【決済サービスの5法則】~店舗運営にクレジットカード決済は絶対~


決済サービスの導入を検討されている方は必見です。
今やネットビジネスを始め、街のお店でも、クレジットカードやsuicaなど「現金以外」の支払いができることを前提にお客さんはやってきます。「うちは現金だけだから」なんて断ってしまうと、お客さんは不便に感じるだけでなく、きっと「今どき何を言っているのか?」とあきれてしまうことでしょう。
なぜなら、日本人の8割以上がクレジットカードを持っているのですから。
ネットショッピングでは、当たり前のようにクレジットカード決済で取り引きされています。決済サービスを知り・利用することは、これからの商売で絶対に必要でしょう。
そこで、この記事では決済サービスについて5つの法則にまとめてみました。全くわからないという方も安心してください。1から丁寧に解説していきます。

  1. 決済の種類
  2. 決済サービスについて
  3. クレジットカード決済について
  4. クレジットカード代行決済のすすめ
  5. クレジットカード決済の代行業者選び
  6. 決済サービスにかんするよくある質問
  7. ​まとめ

この記事を読むことで、決済サービスについて詳しく知ることができます。時代に取り残されないためにも、前向きに導入を検討しましょうね。

1.決済の種類

決済サービスにはどのようなものがあるのでしょうか? まずは基本を押さえていきます。クレジットカード決済を始め、「種類」をここで学びましょう。

1-1.決済とは?

決済とは「金銭にかかわる取り引き」のことを差します。とはいえ、原理は至って簡単です。当たり前のようにしていることですが、何かのサービスを利用・商品を購入する際、私たちはお金を払うでしょう。お金を支払う「義務」を「債務」と呼び、お金を払うと品物を受け取れる「権利」を「債権」と呼びます。
上記の「債務と債権」を解消するために取り引きし、終えることを「決済」というのです。

1-2.決済サービスの種類

決済サービスには2つの種類があります。
1つ目はインターネットで決済が済むパターンで、

  • クレジットカード決済
  • 銀行ネット決済(ネットバンキング)
  • 携帯キャリア決済(auかんたん決済など)
  • 電子マネー(プリペイド・ポストペイ)

の4つが挙げられます。

2つ目にインターネットで支払いが完了しないパターンです。
・コンビニ決済・ATM決済・振込票決済・代金引換・銀行振込決済(給与の受け渡しなど)
上記の5つが挙げられます。おそらく何かしら利用したことがあるでしょう。普通に生活しているだけで、私たちは決済サービスを当たり前のように使っているのです。

1-3.「インターネット」「ウェブ決済について」

決済サービスをインターネットで使う「ウェブ決済」とは一体なんなのでしょうか。
こちらも難しく考える必要はありません。クレジットカード決済など、インターネットで取り引き・支払いが完了するために、コンビニや銀行へ出向く必要がない決済方法を指します。忙しい方には大変便利な決済でしょう。

1-4.「増加するネット決済」「クレジットカード決済の需要について」

決済サービスは近年になって需要が増しています。「オークション」「ネットショッピング」などの支払いをクレジットカード決済で済ませるユーザーが多く、文庫本や洋服はもちろん、地方の特産品までインターネットに専門店が開設されているのです。海外のセレクトショップだと、クレジットカード決済でなければ買えないという事態もあるでしょう。
なお、クレジットカードの番号をインターネットに登録しておけば後になって再び入力する手間が省けます。自宅でゆったりと買い物ができるわけですから、利用しない手はないでしょう。

2.決済サービスについて

この項では決済サービスについて解説していきます。自店に導入するか検討していても、「決済」という響きに苦手意識を持っている方もいるでしょう。ですが、仕組みは非常に簡単です。順を追って見ていきましょう。

2-1.決済サービスとは

決済サービスは、消費者の「好きな支払い方法で商品を購入できるシステム」とでもいいましょうか。上記で挙げた【決済サービスの種類】にある「お金に替わるもの」で取り引きを成立することができるのです。ただ、利用するにはサービスを提供している会社と契約する必要があります。

2-2.メカニズム

決済サービスのメカニズムは至ってシンプルです。クレジットカード決済を例にしてみましょう。お店で何かを購入しクレジットカードを切ると、ひとまず「代金を支払ったと仮定」され、支払った価値に見合う商品を手に入れることができるでしょう。買い物は終わりましたが、この時点では「仮払い」なので取り引きはまだ終わりません。
クレジットカードには購入者を特定できる情報が入っており、お店側はクレジットカード会社に商品代金を計上します。すると、後日クレジットカード会社はお店に代金を支払い、購入者の「銀行口座」から現金を引き下ろすのです。以上でクレジットカード決済による取り引きは「完了」となります。

