ネットショップを開業したい人必見!基礎知識や成功の秘けつを公開!


「ネットショップを開業したい」と考えている人に朗報です。インターネットで買い物をすることが当たり前になった今の時代、ネットショップの開設も身近なものになりました。
しかし、もちろん売り上げを伸ばすためにはさまざまな工夫が必要です。そこで、この記事ではネットショップ開業の準備や注意点・支払いにかんする情報をまとめてご紹介しましょう。

  1. ネットショップ開業のための基礎知識~ネットショップって何?~
  2. ネットショップ開業にあたって知っておきたいこと
  3. ネットショップ開業の注意点
  4. ネットショップの支払いについて
  5. ネットショップにクレジットカード決済を導入するには?
  6. ネットショップをスムーズに経営するために!「クレジットカード代行決済」について
  7. ネットショップ成功の秘訣!クレジットカード代行業者選びのポイント
  8. ネットショップに開業にかんする「よくある質問」

この記事を読むことで、ネットショップ経営の夢に一歩近づくことができますよ。

1.ネットショップ開業のための基礎知識~ネットショップって何?~

まずは、ネットショップとは何なのか・開業のメリットとデメリット・最近の傾向をまとめてみました。

1-1.インターネット上で買い物ができるネットショップ

ネットショップとは、インターネットで買い物ができる店舗のこと。楽天やAmazonのような大手通販サイトがその代表例です。実際にお店まで足を運ぶことなく、自宅でパソコンやスマホから24時間365日買い物ができるネットショップ。その需要は年々高まっており、ネットショップの開業を検討する人も急増しています。

1-2.ネットショップ開業のメリットとデメリットとは?

実店舗を持つことに比べて便利なイメージのあるネットショップ。当然、開業のメリットはたくさんあります。しかし、その一方でデメリットも多いということを覚えておきましょう。

1-2-1.「コストが安く儲(もう)かるチャンスが多い」というメリット

ネットショップ開業のメリットには以下のようなものがあります。

  • 年中無休で24時間営業できるため、いつでも注文を取ることができる。
  • 無店舗のため、開店費用や維持費などコストを安く済ませることができる。
  • 世界中のお客様を相手にできるため、儲(もう)かるチャンスが多い。
  • 自分の趣味や特技を生かすことができるため、楽しみながら仕事ができる。

ネットショップは少ない資金からでも始めることができます。そのため、副業としてスタートしている人も多いのです。このように「自分でショップを経営したい」という夢を持つ人にとって、チャレンジしやすいのがネットショップのメリットと言えるでしょう。

1-2-2.デメリットは「リスクの高さ」?

一方、ネットショップ開業には以下のようなデメリットがあります。

  • 在庫を抱えるリスクが高い。
  • 代金回収がうまくいかないケースも多い。
  • 思った以上に手間と時間がかかる。
  • ライバルが多い。

特に、ネットショップは開業しやすいという特徴がある分、競合相手が多いのもリスク要因の一つです。出店すれば勝手に売れるということはまずあり得ません。実店舗との大きな違いはここにあると言えるでしょう。

1-3.急上昇するネットショップの数と売り上げ

ネットショップというものが登場したのが10数年前。今やその数は正確に把握できないほど増えており、その売り上げも成長傾向にあります。具体的には、ネットショップを経営している人の30%以上が「年商1,000~5,000万円」という調査結果が出ているのです。取扱商品のトップは「食料品」と「衣類・アクセサリー」であり、次いで「書籍」「健康・ダイエット食品」が上位を占めています。

2.ネットショップ開業にあたって知っておきたいこと

個人でも参入しやすいネットショップ。しかし、開業にあたって知っておかなければならないことはたくさんあります。

2-1.ネットショップ開業に必要な資格や許可について

「ネットショップを開業するにあたって、資格や許可は必要なのか?」と思う人は多いでしょう。しかし、ネットショップの開業に必要な資格はありません。ただし、販売する商品によっては、許可が必要です。無許可で販売していた場合は法律違反になるため、注意が必要になります。たとえば、食品については保健所にて販売資格を手に入れる必要があるものも。また、輸入品にも複雑な販売資格が必要になる場合があるため、事前に調べておきましょう。

2-2.ネットショップ開業には何が必要?準備するのはこの3つ!

