ネットショップのクレジット決済におけるメリットや導入方法について


ネットショッピングのときにクレジットカード決済を利用する方は多いでしょう。インターネットの普及率によってネットショッピングを楽しむ方も急増しています。そして、ネットショッピングを利用している約7割の人がクレジットカード決済を選択しているのです。まさに、ネットショップにとって、クレジット決済は必要不可欠な決済となりつつあります。そこで、本記事では、ネットショップの基礎知識や決済方法・クレジットカード決済導入の方法・代行決済・代行業者選びのポイントなどについて詳しく見ていきましょう。

  1. ネットショップの基礎知識
  2. ネットショップの決済について
  3. ネットショップのクレジットカード決済導入の方法
  4. クレジットカード代行決済について
  5. クレジットカード代行業者選びのポイント
  6. ネットショップの決済にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、ネットショップの決済方法やクレジットカード代行決済に必要な情報がわかります。クレジットカード決済の導入を考えているネットショップはぜひチェックしてください。

1.ネットショップの基礎知識

決済について知る前に、ネットショップの基礎知識を把握することが大切です。最近の傾向やメリット・デメリットについても説明します。

1-1.ネットショップとは

インターネット上にある店舗のことをネットショップといいます。ネットショップだけ運営をしているお店や実店舗と併用しているところなどさまざまです。ネット通販・オンラインショッピングともいわれており、販売・購入すべてがインターネット上でおこなわれます。公式ホームページに独自のネットショップページを作成して購入できるようになっているところも多いのです。小さなブランドやお店のほとんどは楽天市場やYahooストアなどの大手インターネットサービスを利用して出店しています。

1-2.最近の傾向

スマートフォンやパソコンの普及率が高くなると同時に、ネットショッピングを利用する人も増えてきました。ネットショッピングはインターネットの需要と合わせて、今後も利用者が増えるだろうと考えられています。家計消費状況調査によると、インターネット経由で注文をした世帯割合(2人以上の世帯)は、平成28年度で30%以上となりました。年々右肩あがりの傾向です。また、ネットショップを対象とした調査によると、食料品・衣料とアクセサリー関連のネットショップが増えています。

1-3.メリット・デメリット

利用者とネットショップの開業者、それぞれのメリット・デメリットについて説明します。

1-3-1.利用者

利用者にとってネットショップはインターネット上で簡単に買いものができる利便性を持っています。幅広い商品の中からすぐに検索でき、近くにお店がない方や外出が難しい方でも、好きなものをインターネットをとおして購入可能です。しかし、実際に商品を見て確認することができないため、商品選びに失敗することもあります。掲載写真と実物が違うなどの悪徳ショップも存在しているので注意しなければなりません。

1-3-2.開業者

ネットショップ業者のメリットは、初期費用が少なく、維持費をかけずに開店できることです。仕入れやメールの対応などをしっかり整えておけば、ホームページを立ち上げると同時にすぐ販売ができるでしょう。しかし、代金回収のリスクがあります。ネットショップは銀行振り込み・コンビニエンスストア支払い・後払い・クレジットカード払いなど方法はさまざまです。期日になっても支払いがないというリスクもあります。また、商品の撮影・説明文・梱包(こんぽう)作業など、ネットショップの開業はやるべきことがたくさんあるのです。

2.ネットショップの決済について

ネットショップの決済方法について説明します。

2-1.決済とは

ネットショップの決済とは代金の支払いによって売買取り引きを完了することです。欲しい商品があっても、決済方法が限られているとそこで購入をやめる方が多いといわれています。つまり、最終的に購入を決めるのが決済方法なのです。「希望の支払い方法がないから」と購入をやめる方が増えるたびに、買い手を逃していることになります。ネットショップを開業するのなら、決済方法を充実させておくことも大切なことです。

2-2.ネットショップの代表的な決済方法

ネットショップの代表的な決済方法といえば、代引き・振り込み・コンビニエンスストア支払い・クレジットカード決済が挙げられます。それぞれのメリット・デメリットを以下にまとめてみました。

代引き:郵便局や輸送会社が商品を配達する際に料金を徴収する方法

  • メリット:代金未回収のリスクがなくなる
  • デメリット:宅配業者との契約が必要

振り込み:ネットショップが指定口座を用意し、商品代金を振り込んでもらう方法

  • メリット:入金を確認して商品を送ることができる
  • デメリット:購入から支払いまで期間があく、入金されない可能性がある、入金確認が面倒、購入者またはショップ運営者どちらかが手数料を支払わなければならない

