クレジットカード決済の手数料を知り、決済代行を上手に導入しよう!


クレジットカードによる商品・サービスの購入・利用が一般化しつつある現在、クレジットカード決済の導入は売り上げを伸ばすための重要なポイントになります。クレジットカード決済の対応は、小規模な店舗であっても欠かすことのできないサービスなのです。個人事業主や小規模店舗にこそ、クレジットカード決済はおすすめの決済システムといえるでしょう。クレジットカードによる決済が日常化している顧客を逃さないためにも、決済システムの導入は大切な設備投資なのです。

クレジットカード決済には“導入のための審査”や“手数料の支払い”などやや敷居の高い印象があります。しかし、顧客の増加、売り上げの増加などのためには、クレジットカード決済への対応が必要なのです。店舗やインターネットショップにカード決済を検討しているという場合には、クレジットカード代行会社による決済代行サービスを利用する必要があります。クレジットカード決済代行サービスには“手数料の違い”や“サービス内容の違い”などもあるため、導入は慎重に検討することが大切です。

クレジットカード決済代行サービスの選び方や、おすすめ業者選びについてご紹介しましょう。

  1. クレジットカード決済の基礎知識
  2. クレジットカード決済の手数料について
  3. クレジットカード決済の代行について
  4. クレジットカード決済代行の手数料比較サイト
  5. クレジットカード決済代行業者選びのポイント
  6. クレジットカード決済代行業者選びによくある質問
  7. まとめ

クレジットカード決済を上手に導入するためには、決済代行業者を上手に選ぶことが大切です。手数料やサービス内容などを比較して、少しでも利便性の高い業者を選ぶことで、クレジットカード決済の効果を最大限に利用してみましょう!

1.クレジットカード決済の基礎知識

1-1.クレジット決済の仕組み

【クレジットカード決済とは?】

クレジットカードは直接通貨を取り引きすることなく、ものやサービスを手に入れることができる便利なサービスです。クレジットカードは、料金を後払いする信用取り引きの一つといえるでしょう。クレジットカードによる決済サービスを導入する場合、クレジットカード作成時と同様に決済事業者による審査を受ける必要があります。経営状態が健全な企業・店舗であれば、問題なく審査に通るため導入に関する心配はありません。

【クレジットカード決済代行サービスとは?】

クレジットカード決済代行会社は、クレジットカード会社のカード決済を仲介・代行するサービスを提供しています。直接クレジットカード会社から決済システムを導入するのは、設備面導入やセキュリティー対策などを自分でおこなう必要があるため、少々敷居の高い方法です。直接決済システムを投入する場合、厳しい審査もあるため気軽には導入できないのが現状といえるでしょう。そこで、便利なのが“クレジットカード決済代行業者”を介した決済システムです。

中間に業者を挟むことで手数料やコストの負担が必要になりますが、決済システムの購入しやすさは非常に魅力的なサービスといえるでしょう。クレジットカード決済代行サービスは、個人事業主や小規模店舗におすすめの決済システムです。

1-2.クレジットカード決済の目的とは?

クレジットカードによる決済を導入することは顧客獲得へのチャンスにつながります。
「クレジットカードが使えないから購入を断念した」
「クレジットカードの使えない店には入らない」
こういった要望を持つ顧客も増加傾向にあるため、クレジットカード決済の導入はビジネスチャンスの一つなのです。
クレジットカードに向いている企業や店の特徴についてご紹介しましょう。

1-2-1.不特定の来店者が多い店舗

顔なじみや常連ではなく、新規の顧客が多い店舗の場合にはクレジットカード決済は集客効果を高めます。客層の広い店舗の場合には、クレジットカード決済を検討してみましょう。

1-2-2.観光地などの近隣に店舗がある

観光地では、現金を持ち歩かずクレジットカードで支払いをする傾向にあります。観光地の近隣に店舗を構えている場合には、クレジットカード決済を導入することで収入増加につながるのです。

1-2-3.インターネット店舗がある

インターネットショッピングの支払いにクレジットカードを使用したいという利用者は全体の4割を占めています。インターネットショッピングでクレジットカード決済を利用することは、取り引きの円滑化にも大きく影響するのです。

1-2-4.カードが使えるのかという質問をよく受ける

「クレジットカードは使えますか?」というような質問をよく受ける場合には、クレジットカード決済導入のタイミングといえるでしょう。

1-3.クレジットカード決済のメリット・デメリットとは?

