アパレルショップがクレジットカード決済を導入するメリットとは?


ショッピングに役立つクレジットカードは、社会人になれば1枚は持つものです。現金の代わりになるので、お金が足りないときや出費が重なったときなどに役立ちます。そんなクレジットカードを導入するアパレルショップが増えてきている中、クレジットカードが使えないお店が少数派です。クレジットカードが使えないというだけで、客足が遠のいてしまう恐れもあります。そこで、本記事では、アパレルショップにクレジットカードを導入するメリットやカード決済導入方法・代行決済・代行業者選びなど詳しく説明していきましょう。

  1. アパレルショップにクレジット決済を導入するメリット
  2. カード決済導入について
  3. クレジットカード代行決済のすすめ
  4. クレジットカード代行業者選び
  5. クレジットカード決済の導入にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、クレジットカード決済について知り、導入する際のポイントを押さえることができます。カード決済について知りたい方や導入したいアパレルショップの方は、ぜひチェックしてください。

1.クレジット決済を導入するメリット

現在、クレジットカードが使えるお店がほとんどです。アパレルショップにおけるクレジットカード決済は、顧客獲得につながる大切なポイントになります。そこで、導入する前に一体どのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

1-1.手持ちがなくても購入できる

洋服の値段はファストファッションからハイブランドまで幅広いものです。良いものを見つけても、手持ちのお金が足りずに購入できないこと、ありますよね。そんなときこそ、クレジットカードが役立つのです。クレジットカード決済ができれば、手持ちがなくても購入できます。そのため、お客様の購入意欲を逃さず、欲しいと思ったその場で購入を促すことができるというわけです。

1-2.高い商品でも手が届きやすくなる

良いと思ったものでも値段が高いと購入をためらうものです。しかし、クレジットカードを利用することで、高いものでも手が届きやすくなります。なぜなら、クレジットカード決済は分割払いができるからです。分割払いは、現金で一括払いするのではなく、一定期間の間、数回にわけて支払う方法になります。そのため、高い商品でも購入でき、顧客獲得につながるというわけです。ここで、クレジットカード使用不可になれば、お客様の足も遠のいてしまいます。

1-3.海外の顧客も得られる

日本に訪れる外国人観光客の数が年々増えています。アパレルショップに訪れる外国人も多くなっているのではないでしょうか。実は、クレジットカードの導入は海外からの顧客も獲得できる大きなメリットを持っているのです。海外はクレジットカード決済が主流になっています。日本に訪れる際でも外国人はクレジットカードで決済をおこなうケースがほとんどです。そのため、クレジットカードが使えないとなると、顧客も獲得できません。観光客を引き寄せるためにも、クレジットカードの導入はポイントです。

2.カード決済導入について

クレジットカード導入のメリットを踏まえたうえで、カード決済導入のポイントについて説明しましょう。安心してクレジットカード決済を活用するためにも、導入にかかるコストや導入方法を把握することが大切です。それほど難しい内容ではないので安心してください。

2-1.導入にかかるコスト

クレジットカード決済を導入する際、最も気になるのが“コスト”でしょう。コストとして、初期費用+月額費用が必要になります。あわせての目安は、数万円になるでしょう。初期費用はクレジットカード決済を導入するためのサービス提供会社に支払う費用です。通常は最初の1度だけ支払います。初期費用はサービスを停止しても返還されません。そして、月額費用は毎月支払う費用のことです。クレジットカード決済の利用件数に関係なく、毎月支払い金額が決まっています。決済手数料などが含まれているものです。契約期間を考慮しつつ、全体的にどのくらいコストがかかるのか確認しましょう。

2-2.導入する際に必要なもの

VISA・MasterCard・JCB・Diners Club・American Expressなど、クレジットカードには多数の種類があります。クレジットカード決済を導入するためには、クレジットカード会社との加盟店契約をしなければなりません。契約を結ぶと、クレジットカード会社のブランドカードだけが使えるようになります。つまり、世界で有数のブランドカードを使えるようにするためには、それぞれのクレジットカード会社と契約を結ばなければならないのです。また、契約を結ぶ際はクレジットカード審査があります。導入するお店は、審査に必要な書類を用意してください。導入に必要な書類は、店舗責任者の運転免許証・保険証など顔写真が記載されているものと営業許可証のコピーです。法人契約の場合は、登記簿謄本・営業許可証のコピーが必要になります。