いざネットショップを開業するにあたって、事前に準備しなければならないものをご紹介します。

2-2-1.販売する商品

まずは、何を販売するのかを決めなければなりません。もちろん、自分の趣味や特技を生かしたものを販売したいと思う人も多いでしょう。しかし、その商品にどのくらい需要があるのか、仕入れ先は確保できるのかなどを考えてから決める必要があります。ここは時間をかけてプランニングしていきましょう。

2-2-2.機材とこん包材

ネットショップ開業には、パソコンだけでなくデジタルカメラやプリンター・FAXなどの機材が必要になります。用意できるかどうか確認しておきましょう。また、在庫管理を自分で行う場合は、商品のこん包材も用意する必要があります。

2-2-3.ネットショップ開業ソフト

ネットショップを開業するにあたって必要不可欠なのが、ショップのサイトです。無料で利用できる開業ソフトなら、資金面で心配することもなくおすすめ。ほかにも、会計ソフトや顧客分析ソフトなども用意しておくと安心です。

2-3.仕入れ方法は人それぞれ

商品を仕入れる方法についても考えておく必要があります。一般的な仕入れ方法は以下のとおりです。

  • ハンドメイド雑貨や工芸品など、オリジナル商品を自分で作成する。
  • ネット仕入れサービスを利用する。
  • メーカーから直接仕入れをする。
  • 一般の卸問屋を利用する。
  • 展示会に足を運んで仕入れる。
  • オークション・通販サイトから仕入れる。
  • 委託販売で仕入れる。

特に最近はネット仕入れサービスを利用するバイヤーが増えています。この方法だと、在庫を抱えるリスクを最小限に抑えて商品を仕入れすることができるでしょう。

2-4.ネットショップの開業方法とは?

ネットショップを開業する方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

2-4-1.ショッピングモールと提携する

販売規模を大きくしたいなら、ショッピングモールと提携する方法がおすすめです。登録費や維持管理費はかかりますが、集客率は抜群と言えるでしょう。

2-4-2.ホームページにショッピングカートを導入する

ホームページを作成し、そこにショッピングカートを導入する方法です。ショッピングモールと提携する方法に比べて、月々の運営費は安く済みます。

2-4-3.ネットショップサービスを利用する

初期費用や月額料金・販売手数料などがすべて無料で利用できます。小規模なネットショップの運営を検討している人におすすめです。まずは登録してみてはいかがでしょうか?
http://www.miyukiblog.com/archives/611

2-5.発送方法は「メール便」と「宅配便」

ネットショップにおける商品の発送方法には、大きく分けて「メール便」と「宅配便」があります。それぞれの特徴を知っておきましょう。

2-5-1.ポスト投函(とうかん)で届けることができる「メール便」

ネットショップで買い物をしたことがある人ならご存じだと思います。メール便は小さな荷物の発送に最適なサービスで、受取人が不在のときも荷物を受け取ることができるのが特徴です。
ただし、宅配発送に比べて料金が高く、到着まで時間がかかるというデメリットがあります。

2-5-2.時間指定や代引き決済も利用できる「宅配便」

一般的に利用されているのがこの方法。宅配便による発送のため、荷物の詳細な追跡も可能です。荷物が到着するまでの日数が短く、時間指定や代引き決済なども利用できます。また、荷物に保険をかけて発送することもできるため安心です。

