クレジットカード決済を導入したい!決済代行会社に依頼する利点は?


自分の店でもクレジットカード決済を導入したいが、やり方が複雑で大変そう、とためらっている方は少なくないでしょう。今は外国人旅行者も増えて、小さな店舗でもクレジットカードを導入するメリットが大きくなっています。かんたん決済という名で導入されているweb店舗も増え、売り上げの大部分を占めているということも珍しくないのです。

そこで、今回はクレジットカード決済を導入する手順やその方法などをご紹介しましょう。一口にクレジットカードといっても、複数の種類があります。せっかく導入するのですから、1人でも多くの利用者に満足してもらえる方法を選びたいものです。

  1. クレジットカード決済とは?
  2. クレジットカード決済を導入する方法
  3. クレジットカード決済代行サービス会社の選び方
  4. カード決済に関するよくある質問

いろいろある導入方法の特徴、メリット・デメリットが分かれば自分の店に最も合ったものを選べるでしょう。クレジットカード決済の導入を考えている個人事業主の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.クレジットカード決済とは?

まず始めに、クレジットカード決済の仕組みや導入する店が増えている理由、メリット、デメリットなどをご紹介します。クレジットカード決済の導入を考えている方は、自分の店舗の状況と照らし合わせてみてください。

1-1.クレジットカード決済の仕組みは?

クレジットカード決済とは、利用者がクレジットカードを使って商品を購入し、クレジットカード会社が利用者に代わって商品を買った店舗に代金を支払う方法です。立て替えた代金は、後日利用者の口座から引き落とされます。一種の「つけ」のような方法ですが、利用者は現金を持たずに買い物ができますし、店舗はクレジットカード会社から代金が支払われますので料金を踏み倒される心配はありません。

クレジットカード会社はお店に支払う代金のうち数%を手数料として徴収することで、利益を上げています。また、クレジットカードが使える場所は年々増えており、コンビニ決済やオンライン決済も、もう特別な支払い方法ではありません。

1-2.クレジットカード決済が増えている理由は?

クレジットカード決済を導入する店舗は、年々増えています。その理由は、インターネットショッピングの普及と外国人観光客の増加です。インターネットショッピングでは、クレジットカード決済(オンライン決済)が最も手軽でお得なところが多いでしょう。

また、前述したようにコンビニでカード決済も当たり前になりました。そのため、今までカードをあまり使ったことのない方も、その利便性に気がついて実店舗でも使うようになったのです。日本を訪れる外国人観光客は、どちらかというと富裕層が多いでしょう。中国人観光客の「爆買い」が話題になりましたが、高価なお土産をたくさん購入していく方も少なくありません。

多額の現金を持ち歩くのは危ないですし、両替の手間もかかります。クレジットカード決済ならば、カードを差し出せばすむことです。そのため、外国人観光客が多いところほど、個人商店でもカード決済の導入に前向きになっています。

1-3.クレジットカード決済を導入するメリット

クレジットカード決済を導入すると、利用者が増えたり高価なものが売れやすくなったりします。今は、クレジットカード会社もいろいろなサービスを行っているのです。一例を挙げると、カードを使えばポイントがたまって商品や金券と交換できるサービス。選べる品物が豊富なので、「どうせならクレジットカードで買ってポイントをためよう」という方も多いでしょう。

また、高価な品物もクレジットカード決済ならば払い方も選べます。特に観光地のお店ですと、「せっかく来たのだから」という気分も手伝って、より1人あたりの購買額が上がるかもしれません。

1-4.クレジットカード決済を導入するデメリット

しかし、クレジットカード決済を導入するとデメリットもあります。ひとつは、代金は払い込まれるまで期間があくことです。資金繰りにあまり余裕のない店舗は、現金が手元にない状態が長く続くと不利になります。

もうひとつは、クレジットカード会社によって払い込まれる時期にずれが出ることです。カード決済を導入する場合、ほとんどが複数の会社のカードを使える仕様にするでしょう。すると、A社の入金は10日、B社の入金は15日ということにもなりがちです。帳簿の管理も大変になるでしょう。

また、手数料が引かれるので、思ったほど売り上げが伸びなかったというケースもあります。さらにクレジットカードリーダーやcat端末など、カードを読み取る機械の導入費もかかるでしょう。

クレジットカード決済には、メリットとデメリットがあるんですね。
はい。しかし、現在はデメリットよりメリットのほうがはるかに大きくなっています。

2.クレジットカード決済を導入する方法

では、どうすればクレジットカード決済を導入できるのでしょうか? この項では、その方法や向いている職種、それぞれのメリット、デメリットをご紹介します。これを知らないと、クレジットカード決済を導入しようと思った際に苦労するかもしれません。

2-1.直接契約

最も基本的な導入方法は、クレジットカード会社と直接契約を結ぶ方法です。これならば、引かれる手数料は最小限ですむでしょう。しかし、直接契約はなかなか難しいのが現状です。クレジットカードは信用取り引き。ですから、クレジットカード会社は導入を希望する会社の規模や業種、経営状態、売り上げ実績などを厳しく審査するでしょう。さらに、エステティックサロンなどの美容業界、塾や教材販売などの教育業界は審査が厳しい傾向にあります。どれほど経営状態がよくても、審査に落ちることもあるでしょう。