コンビニエンスストア支払い:全国のコンビニエンスストアで商品代金を支払ってもらう方法

  • メリット:誰でも利用できる、24時間支払いが可能、振り込み確認の手間がいらない
  • デメリット:手数料が必要

クレジットカード決済:クレジットカードによる決済方法

  • メリット:注文が入ったらすぐに発送対応ができる
  • デメリット:決済代行手数料や審査・手続きが必要

これら以外にももう1つ、後払いという決済方法が登場しています。後払いとは商品を発送した後、注文者が内容を確認してから支払う方法です。ほとんどのネットショップで利用できるコンビニ決済でも、後払いと先払いの2つの方法があります。後払いは、後払い業者が保証するため代金未回収のリスクがなくなり、注文が入ったらすぐに発送の対応可能です。しかし、後払い業者との契約や審査が必要で、代行手数料も発生するのがデメリットといえます。

2-3.増加するクレジットカード決済の需要

ネットショップの決済方法は多種多様ですが、中でも最も需要があるのはクレジットカード決済です。およそ7割の利用者がクレジットカード決済を選んでいるといわれています。利用者にとっては、クレジットカードを登録するだけで自動的に口座から引き落とされる利便性がメリットなのです。わざわざ支払いに出向く必要がないため、気軽にネットショッピングが楽しめます。

2-4.クレジットカード決済のメリット・デメリット

クレジットカード決済は、カードの所有者だけが利用できる方法です。カードをつくっていない方は利用できません。また、ネットショップにとっては決済代行手数料が発生し、審査や手続きなどの導入に時間と手間がかかるデメリットもあります。しかし、導入すれば利用者は増える可能性があり、審査に通過した信頼感を与えることができるのです。

3.ネットショップのクレジットカード決済導入の方法

では、実際にネットショップにおけるクレジットカード決済を導入する際、どのようにすればいいのでしょうか。導入コストや必要なもの、カード会社と直接契約のメリット・デメリットについて説明します。

3-1.導入コストと必要なもの

クレジットカード決済を導入するための初期費用はカード会社や決済代行会社によって異なります。ネットショップは実店舗がないため、カード決済に必要な道具をそろえる必要はありません。業者の中には初期導入費用がかからないところもあります。ただし、導入するためには審査に必要な書類を提出しなければなりません。法人契約の場合は登記簿謄本・代表者身分証明書・銀行通帳コピー・連帯保証人身分証明書などが必要です。

3-2.カード会社と直接契約

導入方法には代行決済とカード会社との直接契約という2つの方法があります。カード会社と直接契約をする場合、契約会社のカードだけ利用可能です。つまり、何種類ものカードを導入したい場合は、それぞれのカード会社と契約する必要があります。代行会社による手数料はかかりませんが、契約に手間と時間を要するデメリットがあるのです。また、入金のタイミングもバラバラになるため、管理が難しくなるでしょう。

3-3.注意点

クレジットカードを導入する前に、ネットショップのターゲットユーザーをきちんと明確にしておきましょう。ターゲットユーザーがどの決済方法を利用するのか考えることが大切です。ユーザー視点で考えれば、ネットショップの構築・運営もうまくまわすことができるでしょう。

4.クレジットカード代行決済について

「直接クレジットカード会社と契約するのが面倒」と思っている方は代行決済がおすすめです。代行決済の基礎知識やメリット・デメリットについて説明します。

4-1.代行決済とは

複数のクレジットカード会社との契約から決済処理まで、カード決済のすべてをまとめて代行するのが代行決済です。クレジットカード決済代行会社はカード決済の仲介・代行サービスをおこなっている会社になります。

4-2.仕組みと方法

代行決済の方法は代行業者によって異なります。クレジット決済代行サービスをおこなっている「決済代行ドットコム」では、リンク型・ゲートウェイ型・メール決済と方法は3種類です。それぞれの内容を以下にまとめましたのでぜひチェックしてください。

  • リンク型:決済画面に移動するリンクバナーを張り決済処理をおこなう
  • ゲートウェイ型:サーバー同士を接続して、決済結果をお店のウェブサイトでHTML出力する決済方法
  • メール決済:クレジット決済用リンクURLをメールに貼り付けて送付し、支払い案内をする決済方法