2-6.ネットショップ成功のポイント「集客」のためにできる3つの方法

前述したとおり、ネットショップは黙っていても売れるものではありません。売り上げを伸ばすためには、集客のコツを知っておく必要があるでしょう。

2-6-1.検索エンジン経由のアクセスを集める

私たちは、商品や情報を探すときに検索します。そこにうまく商品を結びつけることで、購入につながりやすくなるでしょう。そのために必要なのが「SEO」です。つまり、検索エンジンの検索結果に自分のネットショップが上位表示されるように対策すること。当然、サイトのアクセスアップ、そして売り上げアップにつながるはずです。

2-6-2.リスティング広告を併用するとより効果的

ネットショップの集客をすべてSEOに頼らず、リスティング広告を併用して行うことをおすすめします。リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果に載る広告のこと。興味を持ったユーザーに対象を絞って広告を表示することができます。一つのページに対して複数のキーワードを設定できるため、集客の幅が広がるでしょう。

2-6-3.SNSをうまく利用しよう!

最近はTwitterやFacebookなどのSNSを利用する人も増えています。こういったものをうまく活用することで、ネットで話題の商品として注目を集めることができるでしょう。集客の基本はいかに多くの人の目に触れるか、ということにあります。SNSは無料で利用できるため、効果的に集客につなげることができるはずです。

3.ネットショップ開業の注意点

ネットショップを開業する上で、注意しておかなければならないことがいくつかあります。今回は、セキュリティーやクレームなどのトラブルについてご紹介しましょう。

3-1.セキュリティー対策は万全に!

ネットショップを開業する上で、セキュリティー対策は必要です。顧客情報をインターネットで管理することになるわけですから、しっかりと対策をしておく必要があります。コンピューターウイルスやスパイウェア・ボットなどの脅威から情報を守るためにおすすめなのが、以下の方法です。

  • アンチウイルスソフトウェア・アンチスパイウェアを導入し、定期的にスキャンを実行する。
  • OSやアプリケーションの更新を怠らず、常に最新の状態にする。
  • 管理画面への適切なアクセス制限を行う。
  • データの保護とバックアップを怠らない。
  • 業務用と個人用のパソコンを区別する。

3-2.クレームがネットショップの存続危機につながることも!

一つの失敗が原因でネットショップの運営自体が危険になるケースも少なくありません。クレームが発生した場合は、まず何よりもそのトラブルに対して迅速な対応を心がけるようにしましょう。メールだけでなく電話で直接お詫(わ)びすることも大切です。さらに、謝るだけでなく今後の対応を伝えるようにしてください。たとえば、返品してもらって新品を送るのか、代替となる商品を送るのかを明確に伝え、相手によってはお詫(わ)びの品を用意することもお忘れなく。

3-3.未納トラブルにはこう対応しよう!

代金後払いのネットショップでは、未払いのトラブルが発生することも少なくありません。
対処法としては、以下のような流れを参考にしてください。

  • 支払期限から3日以上の猶予を設けてから、催促メールを送る。
  • その後も入金がない場合は直接電話をかけて請求する。
  • 「入金がなければ内容証明郵便を送る」旨を伝える。
  • 内容証明郵便を送る。

ただし、意図的に支払いが遅れているとは限りません。最初のメールや電話はあくまでも丁寧に。最初から疑っている様子は出さないように気を付けましょう。

4.ネットショップの支払いについて

ネットショップを開業する際は、顧客が最も使いやすい方法を選ぶことができるように、支払い方法をいくつか用意しておきましょう。

4-1.基本の支払い方法は「郵便振替」「銀行振り込み」「代金引換」

最低でも最初に導入しておくべきなのが「郵便振替」「銀行振り込み」「代金引換」の3つです。

4-1-1.郵便振替

全国から注文がくるような商品の場合は、この支払い方法を設定しておくことをおすすめします。顧客に郵便振替用紙を送り、指定の郵便口座に入金してもらう方法です。手数料は顧客とショップ側、どちらが負担するかあらかじめ決めておくようにしましょう。