2-3.増加する需要

決済サービスの需要は増しています。たとえば、海外旅行で現金を持ち歩かない方も多いことでしょう。海外から日本に来た旅行者も同じです。彼らの多くは、換金する代わりに国をまたいで使用可能な「クレジットカード決済」を用います。
また、PCと同等の機能を持つ「スマホ」の登場で、スマホ内のアプリで課金・買い物をする=取り引きが可能となりました。支払いの際は「契約している携帯会社」から仮払い=携帯キャリアを用いることができるので、幅広い年齢層の人たちが利用しています。

2-4.メリット

決済サービスのメリットは、現金を持ち歩いていなくても高額商品を購入できる点にあるでしょう。クレジットカード決済ならば支払いはひと月後です。「今月は厳しいな」という方も突発的な出費に対応できます。
お店側から考えてみましょう。お客は現金以外にも支払う手段があるわけです。したがって、商品を購入してもらえる可能性が高まる=よりよい取り引きを提供することが可能となります。

2-5.こんなお店におすすめ!

決済サービスを提案したいのは、店舗運営とは別にネット通販を検討・開設しているお店でしょう。観光地に店を構えている場合もおすすめです。上記の2つに共通することは、クレジットカードが使われる確率が非常に高い点にあります。

3.クレジットカード決済について

クレジットカード決済は海外共通です。2020年のオリンピックには諸外国から多くの人々が海を渡ってくることでしょう。この項では、クレジットカード決済について詳しく解説していきます。

3-1.決済の仕組み

クレジットカード決済のサービスを利用するとき、取り引きの証明としてサイン・暗証番号の入力(必要ないケースもあり)をして仮払いの状態にします。すると、あらかじめ決まっている支払日に銀行口座から引き落とされるのです。ここまでは店舗での取り引きなのでイメージしやすいでしょう。ですが、インターネットで商品を購入すると、手順が変わってきます。「カード番号」「有効期限」「名前」を入力して送信するだけで、上記と同じように購入が可能なのです。お店側は入力された情報でカード会社に問い合わせ、取り引きします。

3-2.増加するクレジットカード決済の必要性

クレジットカード決済は、ネットショッピングでの支払い方法として約半数を占めます。
上記のことはお店側にも好ましいでしょう。「代引き」では料金の受け取りが後になりますが、クレジットカードであれば「即座に支払い」なので代金未回収などのトラブルが防げるのです。銀行振り込みで「入金を確認してから商品の発送」だとしても、入金を確認するまで商品を取り置きする必要があります。クレジットカードなら取り置き期間は短く済みますので、効率がよいといえるでしょう。

3-3.手数料について(消費者と店舗側が払うもの)

クレジットカード決済は非常に便利ですが、「手数料」がかかることを覚えておきましょう。クレジットカードを利用した際、消費者は一回払いであれば手数料は原則としてかかりません。ただ、リボ払いなどで支払いが複数に及ぶならそれに伴う手数料はかかります。支払いの上限を決めており、超えると自動的にリボ払いとなる場合も同様です。一括払いといっても手数料がかかることを覚えておきましょう。
そして、お店側はお客がクレジットカードを使うと必ず手数料がかかります。コンビニでは1~2%ほどですが、レストランやクラブでは5%前後の手数料を支払わなくてはいけません。%に変動があるのは「粗利」によります。低いところは%が低く設定されているのです。

3-4.メリットとデメリット

クレジットカード決済なら、手数料がかかりますが、お店側は釣り銭の渡し間違いが防げます。ほかにも、クレジットカード対応の店を選んで入店する人もいるので顧客獲得のチャンスがあるでしょう。

4.クレジットカード代行決済のすすめ

クレジットカード決済を採用するなら「代行決済」がおすすめです。これからネットビジネスを立ち上げるという方は必見でしょう。

4-1.代行決済とは?

