく左右すると言えるでしょう。今や、キャッシュレスでの物品・サービスの購入は当たり前です。クレジットカード払いができるからこそ、購入しようと思う人も多くいます。売り上げを伸ばすためにも、ライバル企業・店舗との差別化のためにもクレジットカード決済システムの導入を待つことはできません。決済手数料を支払っているからこそ、便利なシステムを利用できていると考えましょう。

1-3.クレジットカードの決済手数料はいつどんなときに発生する?

クレジットカードの決済手数料の発生タイミングについて学びます。クレジットカード名義人と店舗、それぞれで見ていきましょう。

1-3-1.クレジットカード名義人が払う手数料

クレジットカードで支払うことは、決済を後払いで行うことを意味します。そのため、名義人は支払金額に応じた手数料を支払う義務があるのです。実際には、クレジットカード会社の規定により、決済金額の数パーセントの手数料を商品代金の決済と同時に支払うことになります。便利なクレジットカード決済も、手数料を支払わなければ維持できません。なお、翌月一括払いやボーナス一括払いに限っては、手数料を無料としているクレジットカード会社も多く存在します。

1-3-2.店舗がクレジットカード会社に払う手数料

店舗が商品代金の支払いをクレジットカードで受け、決済代行会社を利用した場合は、決済代行手数料をクレジットカード会社に支払う必要があります。クレジットカード会社は、代金を名義人に請求し、徴収する義務があるためです。通常、売上金額の数パーセントほどが手数料となります。

2.クレジットカード決済手数料比較サイトを活用しよう

クレジットカード決済手数料比較サイトの活用は、何かと便利です。決済手数料をできるだけコストダウンするためにもとことん利用しましょう。

2-1.代行会社による手数料の違いについて

クレジット決済代行業者によって、各種手数料が異なるものです。たとえば、ある業者は、初期費用が無料だったり月額固定費が必要無かったりします。毎月の手数料負担を軽くするためには、できるだけ手数料の安い業者を選ぶことが大切です。ただし、手数料が安くてもサポート体制に不満があるといろいろと不便なので注意しましょう。

2-2.決済手数料のコストダウンの相談について

現在、すでにクレジットカード決済代行会社と契約している場合、決済手数料のコストダウンをしたいこともあるでしょう。決済手数料が割高に感じるときは、契約会社を変更することでコストダウンすることも可能です。たとえば、当決済代行ドットコムでも「コストダウン無料診断」を行っています。ぜひご利用ください。

2-3.決済手数料の無料相談サイトを活用しよう

クレジットカード決済代行について、プロの意見を聞くことも大切です。たとえば、決済手数料の無料相談サイトを活用するといいでしょう。経験と知識が豊富な専門スタッフが親身になって相談に乗ってくれるので便利です。当決済代行ドットコムでも、決済手数料の無料相談を受けているので活用してください。

2-4.決済手数料を比較するメリット

クレジット決済代行業者の決済手数料を比較することで、どこが安いのか・お得なのかが明確です。また、各業者でどんな経費が必要なのかも理解できます。できるだけ負担を抑えるためにも、とても参考になるでしょう。手数料の差額も毎月積み上がっていくと大きいものです。しっかり比較して、選びましょう。

3.クレジットカード決済代行について

クレジットカード決済代行について学びます。決済代行の利用方法だけでなく、メリット・デメリットについても理解しておきましょう。

3-1.クレジットカード決済代行とは?

クレジットカード決済代行とは、クレジットカード決済の導入サポートとなります。小さな個人店であっても決済方法が現金支払いだけでは、客足が遠のくばかりです。しかし、クレジットカード決済を導入しようとしても、さまざまな審査による時間や手間が膨大であり、審査基準に満たないことで導入不可となる可能性もあります。そこで、クレジットカード決済代行を利用することでクレジットカード決済を導入が簡単になるというわけです。

3-2.クレジットカードの決済代行の方法や流れ

  1. クレジットカード加盟店にてクレジットカードの名義人が商品・サービスを購入する
  2. クレジットカード決済を行う
  3. クレジットカード会社から決済代行会社に承認情報が届く
  4. 決済代行会社からクレジットカード加盟店に承認情報が届く
  5. 後日クレジットカード名義人の口座より決済代金が引き落としになる

なお、クレジットカード加盟店には、「クレジットカード会社」と「クレジットカード決済代行業者の手数料」がそれぞれ引かれた金額が振り込まれます。

3-3.クレジットカードの決済代行に必要な料金と内訳

クレジットカード決済代行を利用するには、以下のような料金が必要になります。

  • 初期費用
  • 月額固定費
  • トランザクション処理費用
  • 与信料
  • 決済手数料

実際に必要な金額は、業者によって異なります。詳しくは、業者に見積もりをもらって検討してください。

3-4.クレジットカードの決済代行のメリット

クレジットカード決済代行には、以下のメリットがあります。

  • 個人店でも気軽にクレジットカード決済が導入できる
  • 審査が通過しやすい
  • クレジットカード決済を導入することで売り上げの増加が期待できる

3-5.クレジットカードの決済代行のデメリット

以下のデメリットもよく理解して利用しましょう。

  • システム導入や運営に諸経費が必要になる
  • クレジットカード払いが重なると経営を圧迫する可能性がある

4.クレジットカード決済代行業者選びのポイント

クレジットカード決済代行業者にも、信頼できるところとおすすめできないところがあります。信頼できるところを選んで安全に取り引きするためにも、見極めるコツを身に付けてください。

