知っておきたい! クレジットカードを紛失したときの対処法・再発行手続き


社会人になると1枚は必ず持つようになるのが、「クレジットカード」です。
お買い物やレストランなど、さまざまな場所で大活躍するカードになっています。
お金の代わりになるカードですが、紛失したときは気をつけなければなりません。
クレジットカードを使う人は必ず、紛失したときの対処法を知っておいてください。
対処の仕方を知らなければ、後で大きなトラブルに巻き込まれてしまいます。
カードの紛失、不正利用されていたときの対処法やカード再発行手続きについて説明しましょう。

目次

  1. カードを紛失したときの対処法
  2. 不正利用されていた場合
  3. カードの再発行手続き
  4. まとめ

1.カードを紛失したときの対処法

クレジットカードを紛失したときの適切な対処法について説明します。
いざというとき、対処法を知らなければ、悪用されてしまうので要注意です。
悪用されないためにも、やるべきことがあります。
事前に対処法を把握しておきましょう。

1-1.カード会社に連絡、利用停止手続きを完了する

クレジットカードを紛失したとき、1番にやってほしいのが「カード会社への連絡」です。
自分が使っているカードの会社に連絡をして、クレジットカードの利用停止手続きを完了しなければなりません。
すぐに利用停止手続きをしなければ、カードを拾った人が悪用してしまいます。
クレジットカードを利用して高額のお買い物をする可能性もあるのです。
とりあえず、利用停止手続きを完了しておけば、カードが使えなくなるので安心できるでしょう。ほとんどのカード会社は、24時間365日、緊急時の対応をしています。自分が使っているカード会社の連絡先を必ず把握しておきましょう。
事前にお財布の中に入れる、携帯電話やスマートフォンのアドレスに登録するなど、事前の準備が大切になりますよ。

1-2.利用停止と同時に、発行手続きもする

カード会社に連絡して利用停止手続きを完了すると同時に、カードの発行手続きもしなければなりません。
後ほど、発行手続きについて詳しく説明するので、必ず確認してくださいね。
1度利用停止をしたクレジットカードは、使うことができません。
そのため、発行しなければ利用できないのです。
クレジットカードの発行には、およそ2週間以上かかってしまいます。
すぐ必要としているときに利用できない状態になってしまうので、利用停止と同時に発行手続きもした方が効率的だと言えるでしょう。

1-3.最寄りの警察署に「紛失届」を提出する

クレジットカードが紛失したとき、1番にすることはカード会社に連絡することです。
カード会社に連絡をして、利用停止手続きが完了したら終わりではありません。
手続きが完了した後は、最寄りの警察署に「紛失届」を提出してください。
海外で紛失したときは、特に、届け出が必要不可欠になります。
カード会社と保障問題にまで発展した場合、届け出があれば問題なく、スムーズに手続きができるでしょう。
クレジットカードを紛失したときは、最寄りの警察署での紛失届も忘れないでくださいね。

2.不正利用されていた場合

2-1.カード会社の不正利用専用の窓口に連絡する

クレジットカードの紛失で、不正利用されていた場合の対処法について説明します。
もし、あなたのカードがすでに不正利用されていた場合、どうすれば良いのでしょうか。
1番の対処法は、カード会社の不正利用専用窓口に連絡することです。
連絡をする前に、クレジットカードの番号・引き落としの口座番号・請求書を用意しておきましょう。
カード会社の指示に従い、紛失や不正利用された金額などを説明し、会社からの調査結果を待ちます。
カード会社が、第3者による不正利用だと認めた場合は、カード会社からの請求が取り消しになるので安心してください。
まずは、カード会社の不正利用専用窓口に連絡することが大切ですよ。

2-2.盗難保険がついているクレジットカード

紛失したクレジットカードによって不正利用された場合でも、お金が戻ってくる可能性があります。
盗難保険がついているクレジットカードであれば、引き落としされた後も適用できるのです。
引き落とされた分だけのお金が手元に戻ってくるでしょう。
あらかじめ、盗難保険がついているクレジットカードを選ぶことが大切ですね。
しかし、盗難保険がついていても、適用されない条件が3つあります。
「不正利用からある程度日にちが過ぎている」「キャッシング被害」「本人の過失」の3つです。
たとえ、盗難保険がついていても、3つのいずれかに当てはまる場合は適用できません。
カード会社によって条件も異なるので、必ず確認してくださいね。

3.カードの再発行手続き

3-1.電話・インターネットから再発行手続きをする

カードの再発行手続きは、使っていたカードの利用停止手続きから始まります。
カードを紛失したとき、利用停止手続きと同時に、再発行手続きをすると良いでしょう。
手続きの方法はとても簡単です。
カード会社のお客様専用窓口、または、インターネットのホームページからでも再発行手続きができます。
カード会社の担当者が丁寧に説明してくれるので、安心してください。
ただ、再発行するには、本人確認ができる公的証明書が必要になります。
インターネットで手続きをする際は、カードを発行したときの会員番号やパスワードを入力するだけで、簡単にできるでしょう。
カードを再発行するには、およそ1,000円~2,000円の手数料がかかります。
カード会社のホームページに記載しているので、必ず確認してくださいね。

3-2.カード番号の変更をする

カードを再発行すると、今まで使っていたカードの番号が変わります。
公共料金や携帯電話料金など、クレジットカードで自動引き落としにしている人も多いでしょう。そのため、カード利用しているすべての設定を変更しなければなりません。
カード番号の変更手続きをしなければ、引き落としができないのです。
いつの間にか、未納になっているケースも少なくないので気をつけてくださいね。
改めて、カード利用しているサービスを確認しましょう。
そして、1つずつカード番号を変更してください。
カードの再発行は2~3週間かかるため、余裕を持って手続きした方が良いでしょう。
使いたくても、利用できない状態にならないように、できるだけ早めの対処が大切です。

4.まとめ

カードを紛失、不正利用されていた場合の適切な対処法、カードの再発行手続きについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
クレジットカードを紛失した場合、急いで利用停止手続きをしなければなりません。
手続きが遅れれば遅れるほど、不正利用に遭う金額が大きくなるので要注意です。
適切な対処を素早くするためにも、クレジットカードを使う前にしっかり確認しておきましょう。

  • カード会社に連絡、利用停止手続きを完了する
  • 利用停止手続きと同時に、再発行手続きもする
  • 最寄りの警察署に「紛失届」を提出する
  • カード会社の不正利用専用窓口に連絡する
  • 盗難保険がついているクレジットカードを使う
  • 電話やインターネットから再発行手続きをする
  • カード番号の変更をする

以上のポイントは、ぜひ押さえましょう。
素早い対処をするためにも、使っているカード会社の緊急連絡先を控えておいてくださいね。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」