クレジットカードの審査について知りたい! 知っておきたい審査基準


クレジットカードを作りたい人は必見です。
クレジットカードは、利用したいカード会社に申し込みをしなければなりません。
申し込みをしても、すべての人が使えるわけではないのです。
クレジットカードを使うためには、「審査」に通過しなければなりません。
では、クレジットの審査とは、どういう審査基準になっているのでしょうか。
審査にクリアするコツや審査の甘いクレジットカードの注意点について詳しく説明します。

目次

  1. クレジットの審査とは?
  2. 審査で落ちる理由
  3. 審査が甘いクレジットカードの注意点
  4. まとめ

1.クレジットの審査とは?

クレジットカードを作りたい人に、ぜひ知っておいてほしい“クレジットの審査”。審査基準について把握しておけば、審査に落ちることなく、スムーズに作れるでしょう。
クレジットの審査基準、クリアするコツについて説明します。

1-1.クレジットの審査とは?

1人1枚は必ず持っているクレジットカードですが、中には数枚持っている人もいるほど普及しています。
クレジットカードの審査に通過しなければ作ることができません。
なぜ、クレジットの審査があるのか気になっている人も多いでしょう。
そもそもクレジットは、お金の代わりに商品を購入できるカードです。
カード会社は、「本当にお金を支払ってくれるかどうか」判断しなければなりません。
クレジットの審査は、判断するための大切な審査になるのです。
信用調査をきちんと行い、クレジットを作っても大丈夫かどうか判断します。
また、クレジットの審査基準は、カード会社や金融機関によって異なるでしょう。
厳しい条件が設定されているところや、甘い審査など幅広いです。
では、どのような審査基準になっているのか、説明しましょう。

1-2.気になるクレジットの審査基準

金融機関・カード会社によって審査基準は異なりますが、基本的に「信用情報」と「個人情報」の2つが審査基準になります。
実在の人物かどうか、年収・職業・年齢・住居形態・雇用形態などの個人情報を調べるでしょう。個人情報から信用性がある人物かを判断します。
基本的に、住まいがあり働いている人ならば問題ありません。
しかし、厳しい条件を設定しているところは、細かいところまで調べるので注意してくださいね。
そして、個人情報よりも重視されるのが「信用情報」です。
信用情報は、主に、過去の支払い事故や消費者ローンの取り引き、クレジットの加入履歴等を調べます。
まず、過去に支払い事故を起こしている人は、ほとんど審査に通過できません。それだけ信用情報を失ってしまっているのです。
申し込みをしたいカードの審査基準を、事前に確認しておきましょう。

1-3.審査をクリアするコツ

クレジットの審査をクリアするコツは、とても簡単です。
「信用性」があれば、審査に通過できるでしょう。
カード会社や金融会社の信用を得られれば、通過できるのです。
では、どうすれば信用性が得られるのでしょうか。
基本的なことになりますが、申し込みをする際は絶対にうそをついてはいけません。
何とかして通過しようとうそをつく人が多いです。金融会社・カード会社は、調べればうそをついていることがすぐにわかります。
いずれバレてしまうことなので、うそはつかないでくださいね。
うそをついたことがわかれば「信用性」を失うでしょう。
また、基本的に「安定した収入がある人」しか、カードの申し込みはできません。
ニートや無職の人は、100%落とされるので気をつけてください。
アルバイトでも安定した収入に入るので、アルバイトなど働き始めてから申込みをしましょう。

2.審査で落ちる理由

2-1.信用情報に傷がついている

カードの審査に落ちる理由は、人によってさまざまです。
さまざまな理由の中で、最も多いのが“信用情報に傷がついている”ケースでしょう。
信用情報は、過去の取り引き履歴や返済の遅延、トラブルなど、さまざまな情報が載っています。「信用情報に傷がつく=ブラックリストに載る」ことになるので注意してくださいね。
一回でもブラックリストに載ると、数年間消すことができません。
記録が載っている限り、審査に落ちる確率が高いです。
過去にトラブルを起こした人は、信用情報を必ず確認しましょう。
信用情報機関というところに、あなたの信用情報が載っています。
お金を払えば、自分の信用情報だけ閲覧できるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

2-2.審査基準を満たしていない

信用情報に傷がついている以外にもよくあるのが、「審査基準を満たしていない」ケースです。
特に、「個人情報」「収入」「住居」の3ポイントに注目してください。
「個人情報」は家族構成・年齢・職業・勤続年数などが挙げられます。個人情報に漏れがないかどうか、正しい情報かどうか確認されるでしょう。
ひとつでも漏れがあれば、落とされる可能性があるので注意してください。
「収入」は、高ければ高いほど有利です。“安定しているかどうか”を重要視します。
収入が安定しているほど、必ずお金を返してくれる人物と判断できるのです。
アルバイトやフリーター、派遣社員は安定していないので注意しましょう。
そして、「住居」は持ち家を持っているかどうかです。
持ち家があれば、支払い能力があると判断されるでしょう。
以上のように、申し込みをする前はカード会社・金融機関の審査基準を必ず確認した方が良いですよ。

3.審査が甘いクレジットカードの注意点

3-1.「金利」に注意しよう

クレジットカードを早く作りたいから…と、できるだけ審査が甘いクレジットカードに申し込みをする人が増えています。
しかし、審査が甘いクレジットカードには気をつけなければなりません。
金融会社やカード会社が「きちんと返済してくれる人」と判断するため、審査基準が設定されています。
審査に甘いクレジットカードは、審査基準が低く設定されているのです。
その分、「金利」を高めに設定しているところがほとんどでしょう。
金利は、カード会社・金融機関の「保険」みたいなものです。お金を借りた分、手数料が増えてしまいます。元金+金利を支払わなければなりません。
金利が高いほど、返済するお金も高くなります。
金利が高いと返済も難しくなるので注意してくださいね。

3-2.トラブルになりやすい

審査が甘いクレジットカードは、正直、安心して利用できません。
なぜなら、トラブルになりやすいからです。
実際にあった事例をひとつ紹介します。
大手銀行や消費者金融のカードに申し込みをしたYさんは、審査に落ちてしまいました。クレジットカードがどうしても必要だったYさんは、審査が甘いクレジットカードに申し込んだのです。
上手に使っていましたが、一回だけ返済が遅れたことがありました。その際、カード会社からの催促がひどく、毎日のようにメールや電話が来ていたそうなのです。
1日返済に遅れただけで、高い遅延料金を支払わなければならなくなったと言います。
審査が甘いクレジットカードの中には、このように悪質なところもあるので注意してください。

4.まとめ

クレジットカードの審査基準やクリアするコツ、審査で落ちる理由、審査が甘いクレジットカードの注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
クレジットカードに一回でも落ちてしまうと、信用情報に記載され、審査に通過できなくなってしまいます。
スムーズに作るためにも、審査基準について把握しておきましょう。

  • カード会社や審査基準によって異なる
  • 審査基準は「信用情報」と「個人情報」
  • 信用性を得ることが審査に通るコツ
  • 信用情報に傷がついている
  • 審査基準を満たしていない
  • 「金利」に注意する
  • トラブルになりやすい

以上のポイントは、ぜひチェックしてください。
審査基準を事前に確認し、申し込みをしましょう。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」