【クレジットカード決済のメリット】

クレジットカード決済を導入することのメリットは、集客効果に影響を与える点にあります。支払いの選択肢を広げることは、利用者拡大に影響する要素の一つなのです。

【クレジットカード決済のデメリット】

クレジットカード決済を導入するには、“CAT端末”や“カードリーダー”などの初期費用が必要になります。また、クレジットカード決済の申し込みには厳しい審査もあるのです。コスト面や手続きの面でもクレジットカード決済を導入するには負担の大きなものといえるでしょう。クレジットカード決済を導入するためには、初期費用のコストと集客効果のバランスを考えることが大切です。

2.クレジットカード決済の手数料について

2-1.手数料概要

クレジットカード決済代行を利用する場合、決済手数料を支払わなければなりません。決済手数料は、カード会社によって異なりますが、商品・サービス価格の3.5~5%程度が目安になります。手数料がかかるというのがクレジット決済の最も注意するポイントです。

【なぜ手数料が必要なのか?】

クレジットカード決済を利用するためには“決済システムの利用料”が必要になります。現金を取り扱わずに決済を円滑に進めるためには、非常に大掛かりなシステム維持が必要です。クレジットカード会社は、決済に必要なシステム維持費を店舗側の利用者から受け取っています。店舗側は決済手数料として、商品・サービス料金の数パーセントを手数料として負担しなければなりません。

2-3.店舗がクレジットカード会社に払う手数料

決済サービスの利用を決済代行会社に依頼した場合には“決済代行手数料”が必要になります。決済代行手数料は、月額制や従量制など代行業者によって異なるため、店舗に適切なプランを選ぶことが大切です。クレジットカード決済が店舗の売り上げにつなげるためには、代行業者選びとサービス内容の比較が重要になります。クレジットカード会社によるサービスの違いをしっかりと見極めることが大切です。

2-3.クレジットカード名義人が払う手数料

クレジットカードの支払いは“後払い決済”であるため、商品の金利手数料を支払う必要があります。買い物でクレジットカードを使用して買い物することは、“商品購入費用を一時的に借りている”という状態なのです。クレジットカードには、店舗が支払うシステム利用料とカード名義人が支払う手数料の2種類があります。店舗と顧客にとってコストの多いクレジットカードによる決済ですが、現金を持ち歩かなくても買い物やサービスの利用ができるというメリットがあるのです。

3.クレジットカード決済の代行について

3-1.クレジットカード決済代行とは

クレジットカード決済を店舗に導入するためには“設備投資”や“審査”など多くの費用と時間が必要です。迅速な対応が必要になるビジネスにおいて、時間のロスは大きな損失につながります。面倒で時間と費用のかかるクレジットカード決済の導入をサポートするのが“クレジットカード決済代行業者”です。クレジットカード決済代行業者のサービスを利用することで、簡単にクレジットカード決済を導入できます。クレジットカード決済を早く簡単に導入したいという場合には、代行業者のサービス利用を検討してみるのもよいでしょう。

3-2.決済代行の方法と仕組み

クレジットカード会社と直接取り引きをするのではなく、中間に代行業者を挟む決済方法です。クレジットカード決済代行サービスは、審査簡素化や機器導入の円滑化などが大きな特徴といえるでしょう。

【決済代行に必要な料金・費用の内訳】

決済代行に必要な料金はについて詳しくご紹介しましょう。

3-2-1.初期費用(導入費用)

クレジットカード決済を導入するために必要な費用です。

初期費用無料で利用可能な決済代行会社もあります。

3-2-2.月額固定費

決済システムを利用するために必要な月額費用です。月額固定費は、決済に使用する機器のレンタル費用やシステム利用費などが含まれています。

3-2-3.トランザクション処理費用

店舗の決済用サーバーと決済代行会社サーバー間のデータ処理手数料です。多くの代行会社では決済1件ごとに請求します。

3-2-4.与信料

クレジット決済を利用するための保証費用です。代行業者が債権の損失を穴埋めするための費用と考えてよいでしょう。

3-2-4.決済手数料

クレジットカード決済1件ごとに必要な手数料です。クレジットカード決済代行では最も気になる費用といえるでしょう。決済代行業者では4~7%程度の手数料を設定しています。

3-2-5.決済処理取り消し手数料

決済処理を取り消すための手数料です。1回の処理で必要な手数料であるため、決済の取り消しをしない場合には手数料の負担は必要ありません。

【お得に利用できる決済代行サービスは店舗ごとに異なる?】

クレジットカード決済には、さまざまな手数料があります。店舗の売り上げや商品単価によってお得に利用できる料金体制は異なるのです。店舗に合わせて最適なサービスを選ぶことは、費用節約につながる大切な行動といえるでしょう。

