決済代行サービスのメリット・デメリットとは?どんな種類があるの?


カード決済「決済代行サービス」とはあまり聞きなれない名前ですが、多くの小売店やネットショップで導入されているサービスです。
では、いったいどのようなサービスなのでしょうか?
そこで、今回は決済代行サービスの仕組みやメリット・デメリットをご紹介します。
売買は現金と品物(サービス)の交換です。
しかし、この現金の払い方が今は多様化しています。
ですから、決済代行サービスを上手に利用すれば新しい顧客をつかめるかもしれません。
この記事を読んで、ぜひ決済代行サービスのメリットと利用する際の注意点を知ってください。

  1. 決済代行サービスって何?
  2. 決済代行サービスの種類とは?
  3. 決済代行サービスを導入するメリットとデメリットとは?
  4. おわりに

1.決済代行サービスって何?

決済代行サービスとは、クレジットカード決済や銀行決済といった決済方法を一括で契約し、ひとつのシステムとして導入できるサービスです。もう少し具体的にご説明しましょう。
ものを売買する基本は、現金と品物の直接のやり取りです。
しかし、高額な買い物をする場合や遠方まで出かけて買い物をする場合は、現金の持ち運びが大変でしょう。
そんなときに便利なのがクレジットカード決済です。
また、ネットショッピングが広まるにつれて、銀行決済やコンビニ決済、さらに携帯電話決済なども登場してきました。
どれも現金を直接やり取りすることなく品物を買ったりサービスを受けられたりします。
消費者にとってはうれしいですが、ものを売ったりサービスを提供したりする方は大変なのです。
決済方法が多いほど、顧客も増えやすいでしょう。
ですから、より多くの決済方法を導入したいと思っている方は多いです。
しかし、それぞれ締め日も異なれば、入金方法や手数料なども違います。
そのためお金の管理だけでも大変になるでしょう。
決済代行サービスは、別名集金代行ともいい、複数の決済方法を管理してひとつのシステムにまとめてくれる業者なのです。

2.決済代行サービスの種類とは?

では、決済代行サービスはどんな種類があるのでしょうか?
この項で、その中でも特に需要の高いものをご紹介します。

2-1.クレジットカード決済

現金を使わない決済方法としては、最もポピュラーなものです。
これが1枚あれば店頭でもネットショップでも現金を使わずに買い物ができるでしょう。
現在、クレジットカードにはたくさんの種類があります。
クレジットカードを導入している店は複数のカードが使えることが一般的ですが、自社で導入しようとした場合はカード会社ごとに審査を受けて契約しなければいけません。
ですから、決済代行サービスを利用するところも多いのです。

2-2.電子マネー決済

クレジットカードを持っていない方によく使われているのが、電子マネーです。
コンビニで購入できるため、未成年者の利用も多いでしょう。
これもたくさんの種類があり、自社で導入を使用と思うと、契約だけでも大変です。

2-3.銀行振り込み決済・口座振替決済

こちらは、銀行の口座を利用した決済方法です。
毎月決まった額の引き落としがある場合は、銀行の口座振替を利用する方が多いでしょう。
今はインターネットバンキングも増えていますから、聞きなれない銀行もあると思います。
また、振り込み決済と口座振替決済は締め日も入金の日も異なるので、自社で行う場合は管理も大変です。

2-4.コンビニ決済

コンビニで現金を振り込んで決済する方法です。
大手コンビニだけでなく、地方の小さいコンビニでも導入されていることがあります。
もちろん、コンビニによって手続きの仕方も異なりますので、複数のコンビニ決済をスムーズに導入するのは大変です。

2-5.代引き決済

運送会社に代金を払うことで、決済する方法です。クロネコヤマトや佐川急便などで導入されています。
手数料はかかりますが、振り込みの手間がかからないということで需要は高いです。

3.決済代行サービスを導入するメリットとデメリットとは?

さて、どうでしょうか?決済方法がいかにたくさんあるかお分かりいただけたと思います。
これらの決済方法をすべて自社で導入するとなると、システムを構築するだけでも大変です。
では、決済代行サービスを導入するとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
この項でその一例をご紹介します。

3-1.決済代行サービスを導入するメリット

決済代行サービスを導入すると、ひとつのシステムを導入するだけで複数の決済方法が一括で契約できます。
利用者は決済代行サービスに申し込むだけで、それから先の手続きは、代行サービス業者が行ってくれるのです。
また、クレジットカードサービスを導入するときなどは審査が必要ですが、審査に通りやすいようにアドバイスもしてくれるでしょう。
さらに、月々はいろいろな決済方法で支払われた売り上げをすべてまとめたものから、決済代行サービスに支払う手数料を引いたものが売り上げとして計上されます。
そのため、経理の処理も簡単に行えるでしょう。
いろいろな決済方法を導入したいと考えている業者や、ネットショップの売り上げが大きい会社はメリットが大きいといえます。

3-2.決済代行サービスのデメリット

決済代行サービスを利用すると、利用料がかかります。
また、クレジットカード決済を始めとしたそのほかの決済方法にも、手数料がかかってくるのです。
ですから、決済代行サービスを利用すると、各決済方法を行っている会社の手数料に決済代行サービスの利用料が上乗せされたものが、売り上げから引かれます。
その金額は決して安くはありません。
ですから、クレジットカードや電子マネー、さらに銀行振り込みを利用する顧客が少ないほど、利益は少なくなるでしょう。
また、お金のやり取りを外部業者に任せるので、信頼できる業者でないとトラブルが起こったときに大変なことになります。
さらに、顧客のクレジットカード番号や銀行口座などを決済代行業者に渡すわけですから、セキュリティがしっかりとしていないと、流出の危険があるのです。
個人情報が万が一流出した場合は、決済代行サービス業者だけでなく、そこに依頼した会社すべてが社会的な信用を失ってしまうでしょう。
ですから、契約する際はよく業者を選ぶことが大切です。
手数料の安さだけで業者を選ぶのではなく、実績や取引先の会社を見てから決めましょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、決済代行サービスの仕組みや種類、メリット・デメリットなどをご紹介しました。
決済代行サービスは非常に便利なサービスです。
特に、ネットショップを開こうと思っている業者にとっては重宝するでしょう。
しかしその反面、経理と個人情報の管理という重要なことを外部に委託するわけですから、業者のことはよく調べてから契約してください。
また、決済代行サービスにもいろいろな種類があります。
複数の決済方法を代行してくれるところもあれば、一種類の決済だけを代行するサービスもあるのです。
ですから、依頼する業者は顧客の支払い方法をまず調べるところから始めましょう。
たとえば、電子マネーを利用する顧客が少ないのに決済代行サービスに依頼をした場合は、赤字ばかりが大きくなっていきます。
導入すれば便利ですが、何の決済を代行してもらうのかはよく考えてから依頼してください。
クレジットカードなどは代行業者を通した方が導入は早いこともあります。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」