2-3.導入方法

クレジットカードの導入は、直接クレジットカード会社と契約する方法と決済代行会社に依頼する方法があります。それぞれの特徴を比較してみましょう。

2-3-1.クレジットカード会社と直接契約のメリット・デメリット

クレジットカード会社と直接契約ができるという安心感が大きなメリットになります。しかし、審査が厳しく、導入が難しい点がデメリットです。アパレルショップでも実績の有無によって審査結果が左右されるでしょう。また、直接契約は高度なセキュリティーをほどこした決済システムの開発が必要です。そのため、決済手数料が割高・高額な運営費用と開発がデメリットとして挙げられます。システム開発は自分たちでする必要はありません。決済代行会社に依頼すれば、代わりに決済システムを整えてくれます。

2-3-2.決済代行会社について

直接、クレジットカード会社と契約をせず、間に代行会社をはさむ方法もあります。決済代行会社は、クレジットカード決済にかんする業務を代行する会社です。直接契約に必要な審査や複雑な処理をおこなう必要はありません。決済代行会社との契約だけでクレジットカード決済が導入できます。導入までの手間と時間をはぶくことができ、各種クレジットカードの契約を1つずつおこなう必要もありません。複雑な決済システムも、すでに開発済みのシステムを軸に運用することができます。

2-4.注意点

ネットショッピングをおこなっているアパレルショップは、クレジットカード決済のリスクを知らなければなりません。クレジットカード決済のリスクは、本人なりすましによる不正利用です。不正利用による商品購入は、被害額が年々増えています。不正利用で購入した商品は取り引き中止となり、売上金の支払いが取り消しとなるのです。そして、不正利用で使われたお金を返さなければなりません。返金のことを“チャージバック”といいます。店舗側は商品を発送していてもチャージバックを受け入れる義務があるのです。

3.クレジットカード代行決済のすすめ

クレジットカード決済を活用するためにも、代行決済の仕組みをしっかりチェックしておきましょう。代行決済のメリットについても説明します。

3-1.代行決済とは

アパレルショップの代わりにクレジットカード決済の業務をしてくれるのが代行決済です。決済代行会社と契約を結ぶと、毎月決まった日にクレジットカードを利用したぶんのお金が決済代行会社から支払われます。会社によって支払日は異なるので、事前に確認しておきましょう。ほとんどの会社が一括支払いです。代行決済にかかる手数料は、支払いの際に引かれます。後ほど、カード会社から決済代行会社に入金がおこなわれる仕組みです。

3-2.メリット

代行決済を利用する大きなメリットは、決済にかんする業務に時間と手間がかからないことです。さらに、クレジットカード決済に必要な端末のレンタルも可能になります。直接契約の際は自分たちで用意しなければなりません。決済に必要な機器はすべて、決済代行会社が用意してくれるので安心です。また、多種類のクレジットカードを使うことができます。アパレルショップにおいて、決済代行は直接契約よりもメリットが大きいのです。

4.クレジットカード代行業者選び

どのクレジットカード代行業者と契約を結べばいいのか悩みますよね。そこで、選ぶポイントやコスト・システムなどを詳しく説明しましょう。

4-1.選ぶポイント

クレジットカード代行業者によって、特徴が異なります。初期費用・月額費用はもちろんのこと、サービス内容も違ってくるのでホームページでチェックしてください。また、店舗型カード決済だけでなく、WEB決済やモバイル決済にも対応できるかどうかも要チェックです。近年は、ネットショッピングの利用が増えています。だからこそ、安心してクレジットカード決済が導入できる業者を選ばなければなりません。クレジットカード導入にかんする知識が豊富か、スタッフの対応が丁寧かなど、細かい点まで複数の業者を比較してみましょう。