3-3.クレジットカード決済代行のメリット・デメリット

【クレジットカード決済代行のメリット】

クレジットカード決済を利用するためには、クレジットカード会社の審査を受け決済に必要な機材をそろえる必要があります。クレジットカード会社の審査は非常に厳しい傾向にあるため、直接導入は気軽に利用できるものではありません。クレジットカード決済代行は、直接導入よりも審査に通りやす傾向にあります。直接の決済システム導入よりも多くの費用が必要になるものの、使用のハードルが低いというのがクレジットカード決済代行のメリットといえるでしょう。

【クレジットカード決済代行のデメリット】

クレジットカード決済代行には、さまざまな費用・手数料を負担しなければなりません。負担しなければならない費用の詳細も決済代行業者によって異なるため、状況によっては決済費用・決済手数料が経営の負担になってしまうのです。費用や手数料のデメリットは、店舗に最適なクレジット決済代行サービスを利用することで軽減できます。

4.クレジットカード決済代行の手数料比較サイト

4-1.代行会社による手数料の違いについて

クレジットカード決済代行サービスは、代行会社によって手数料が異なります。“月額固定費の必要ない代行会社”や“初期費用のかからない代行会社”など料金設定には、大きな違いがあるのです。クレジットカード決済を導入する場合には、手数料を比較することが大切になります。決済代行料金の比較ポイントについてご紹介しましょう。

【手数料の種類を比較しよう】

クレジットカード決済代行サービスではさまざまな手数料があります。代行会社によって採用している手数料が異なるので「どのような手数料がかかるのか?」を知ることが大切です。クレジットカード決済代行に必要な手数料は“月額の使用料金”と“決済ごとに必要な料金”の2種類があります。それぞれの手数料の特徴の比較のポイントをご紹介しましょう。

4-1-1.月額の使用料金

クレジットカード決済を使用しなくても、支払う必要のある料金です。決済機器のレンタル費用、システム使用料、与信料などが月額料金になります。クレジットカード決済の使用頻度の少ない店舗では、月額の費用負担が少ない代行業者を選ぶことで月々の負担を軽減可能です。

4-1-2.決済ごとに必要な料金

決済1件ごとに必要になる手数料は“決済手数料”や“トランザクション処理手数料”です。クレジットカードによって決済した場合に負担する必要のある手数料になります。クレジット決済の利用の多い店舗では、決済ごとに必要な料金の安い代行業者を選ぶことが大切です。

【店舗の状況を把握して、最適な代行業者を選ぶ】

クレジットカード決済代行業者を上手に選ぶためには“店舗の状況を把握する”ことが重要になります。導入前にクレジットカードの使用頻度を把握するのは非常に難しいのです。しかし、店舗の状況によってはクレジット決済の手数料が大きな負担になってしまう可能性もあるため、しっかりと分析をしましょう。

4-2.比較サイトの紹介

クレジットカード決済代行サービスを利用する場合には、必ず複数の業者のサービスを比較することが大切です。個々のクレジット決済代行サービスを比較するというのは非常に難しいため“比較サイト”を利用して上手に比較・検討しましょう。比較サイトでは、手数料の一覧や初期費用の有無などを業者ごとに比較しやすく提示しています。クレジット決済代行会社を選ぶ場合には決済代行ドットコムなどで比較してみましょう。

決済代行ドットコムでは、何を基準に比較するべきなのかといった情報なども紹介しています。

4-3.クレジットカード決済代行業者を比較するメリット

クレジットカード決済代行会社を比較することで、コストや経費の削減やより充実したサービスを選ぶことができます。クレジットカード決済代行は、サービスを提供する会社によって料金体制やサービス内容が大きく異なるため、比較は簡単なものではありません。決済代行比較サイトでは、要点を押さえて簡単に比較できる方法で各社の決済代行を比較できます。

クレジットカード決済の導入コストや維持コストを節約するためにも、手数料やサービス内容をしっかりと比較して店舗に最適な決済代行業者を選ぶようにしましょう。

5.クレジットカード決済代行業者選びのポイント

5-1.クレジットカード決済代行の契約に必要な書類とは?

