クレジットカード紛失した場合の対処方法


困っている人お買い物をするときに利用する人が多い「クレジットカード」は1枚もっておくだけでもとても便利なカードです。
もしクレジットカードを紛失した、失くしてしまった場合、すぐに対処をしておかなければ拾った人が悪用してしまうかもしれません。
クレジットカードは本人の確認がなくても利用することができるので悪用する人が増えてきているのです。
いざという時のために、クレジットカードを紛失した場合の対処方法を知っておきましょう。

クレジットカード会社に連絡して利用をストップさせる

クレジットカードが紛失したとわかればすぐにクレジットカード会社に連絡して、ストップさせるようにお願いしましょう。
まずは利用の停止をすることが1番大切です。
停止しなければ悪用されることになり、どんどんお金がなくなってしまいます。
利用できない状態にしておくことで悪用される心配はなくなります。
どこに連絡すれば停止することができるのか、あらかじめカード会社の電話番号も把握しておきましょう。
携帯電話に登録したり、お財布の中に電話番号を書いた紙を入れておいてください。電話すればすぐに利用を停止することができます。
利用を停止すると同時に一応新しいカードの発行もお願いしておくと良いでしょう。
再発行には2週間ほどかかってしまうのでその間はクレジットカードを利用することはできません。

警察に紛失・盗難届けを提出する

クレジットカード会社に連絡し、利用をストップしてもらったら次に警察にいき、紛失または盗難届けを提出してください。
もしすでに悪用されている場合、使われてしまったお金は戻ってこないと思いがちですが、警察に届け出を出せばクレジットカード会社の保険が適用されることになります。
第三者によって使われたお金が一切請求されずにすむことができるでしょう。
悪用されたお金はすべて保険でまかなうことができるのです。
そのためには警察に届出を出しておかなければなりません。
警察に事情を話すと紛失届けの紙が出されるのでそこに必要事項を書きこんでください。
基本的にどの警察署でも構いませんが、できるだけ早めに対処をすることが大切なのでなくした場所の近くにある警察署に行きましょう。

海外で紛失した場合の対処法

海外旅行に行く際、必ずクレジットカードを持参していく人が多いです。
もし、海外でクレジットカードを紛失してしまったらどうすれば良いのでしょうか。
とりあえず1番最初にすることは日本のクレジットカード会社に連絡することです。
クレジットカード会社に連絡をして利用をストップさせてから現地の警察署にいき、紛失届けを提出しましょう。ここまでは日本での対処法と同じですが、この次のステップが少し変わります。
海外で紛失した場合は、“証明書”をそこでもらわなければなりません。
証明書を発行してもらうことで紛失届けを出したという証拠となり、海外で紛失した場合の保険が適用されることになります。
たとえ、外国語が苦手な方でも現地の警察官はしっかり対応してくれるので、わかりやすいように説明してくれますし、マニュアル通りに手続きができるので安心してください。

まとめ

クレジットカード紛失した場合はできるだけ早めの対処が必要になります。
早くカードの利用をストップしなければ悪用されることになるので注意しておかなければなりません。
1番にやってほしいことはクレジットカード会社の紛失・盗難サービスセンターに連絡をして利用をストップさせる手続きをおこなうことです。
手続きが完了したら、すぐに警察への紛失・盗難届けを提出しましょう。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」