4-1-2.銀行振り込み

指定の金融機関の講座に入金してもらう方法です。すでに使っている銀行口座があれば、そのまま振込先に指定することもできます。郵便振替に比べて手数料は割高です。

4-1-3.代金引換

商品を配達する宅配業者などが、顧客から購入代金を回収する方法です。代金は後日ショップの口座に振り込まれます。

4-2.導入するべきなのは「クレジットカード決済」と「コンビニ決済」

ネットショップの経営が安定してきたら、ぜひ導入するべきなのが「クレジットカード決済」と「コンビニ決済」です。それぞれの特徴と必要性についてご紹介します。

4-2-1.日中忙しい人でも安心!クレジットカード決済

顧客が注文時にクレジットカード番号を入力する方法です。インターネットで支払いの手続きが完了するため、大変利便性の高い決算手段と言えるでしょう。最近は現金を持ち歩かない人も多く「カード決済がない店では買い物しない」という人も増えています。郵便局や銀行になかなか行くことができないような忙しい人もいるでしょう。誰もが安心して利用できるクレジットカード決済を導入するかどうかが、ネットショップの運営を左右すると言っても過言ではありません。

4-2-2.深夜でも支払い可能!「コンビニ決済」

コンビニ用の振込票を送り、近くのコンビニで代金を支払ってもらう方法です。深夜でも支払い可能なため、大変需要の高い決算手段となっています。クレジットカード決済を導入すれば、コンビニ決済も同時に利用できるケースもあるため、ぜひチェックしてみてください。

4-3.クレジットカード決済導入のメリットとは?

ネットショップにクレジットカード決済を導入することには、さまざまなメリットがあります。ただし、ショップを経営する立場としてはデメリットもあるということを覚えておきましょう。

メリット

  • 簡単に買い物できる・ポイントが付くという理由で集客につながる。
  • 注文が入ったらすぐに発送対応を行うことができる。
  • クレジットカードの審査にとおったということで信頼度がアップする。

デメリット

  • 決済代行手数料が発生する。
  • 導入するために審査や手続きが必要になる。
  • クレジットカードを持っていない人にとっては意味がない。

5.ネットショップにクレジットカード決済を導入するには?

ネットショップにクレジットカード決済を導入するにはどうしたらよいのでしょうか。導入のコストやメリット・デメリットをご紹介します。

5-1.クレジットカード会社と直接契約する場合

ネットショップにクレジットカード決済を導入する場合、カード会社と直接契約する方法があります。そのためには、ショップの規模や業種・経営状態・売り上げ実績などを踏まえた審査が行われ、通過する必要があるのです。

5-2.直接契約のメリットとデメリット

カード会社と直接契約をするメリットは、安心感を得られるという点でしょう。直接やり取りを行うためメリットが多いように感じます。しかし、実際は導入のための審査が厳しく、通過する確率としては高くないのです。また、より多くのクレジットカードを利用するためには、それぞれ個別の会社と契約を行う必要があり、非常に手間がかかります。入金のタイミングについてもカード会社ごとに違いがあるため、異なる入金日をすべて管理するのは簡単なことではないでしょう。

6.ネットショップをスムーズに経営するために!「クレジットカード代行決済」について

ネットショップにクレジットカード決済を導入する場合、直接カード会社と契約する方法とクレジットカード決済代行会社と契約する方法があります。現在はクレジットカード決済代行会社を利用しているネットショップがほとんどです。

6-1.代行決済とは?

クレジットカード会社とネットショップとの間に入り、カード決済システムを提供するのが決済代行会社です。そのしくみやメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

6-1-1.決済業務を一切肩代わりしてくれるサービスのこと

顧客が支払った代金を一時的に代行会社が受け取り、その代金をまとめてネットショップに入金するしくみのこと。つまり、クレジットカード決済を導入したいネットショップは、決済代行会社に申し込むだけで決済業務を一切肩代わりしてもらえるのです。もちろん、複数のクレジットカード会社を同時に導入でき、支払いも一本化できます。

6-1-2.代行決済を利用するメリットとは?