クレジットカード決済代行サービスの契約をするために必要な書類はいくつかあります。契約に必要書類について簡単にご紹介しましょう。

5-1-1.登記簿謄本(法人の場合)

社名・住所・資本金・代表取締役などの会社の情報を記載した登記簿の写しです。

法務局で申請することで取得できます。

5-1-2.住民票(個人事業主の場合)

個人事業主の場合には住民票による契約をします。

5-1-3.印鑑証明書

法人の場合には社印、個人の場合には印鑑登録の印鑑証明書が必要です。発行後3か月以内の原本が必要になります。

5-1-4.免許証(個人事業主の場合)

個人事業主の場合にコピーの提出が必要な場合がります。両面をコピーしたものが必要です。

5-1-5.特定商取り引き法に基づく表記(ネットショップの場合)

ネットショップなどの通信販売で商取り引きをする際に義務付けられている表示事項です。該当URLを提示すれば問題ありません。

5-1-6.販売許可証(許可の必要な商品を販売している場合)

酒類や古物など販売に許可が必要な商品を取り扱っている場合に必要になります。

5-1-7.仕入れ伝票のコピー

物販でクレジット決済を使用する場合には仕入れ伝票のコピーを提出します。

【クレジットカード決済代行会社によって必要書類は異なる】

クレジットカード決済の代行サービスを提供する会社によって必要書類が異なります。“審査の基準”が決済代行会社によって異なるため、必要書類も異なるというのが理由です。申し込みの際には、どのような書類が必要なのかを確かめてから準備を整えましょう。

5-2.決済代行業者は実績とサービスの内容で選ぼう!

決済代行業者を選ぶ基準として“手数料”は非常に有用な要素ですが、手数料だけで選ぶのはあまりよい選択肢ではありません。実績とサービス内容なども決済代行業者を選ぶ際の大切な基準なのです。

【クレジットカード決済代行業者の実績とは?】

クレジットカードによる決済はさまざまな店舗・業種でおこなわれます。多くの店舗・業種での導入実績があることは、サポート体制の充実につながる情報といえるでしょう。店舗型やインターネット型など導入したい店舗の状況と似ている実績のある決済代行業者であれば安心して契約することもできます。決済代行会社選びは料金だけではなく“実績”についても必ず確認するようにしましょう。

【充実したサービスを受けられる代行会社を選ぶ】

決済代行会社のサービスのなかでも、特に重要なのが“サポート体制”“決済方法”などです。

5-2-1.万全のサポートで安心決済

サポート体制が充実していることによって、決済によるトラブルを事前に回避可能です。クレジットカード決済によるトラブルは、店舗のイメージダウンにもつながります。サポート体制は危機管理の一つとして必ず確認することが大切です。

5-2-2.クレジットカードには複数の決済方法がある

クレジットカードによる決済は“店舗決済”“WEB決済”“モバイル決済”など数多くの決済があります。さまざまな決済方法を利用することは、大きなビジネスチャンスです。クレジットカード決済を導入するタイミングで、新たなビジネスに挑戦するのもよいでしょう。

6.クレジットカード決済代行業者選びによくある質問

Q:クレジットカード決済は、審査に落ちてしまう場合もあるのですか?

A: 業績などによってクレジットカード決済が利用できないこともあります。

クレジットカード会社の審査に落ちてしまった場合でも、決済代行会社の審査には通ることも珍しくありません。クレジットカード決済代行サービスでは、機器のレンタルなど便利なサービスも数多くあります。クレジットカード決済を検討している場合には、決済代行業者を検討してみるのも良いでしょう。

Q:クレジットカード決済の審査が通りにくい業種とは?

A:エステ・サロン・美容室・ジムなどのサービス業はクレジットカード決済の審査に通りにくい傾向にあります。審査に通りにくい業種の場合には、決済代行会社のサービスの利用を検討してみましょう。サービス業での導入実績のあるクレジットカード決済代行会社を選ぶことで、審査に通る可能性を高めることができます。

Q:個人事業主がクレジットカード会社と直接契約はできる?

A:個人事業主がクレジットカード会社と直接契約することは可能です。しかし、クレジットカード会社の審査基準は非常に高い傾向にあります。審査に通らないという場合には、クレジットカード決済代行会社と契約するのも一つの方法です。

Q:商品の単価や商品によって有利になる料金体制はありますか?

A:商品単価や決済の利用頻度によって最適な料金体制を選ぶことが大切です。最適なクレジットカード決済の料金体制を探すのは簡単ではありません。最適なプラン選びや充実したサポートサービスのある代行業者を選ぶことで、店舗に合った決済システムを導入できます。

7.まとめ

店舗にクレジットカード決済を導入することはビジネスの幅を広げるチャンスになります。厳しい審査があるとクレジットカード決済の導入をあきらめてはいけません。クレジットカード決済の普及などから、最近の審査は緩和傾向にあります。面倒な手続きも決済代行会社に依頼することで、簡単に導入できるのです。店舗にクレジットカード決済を導入しようと検討している場合には、決済代行サービスの利用を検討してみましょう。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」