また、クレジットカードの不正使用を防ぐために、高度なセキュリティーシステムを組みこんだ決済システムを自社で開発しなければなりません。そのためのコストもかなり高額になるでしょう。そのうえ、契約を結びたいクレジットカード会社ごとに、審査を受け、決済システムを開発しなければなりません。つまり、大手企業以外に直接契約はとても難しいのです。

2-2.決済代行サービスを利用する

決済代行サービスとは、クレジット会社とカード決済を導入したい商店や会社との間に立ち、決済に関する業務をすべて肩代わりしてくれる会社のことです。つまりカード決済を導入したい会社や商店は、決済代行サービスに申し込むだけでカード決済を導入できます。面倒な審査や決済システム開発などは必要ありません。

また、複数のクレジットカード会社を同時に導入でき、支払いも一本化できます。ですから、一度に複数のカードを決済できるようになりますが、入金は同じ日に一気に行われるのです。これならば、経理がややこしくなる心配もないでしょう。しかし、決済代行サービスに依頼すれば、クレジットカード会社とは別に、代行サービス会社にも手数料を払わなければなりません。

そのため、扱っている商品や売り上げによっては、かえって赤字になる可能性もあります。店の経営状態やカード決済導入を望んでいる声などをよく調べてから契約しましょう。

決済代行業者に依頼すれば便利なんですね。
はい。カード会社と直接契約するのは大企業でないと難しいでしょう。

3.クレジットカード決済代行サービス会社の選び方

現在、クレジットカードの決済代行サービスを行っている会社はたくさんあります。この項では、自分の店にあった代行サービス会社の選び方をご紹介しましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

3-1.実績から選ぶ

クレジットカード決済代行サービス会社も、信用第一の業種です。そのため、実績が少なかったり悪かったりすれば、扱えるクレジットカード会社も限られてくるでしょう。最低でも、VISA・MASTER・JCBなど大手クレジットカード会社のカードが決済できるような会社を選びましょう。決済できるクレジットカード会社が少なすぎる代行サービス会社は、過去に何らかのトラブルがあったか、創立して日が浅い可能性があります。そのような業者はできるだけ避けましょう。

3-2.決済方法で選ぶ

カードを決済する方法は複数あります。店舗型決済のほかに、モバイル決済やweb決済などもあるのです。たとえば、実店舗の売り上げが好調でインターネット通販も導入したい場合は、web決済が使えなければ不便でしょう。ひとつの会社で複数の決済方法が導入できれば、それだけ経費も節約できるのです。

3-3.代行サービス会社を利用している職種で選ぶ

職種によっては、代行サービス会社と契約を結びにくいものもあります。ですから、契約を考えている会社がどのような職種の会社と契約を結んでいるか、確認してみましょう。会社によってはホームページに契約している会社の職種を公表しているところもあります。同種の店舗や会社が契約できているのなら、安心できるでしょう。

3-4.費用で選ぶ

代行サービス会社と契約すると、手数料のほかに決済端末を導入する費用もかかります。ある程度の出費は必要経費ですが、できれば安く抑えたいと思う方も多いでしょう。そこで、初期費用を比べてみて「ここまでなら出せる」と思うところを選んでください。あまり安すぎてもセキュリティーに不安が残ります。

3-5.気持ちよく素早い対応をしてくれる業者を選ぶ

クレジットカードでの取り引きは、前述したように信用で成り立っています。クレジットカード決済を初めて投入する店舗や会社は分からないことも多いでしょう。そのとき、代行サービス会社が素早く丁寧に対応してくれれば、「この会社と契約してよかった」と思えます。また、別の会社と契約しているけれどコスト削減などのために契約会社を変更したい、といった相談にも乗ってくれる会社は便利です。相談だけでも行ってみれば、より低コストでカード決済を行えるようになるかもしれません。

選び方のポイントは複数あるんですね。
はい。手数料の額だけで選ばないようにしましょう。

4.カード決済に関するよくある質問

Q.決済代行サービス会社と契約したいけれど、審査などはあるの?
A.会社の業績や実績、代表者の身分などが確認されますが、直接契約ほど厳しくはありません。きちんと業績があれば職種を問わずに契約できます。

Q.海外決済も対応してくれるの?
A.対応してくれる会社が多いです。詳しくは個別にご相談ください。

Q.手数料って何?
A.手数料とは、商品の購入費用のうち代行サービス会社に支払う金額のことです。
クレジット会社に支払う分とは別になりますので、注意しましょう。

Q.申し込みから導入までにかかる期間は?
A.代行サービス会社や申し込んだプラン内容、審査などによっても違いますが、おおむね1週間以内には導入できるでしょう。急ぎの場合は別途会社にご相談ください。

Q.web決済と店舗型カード決済、何が違うの?
A.web決済とは、インターネット上で行うカード決済のことです。大手通販サイトでは大抵導入されていますので、利用したことのある方も多いでしょう。一方店舗型決済の方は、最もスタンダードな使い方です。両方を一度に導入できればいろいろな商法を展開できるでしょう。

まとめ

今回はカード決済を導入するメリット・デメリット。そして、カード決済を導入する方法などをご紹介しました。カード決済はとても便利な支払い方です。カード決済を導入することで、新たな顧客層を開拓できる可能性もあるでしょう。頻繁に「カードを使えない?」と顧客に尋ねられるという店舗や会社は、ぜひ一度導入を検討してみてください。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」