代行決済とは、決済サービスを提供している複数の会社と契約し、別の利用者に一括で利用できるよう提供するサービスです。「集金代行」ともいいますね。複数の決済サービスを利用すると、本来なら締め日が異なり入金が面倒になりがち。ですが、代行決済を利用することで、決済サービスにかかわる煩わしさは代行業者がすべて負ってくれます。利用者はスムーズな店舗運営が可能となるでしょう。

4-2.メリット

代行決済を利用すれば、ネットショップの立ち上げ時に1つのシステムを導入するだけで多数の決済が利用できるので出だしでつまずきません。売り上げがまとまるので経理管理が楽であり、システムのアップデートがあっても代行業者でやってくれます。消費者が利用する決済サービスによって、いちいち専用の画面を開くという手間のかかる処理を省略することもできるでしょう。

5.クレジットカード決済の代行業者選び

クレジットカード決済の代行業者は、インターネットで検索すると相当数がヒットします。中には悪徳業者も潜んでいますから、この項で選ぶ基準を押さえておきましょう。

5-1.選ぶポイント

クレジットカード決済の代行業者は「信用第一」です。決済サービスの種類を確認するのはもちろん、過去の導入実績も確認してください。扱えるクレジットカードにVISA・JCB・MASTERなどの大手が含まれているか、サポート制度は整っているか、目を光らすことを忘れないようにしましょう。

5-2.コスト

「クレジットカード決済」「代行業者」とインターネットで検索すると比較サイトがあります。ぜひ利用してみてください。ホームページを見てわからないことは問い合わせて確認しましょう。そこまで進んだら、中小企業も視野に入れて検討します。大手がどういったサービスを提供しているかを知り、自社に必要なサービスを取捨選択してニーズに合う業者と契約するのです。

5-3.システムについて

決済サービスには、大別して「リンクタイプ」と「モジュール組み込みタイプ」があります。リンクタイプは完成したシステムをそのまま業者からレンタルすることです。素早い店舗運営が可能ですが、独自のシステムを決済に採用している場合は難しいでしょう。
一方、モジュール組み込みタイプは決済代行業者から提供される「接続モジュール」をサーバーに組み込んで新しくシステムを開発します。デザインなどに自由が利く反面、導入に時間と費用がかかってしまうでしょう。

5-4.セキュリティーについて

決済サービスで「セキュリティー」は非常に重要といえます。そのため代行業者が採用しているセキュリティをよく確認しましょう。
以下に有名なセキュリティーの名称と概要を載せます。

【PCI DSS】

国際基準のセキュリティーで、厳しい審査項目があります。国際カードブランド5社(VISA・MasterCard・American Express・Discover・JCB)が共同で定めたものです。

【Trust wave】

クレジットカードのユーザーが持つ情報を守っているという証明になります。

【Veri Sign】

インターネットで個人情報を入力するとき、ハッカーなど第三者によるデータ抽出を防ぐため、通信データを暗号化しています。

【プライバシーマーク】

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が制定したもので「Pマーク」とも呼ばれています。個人情報にかんする審査が行われ、基準を満たさなければ認定されません。

5-5.注意点

決済サービスはトラブルに巻き込まれると顧客から一気に信用を失います。そのため代行業者の選択には細心の注意を払いましょう。創立して間もないところはセキュリティーの面に不安が残るので避けた方が得策です。また、決済サービスの種類が少ないところは問題を起こしている可能性があるので要注意。迷ったときは、問い合わせて電話の応対で様子をうかがいましょう。

6.決済サービスにかんするよくある質問

この項ではよく寄せられるお問い合わせ内容をまとめてみました。決済サービスを導入する際、参考にしてみてください。

Q.申し込みから開通までどれくらいかかりますか?
A.業者によりますが、最短1日~10日ほどのところが多いでしょう。契約内容で変動があります。

Q.決済手数料を安くしたいのですが方法はあるのでしょうか?
A.大手では高くなりがちですが、中小規模の代行業者では「さまざまなサービス」を用意しています。一括見積もりなどを利用して交渉してみてください。なお、上記の「さまざまなサービス」ですが、たとえば当社では「手数料の最低保証・見直しサービス」をご利用いただけます。

Q.引かれる手数料分を商品に上乗せしても問題ないですか?
A.手数料はあくまで「店側のサービス利用料」であり、消費者に請求することは加盟店規約でクレジットカード会社が禁止しています。発覚した際は解約されることがあるので避けた方がよいでしょう。

Q.解約は簡単にできますか?
A.もちろん可能です。解約したいときはカスタマーサポートにお問い合わせください。必要書類に記入し、手続きが完了となります。

Q.審査は厳しいですか?
A.直接カード会社に審査を通すよりハードルは低いでしょう。不安な場合はお気軽にお問い合わせください。

​7.まとめ

ここまで決済サービスについて駆け足で述べてきました。
いかがでしょうか? クレジットカード決済はネットビジネスに欠かすことのできない支払い方法です。検討されている方は、ぜひお問い合わせください。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」