4-2.コスト

できることなら、費用を抑えつつ導入したいですよね。初期費用・月額費用を比較してみてください。複数の業者を比較することで、費用がかからない業者が選択できます。また、機器レンタル代がいくらになるのか、契約期間を考慮して計算しましょう。また、ほかにも決済1件ごとに支払うトランザクション処理費用やクレジット決済の保証費用として与信料も必要です。

4-3.システムについて

基本的な決済システムは変わりませんが、業者の中には独自のシステムを採用しているところもあります。代行決済業務をすべて任せるというお店も存在しているでしょう。しかし、どのようなシステムを採用しているのか、代行決済の仕組みを知ることが大切なポイントでもあります。

4-4.セキュリティーについて

セキュリティーがしっかりしている代行業者を選ばなければなりません。なぜなら、クレジットカード審査のために、情報を提供する必要があるからです。また、お客様のクレジットカード情報も守る必要があります。セキュリティーがしっかりしているかどうか、ホームページを確認してください。

4-5.注意点

クレジットカード決済代行会社の中には、不正を働く悪徳業者が存在しています。悪徳業者に引っかからないためにも、実績や会社の口コミ・セキュリティー対策・システム内容などさまざまな項目を比較してください。丁寧な説明がない・すぐに契約を結ぼうとする・質問をしても答えてくれない業者はNGです。少しでも不安要素があれば、契約をしないように注意してください。

5.クレジットカード決済の導入にかんしてよくある質問

クレジットカード決済の導入にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。クレジットカード決済の導入を考えているアパレルショップの方は、ぜひ参考にしてください。

5-1.クレジットカード審査で見られる項目とは?

審査チェック項目は、お店の規模や業績・経営状態・売り上げ実績などです。店舗の基本情報はもちろんのこと、現在の経営状態まで調べられ、審査対象になります。エステティック系などは、特定商取引法で認められたクーリングオフ・中途解約制度があるため審査に通過しにくいです。「役務の性質上、規定する目的が実現するかどうか確実でないもの」という特定継続的役務提供になります。そのため、エステ以外にも、家庭教師や学習塾なども審査合格が難しいです。

5-2.個人事業者でも導入できるのか?

もちろん、チェーン店・個人事業者に限らず、クレジットカードが導入できます。導入にかんして不安や悩みごとがあれば、契約前にクレジットカード会社・決済代行会社の担当者に相談してみてください。

5-3.決済代行会社から引かれる手数料はいくらか?

代行業者によって引かれる手数料は異なるでしょう。クレジット決済代行サービスをおこなっている決済代行ドットコムの場合、飲食店やエステ店など3.5%~の手数料をいただいております。あくまで目安となるため、具体的な手数料についてはホームページからお問い合わせください。

5-4.WEB決済の種類が知りたい

決済代行ドットコムのWEB決済は、リンク型・ゲートウェイ型・メール決済の3つの方法から選択できます。リンク型はリンクバナーから決済処理を、ゲートウェイ型は決済結果を加盟店のウェブサイトにて出力する形です。そして、メール決済は、クレジット決済用のリンクURLをメールに貼り付けてお支払いする方法になります。

5-5.導入の流れが知りたい

決済会社とプランが決まったら、契約書の確認・審査に入ります。審査に合格しだい、決済代行業者の指定口座へ初期費用を入金し、利用開始です。利用開始の際は、代行会社から電話連絡の後、端末を設定するためにスタッフが直接店舗へ訪れます。

まとめ

いかがでしたか? クレジットカード決済は、顧客獲得という大切な役割を担っています。特に、現代はクレジットカードを導入するアパレルショップ・店舗が増えてきました。クレジットカードが使えないお店が減ってきているので、導入したほうがお客様の足取りも軽やかになります。導入方法は直接契約する場合と代行業者を利用する2つです。アパレルショップの場合、直接契約よりも決済業務をおこなう代行業者にお願いしたほうが手間はかかりません。安心して頼むことができる代行業者を選びましょう。きちんとクレジットカード決済について知識を得ておけば、スムーズに導入できます。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」