4-1.契約時に準備するものについて

クレジットカード決済代行を契約するときに準備しておくものについて、主な例を確認しておきましょう。なお、下記のほかにも業者の指定によって必要な書類やものがあることがあります。

4-1-1.法人契約の場合の例

法人契約の場合は、実在する業者であることを確認するために登記簿謄本が必要なことが大きな特徴です。

  • 登記簿謄本(発行3か月以内・コピーでも可能)
  • 代表者の身分証明書(運転免許証などで表裏の両方のコピーが必要)
  • 連帯保証人の身分証明書(運転免許証などで裏面もコピーが必要)
  • 銀行通帳のコピー(表紙+中面見開きページが必要)

4-1-2.個人契約の場合の例

個人事業者は個人契約扱いとなり、必要な書類としては以下の3種類が基本となります。

  • 代表者の身分証明書(運転免許証などで表裏両方のコピーが必要)
  • 連帯保証人の身分証(運転免許証などで表裏両方のコピーが必要)
  • 銀行通帳のコピー(表紙+中面見開きページが必要)

4-2.決済代行業者は実績を重視しよう

決済代行業者は、実績が何よりも大切と言えます。数多く存在する業者の中で、多くの顧客に選ばれている証拠だからです。まずは、業者の実績について確認しておきましょう。実績が豊富な業者なら、過去の例をさしつかえない範囲で教えてくれます。反対に、何も教えてくれない業者は信頼できないので契約を見合わせてください。

4-3.業者選びのポイントをチェック

クレジットカード決済代行業者を選ぶときは、以下のポイントをチェックしましょう。

  • クレジットカード決済代行の実績が豊富か
  • クレジットカード決済手数料が安価か
  • 業界内の信用度が高い業者か
  • サービスの内容が充実しているか
  • 問い合わせに対する受け答えが丁寧か
  • サポート体制が充実しているか

クレジットカード決済は、顧客情報や売り上げ情報をやり取りすることになるため業者選びは特に重要なポイントです。営業トークのうまさなどで選ばずに、実績で評価しましょう。なお、当決済代行ドットコムでも多くのお客様からご好評をいただいています。

4-4.クレジット決済代行業者を選ぶときの注意点

クレジット決済代行業者は、何より信頼できることが大切です。金融業界には、悪徳業者も多く存在しています。まずは、実績をしっかりチェックしましょう。また、顧客からの評判が悪くないことも重要です。契約する前までは調子のいいことを言っていても、契約後のサービスの質が悪ければ意味がありません。問い合わせなどの受け答えや、説明の仕方・わかりやすさなどを総合的に判断して信頼できる業者を選んでください。

5.クレジットカード決済手数料にかんするよくある質問

最後に、クレジットカード決済手数料にかんするよくある質問に回答します。多くの皆さんが疑問を持ちやすい内容のため、それぞれ確認しておきましょう。

5-1.美容院経営ではクレジットカード決済が承認しにくいのは本当ですか?

一般的に、クレジットカード会社の審査に通過しにくい業種と言われています。美容業界は競争が激化しており、経営が悪化するところも多いからです。しかし、クレジット決済代行業者を利用すれば問題ありません。美容院経営でも、スムーズな決済システムの導入と運営ができるので安心してください。

5-2.セキュリティー対策に不安があるのですが?

クレジットカード決済は、セキュリティー面で不安が残るという意見もわかります。しかし、信頼できる代行業者と契約すれば安心です。セキュリティー対策については、契約を交わすときにきちんと説明を受けておきましょう。大切な顧客情報が流出してしまうことは、顧客からの信頼を失うことになります。セキュリティー対策に力を入れている業者と契約しましょう。

5-3.クレジットカード決済代行システムの導入はどんな業種でも可能ですか?

基本的に、業種を問わず導入が可能です。ただし、法律に違反する業務を行っている場合は、導入ができないこともあります。また、システムの導入が可能であっても、業種ごとに必要な手数料やおすすめするプランが異なるものです。まずは、業者に相談して最適な利用プランを提案してもらいましょう。

5-4.店舗での決済に時間がかかるのではないですか?

信頼できる代行業者と契約した場合は、決済システムを使用したときにスピーディーな処理が可能です。顧客を必要以上に待たすことなく決済できるので安心してください。ただし、システムがダウンしたり混み合っていたりするときは時間がかかることがあります。万が一トラブルが発生したときの対応な、普段から頭に入れておきましょう

5-5.どんなクレジットカード会社の決済を利用できるのでしょうか?

主なクレジットカード会社として、VISA・MASTER・JCBなどの大手を挙げることができます。実際には、クレジットカード決済代行業者によって、取扱可能な種類が異なるので問い合わせて確認しておきましょう。使うことができるクレジットカードの種類は多ければ多いほど顧客にとっても便利です。

まとめ

今回は、クレジットカード決済代行について導入や運営に必要な知識をまとめました。個人店などでも、早急にクレジット支払いを求められている今、気軽にクレジット決済を導入できることはとても便利です。しかし、クレジット決済代行業者も数多く存在しています。それぞれに手数料の内容や金額・サポート内容などが異なるため、契約するときはさまざまな点を比較して決めましょう。手数料がお得でサポートが充実している業者を上手(じょうず)に選んでくださいね。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」