4-3.メリット・デメリット

代行決済の大きなメリットは、運営費用を抑えられることと手間と時間がかからないことです。クレジットカード会社ごとに決済システムを構築する必要がないため、運営費用を最小限に抑えることができます。また、入金タイミングや経理処理も同じで、一括して売上金が入金される仕組みです。そのため、売り上げ管理もしやすいと評判になっています。さらに、決済代行会社1社との契約で複数のクレジットカードが利用できるのも魅力です。一方、デメリットは悪徳業者との間で起こるトラブルでしょう。お金のやり取りを外部業者に任せる形となるため、悪徳業者に依頼すればカード情報の流出や無駄な手数料の支払いなどトラブルが起きる可能性もあります。

5.クレジットカード代行業者選びのポイント

安心してクレジットカード決済を導入するためにも、信頼できる代行業者を選ばなければなりません。優良業者と悪徳業者を見極める力が必要です。業者選びのポイントをきちんと押さえておきましょう。

5-1.実績

クレジットカード代行決済の実績を持っている業者はどんな状況にも対応できる力があります。たとえ、トラブルが起きてもすぐに解決策を提案できるのです。実績と経験があるからこそ、ニーズに合った決済方法やアドバイスができます。ホームページのサービス内容などをしっかり見て、実績のある業者かどうかチェックしましょう。

5-2.コスト

できる限り、導入コストや維持費を最小限に抑えたいですよね。業者の中には「決済代行ドットコム」のように初期費用・月額費用の無料プランを用意しているところがあります。最小限に抑えるためにも、複数の業者のコストを比較してみてください。比較することで最も安い業者が選択できます。もちろんコストは大切ですが、ほかのサービスや決済方法などにも注目してくださいね。

5-3.手数料

クレジットカード代行決済を利用する場合、初期費用と月額費用がかかります。初期費用は契約後の1回で済む手数料で、CAT端末機・カードリーダー・カスタマイズ料などが含まれているのです。そして、月額費用は月次管理料・トランザクション費・決済手数料・取り消し手数料などが含まれています。毎月かかる費用のことで、代行決済は決済手数料が主になるでしょう。「決済代行ドットコム」における決済手数料は3.5%~です。

5-4.注意点

手数料は、業種・取扱商品・クレジットカード決済の売り上げに左右されます。そのため、まずは業者にどのくらいかかるのかしっかりと確認しなければなりません。また、業者によっては手数料最低保証サービス・見直しサービスなどコストダウンに力を入れているところがあります。「決済代行ドットネット」はできるだけ負担をかけないプランを提示しておりますので、ぜひ1度ご相談ください。

6.ネットショップの決済にかんしてよくある質問

ネットショップの決済にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

6-1.売り上げが入金されるまでの期間は?

業者やカード会社にもよりますが、「月末〆で翌月10日入金」という形をとっているところが多いようです。翌々月末日入金となれば、売り上げが入金されるまでおよそ50日もかかる可能性があります。

6-2.セキュリティー対策は万全か?

利用者のクレジットカード情報が流出しないためにもセキュリティー対策が万全な代行業者を選ばなければなりません。「決済代行ドットコム」では、SSL技術を使用しており、情報を暗号化して通信しています。適切な安全対策をおこなっているためご安心ください。

6-3.決済代行の申し込みからどのくらいで利用できるのか?

決済代行ドットコムの場合、申し込みから審査まで最短2日で利用できます。ただし、契約内容によって異なるため、具体的な日数については申込時にお問い合わせください。

6-4.決済代行サービスでは、どんなカードが利用できるのか?

主なクレジットカードブランドのVISA・MASTER・JCBはほとんどの決済代行会社で利用できます。決済代行ドットコムでは以上のカードに加え、AMEX・DINERSの5種類が利用可能です。

6-5.クレジットカード決済導入の流れが知りたい

業種・希望の決済方法を伝え、適切なプランを提示します。契約書の送付後、必要書類を照らし合わせながら審査をおこない、初期費用を指定口座へ入金してください。入金の確認が取れしだい、利用開始となります。

まとめ

いかがでしたか? インターネットの普及と同時にネットショップの利用者も増え続けています。ネットショップを開業するのなら、決済方法を充実させておかなければなりません。特に、クレジットカード決済は決済方法の中でも利用する人が7割以上もいるため、導入したほうがネットショップの構築や快適な運営にもつながります。複数のカード会社と契約でき、決済まですべてを代行してくれる決済代行サービスを利用すれば、入金管理も簡単ですよ。ネットショップの決済について基礎知識を身につけ、上手に利用してくださいね。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」