クレジットカード決済を導入する場合は、代行決済を利用するとさまざまなメリットを得ることができます。

  • 個別のシステム開発や事務手続きが不要になるため、コストや時間を軽減できる。
  • 複数の決済を利用していても入金日が一つで済む。
  • 売り上げの管理が楽になる。
  • 複数の決済方法を用意することで売り上げアップにつながる。
  • 独自決済が可能となり、商品が購入者に到着するまでの時間を短縮できる。

6-1-3.代行決済を利用するデメリットとは?

ただし、代行決済を利用することでデメリットになることもあるため、覚えておきましょう。

  • 直接クレジットカード会社と契約するより手数料が高くなる。
  • 決められたフォームでしかホームページを利用できない。
  • 信頼できる会社でないとトラブルが発生する危険がある。

6-2.ネットショップ成功の秘けつ!クレジットカード代行業者選びのポイント

クレジットカード代行業者を選ぶ際にはいくつか押さえておくべきポイントがあります。

6-2-1.信頼できる業者かどうか

顧客の決済情報は重要な個人情報です。流出などの問題を避けるためには、プライバシーマークなどの個人情報保護資格を取得している業者を選ぶようにしましょう。そのためにも、より多くの導入実績を誇る業者であるか確認するようにしてください。

6-2-2.コストの安さも重要なポイント

初期費用や月額固定費など、維持費ができるだけ安い業者を選ぶことをおすすめします。コストを削減することで、ネットショッピングサイトのサービスをよりよいものにすることができるでしょう。中には無料でサービスを提供している業者もあるため、探してみてください。

6-2-3.入金がスピーディーに行われるかどうか

決算代行会社からネットショップに入金が行われるまで1か月もかかってしまう場合もあります。スムーズにネットショップを運営していくためにも、決算後の入金がスピーディーに行われる会社を選ぶのがおすすめです。

7.ネットショップ開業にかんする「よくある質問」

ネットショップの開業を検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.ネットショップの利益はどのくらいですか?

A.ネットショップの利益は「売り上げ-仕入れ原価-経費」という計算で算出します。さらに、売り上げは「アクセス数×購入率×顧客単価」という計算式で出すことになるため、覚えておきましょう。ネットショップ経営が儲(もう)かるかどうかは、いかに仕入れ原価や経費を抑えるか、もしくは売り上げを大きくするかにかかっています。

Q.ネットショップ開業の前に知っておく必要のある法律はありますか?

A.「特定商取引法」による表示義務・誇大広告の禁止についての法律は知っておくようにしましょう。また、医薬品や化粧品・健康食品などを販売する場合は、薬事法や健康増進法・食品衛生法を確認しておく必要があります。

Q.ショップ名を決めるときの注意点は?

A.店舗名はネットショップの看板です。何を売っているショップなのか、店舗名を見ただけで分かるようにすることが重要なポイントと言えるでしょう。また、顧客が覚えやすい名前にすることも大切です。

Q.スマホサイトは設置した方がよいでしょうか?

A.最近はスマホでのショッピング率が急上昇しています。特に10代・20代の利用者が非常に多く、ネットショップを始める上でスマホサイトは必ずと言っていいほど必要です。ただし、情報量の掲載に制限があるため、ページを編集する際は工夫が必要になるでしょう。

Q.ネットショップの開業に向いているのはどんな人ですか?

A.ネットショップの開業に資格は必要ありませんが、次のような人は向いていると言えるでしょう。

  • 几帳面(きちょうめん)で細かい作業が好きな人。
  • コミュニケーション能力がある人。
  • パソコン作業が長時間できる人。
  • 短気や飽き性でない人。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ネットショップ開業のメリットや準備・支払いにかんする情報をまとめてご紹介しました。ネットショップのオーナーになることは、誰にでもできます。しかし、成功するか失敗するかはその人しだい。あなたもネットショップ開業で成功するために、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」