初めてクレジットカードを作る方へ~種類(ランク)や注意点について~


注意社会人になって“クレジットカード”を作ろうと考えている人も多いのではないでしょうか。
クレジットカードは、いざというときに役立つカードです。
お金の代わりになるカードなので、作っておいた方が安心でしょう。
初めてクレジットカードを作る人のために、クレジットカードの種類(ランク)や高いランクのクレジットカードを持つメリット、カードを作る際の注意点について説明します。
ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. クレジットカードの種類(ランク)
  2. 高いランクのクレジットカードを持つメリット
  3. クレジットカードを作る際の注意点
  4. まとめ

1.クレジットカードの種類(ランク)

クレジットカードにはさまざまな種類(ランク)があります。
利用限度額や年会費、付帯サービスなど内容が異なるでしょう。
自分の年収や状況・目的に合ったクレジットカードを選ぶことが大切ですよ。
どのような種類があるのか、把握しておきましょう。

1-1.クラシックカード(一般カード)

一般的になっているクレジットカードは、クラシックカード(一般カード)と呼ばれている種類です。クラシックカードの利用限度額はクレジットカード会社にもよりますが、ほとんど10万~100万円までになっています。
年会費は無料になっているカードも多いので、作りやすいカードだと言えるでしょう。
クラシックカードの中でも保健サービスや付帯サービスがついているものは、年会費が1,000円~3,000円ほどかかる場合もあります。
クラシックカードでも会社によってサービスが異なるため、申し込みをする前にきちんと確認しておきましょう。
初めてクレジットカードを作る人は、基本的にクラシックカードがおすすめです。

1-2.ゴールド・プラチナカード

クラシックカードよりもワンランクのクレジットカードが、“ゴールドカード”になります。
ゴールドカードは、年収や勤続年数などの属性が高い顧客を対象にしているものです。
利用限度額は、クラシックカードよりも高めになっているのが特徴的でしょう。
空港での有料ラウンジが無料で利用できる、ホテルや娯楽施設でのサービスなど、さまざまな付帯サービスがついています。
そして、“プラチナカード”は、ステイタスの高いクレジットカードです。
クレジットカード会社から特別に渡されるカードになります。
主に、旅行やレジャー目的で使うことが多いでしょう。
どちらとも年会費は2,000円~数万円と高めに設定しています。

1-3.ブラック・学生カード

日本において最高ランクのクレジットカードと言われているのが、“ブラックカード”です。
ブラックカードを持っている人は、プラチナカードと同じく、クレジットカード会社から特別に招待を受けた人だけと決まっています。
付帯・保健サービスなどゴールドやプラチナカードより特別扱いを受けることになるでしょう。
年会費は、およそ数万円と1番高い額になっています。
そのため、持ち主の経済状況によって利用限度額が変わるのです。
そして、学生でも持つことができる“学生カード”もクレジットカード会社によって作ることができます。
学生カードは、利用限度額が5万~30万円ほどと低いのが特徴的です。

2.高いランクのクレジットカードを持つメリット

2-1.限度額が大きく、付帯サービスが豊富

ゴールド・プラチナ・ブラックカードなど、高いランクのクレジットカードを持つメリットについて説明します。
高いランクのクレジットカードを持つメリットは、主に、“利用限度額が大きいこと”でしょう。
利用限度額は数百万円と大きく、さまざまな場面で使うことができます。
利用限度額が小さくなればなるほど、用途が狭まってしまうのは間違いありません。
いろいろな場面で使いたい人は、高いランクのクレジットカードを持ちたいですね。
また、“付帯サービスが豊富なこと”も、大きなメリットになります。
空港の有料ラウンジを無料で利用できる、高い海外旅行保険がつく、高級料理店で割り引きができる、専用のオペレーターが航空チケット・ホテルの手配をしてくれるなど、幅広いサービスを受けることができるのです。

2-2.社会的地位の証明になる

高いランクのクレジットカードを持つメリットは、“社会的地位の証明になる”ことです。
クレジットカードを利用するには、金融機関の審査に通過しなければなりません。
審査に合格しなければ、クレジットカードが作れないのです。
審査では、“申込者が信用できる人かどうか”“返済できる収入を得ているかどうか”など、さまざまな分野を調べあげます。
ランクが高いカードほど、審査は厳しくなるのです。
そのため、高いランクのカードを持っている=社会的地位が高い人とみなすことができます。
どのカードを持っているかどうかで、社会的地位が証明できるのですね。
海外旅行をする際、海外ではクレジットカードを見せるだけで身分証明になるところもありますよ。
ゴールドカードを見せると、ホテルの部屋が1つあがることができるのです。

3.クレジットカードを作る際の注意点

3-1.申し込みに必要なものを準備する

クレジットカードを作る際、申し込みに必要なものを用意しなければなりません。
申込書はもちろん、身分証明書となる保険証や免許証のコピー、引き落とし口座の番号や印鑑です。
インターネットで必要項目を入力し、写真で身分証明書を送ることで申し込みが完了する会社もあります。
クレジットカードの申し込みをする前に、何を用意しなければならないのか必ず確認してくださいね。
また、記入した住所と身分証明書に記載している住所が異なれば、審査に落ちてしまいます。引っ越ししたばかりの人は見落としてしまうので、注意しましょう。

3-2.自分の属性に合ったクレジットカードを選ぶ

クレジットカードにもさまざまな種類があります。
ランクはもちろん、同じランクでもサービス内容が異なるので注意しなければなりません。
利用限度額が大きい、大手金融機関のクレジットカードほど、審査が厳しい傾向があります。
1度審査に落ちてしまうと、落ちた記録が自分の「信用情報」に載るので審査通過が難しくなるでしょう。
審査に落ちないようにするには、自分の属性に合ったクレジットカードを選ぶことが大切です。
年収・勤続年数・家族形態など、自分の属性をしっかり確認してください。
そして、さまざまなクレジットカードを比較することが大切ですよ。

4.まとめ

クレジットカードの種類(ランク)や高いランクのクレジットカードを持つメリット、クレジットカードを作る際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
初めてクレジットカードを作る人は、きちんとクレジットカードの基礎知識を身につけてから、自分に合った種類を選んでください。
作るクレジットカードを間違ってしまうと、審査に落ちてしまいます。

  • 一般的なカードになる“クラシックカード”
  • クラシックカードのワンランク上がる“ゴールドカード”
  • カード会社からの招待がないと持てない“プラチナ・ゴールドカード”
  • 高いランクのカードを持つと、利用限度額が大きく、付帯サービスが豊富
  • 社会的地位の証明になる
  • 申し込みに必要なものを確認して用意する
  • 自分の属性に合ったカードを選ぶ

以上のポイントは、ぜひ押さえてください。
カード選びに失敗しないためにも、さまざまなカードを比較しましょう。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」