カード決済 〜その安全性が高い理由と3つの注意点!~


安全性カード。それはお金をたくさん持ち歩かなくても買い物ができるとても便利な道具ですよね。
あなたもカードを何枚か持っているのではありませんか?
日本人は一人あたり平均3枚のクレジットカードを持っていると言われています。しかし、その利用率は12%程しかありません。なぜでしょうか?
それは「カードよりも現金の方が安全」という見方が定着しているからなのです。でも、本当はカード決済の方が現金払いより安全なんですよ。
カード決済の安全性について本当のことを知りたいと思いませんか?
そこで本日は、カード決済が安全な理由と安全性を高めるカードの使い方を3つご紹介致します。カード決済を正しく理解するために是非お役立てください。

カード決済はなぜ安全なのか?

「カード決済は安全です!」
そう言われてもなかなか信じられないという人もいることでしょう。なぜ安全なのか?その理由を知りたいと思うはずです。あなたはいかがですか?
カード決済が安全な理由として、

  • 情報が全て暗号化されてやり取りされる
  • カードを盗まれる・紛失する等しても損失が少なくて済む

の2つを挙げることができます。
カードを使うときに心配になるのが個人情報の悪用ですよね。しかしカードの情報は全て暗号化されてやり取りされるため、その情報が読み取られる可能性は限りなく0なのです。
さらに、現金を持ち歩いて盗まれた場合はそれで終わりですが、カードの場合は紛失後すぐにカード会社に連絡すれば利用をストップすることができます。これもカードが現金より安全な理由ですね。

安全にカード決済を利用するためには?

カード決済は確かに安全です。しかしながら、使うときに全く注意する必要がないというわけではありません。注意を払って使うからこそカード決済の安全性は高まっていくのです。
では、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

自分のパソコン以外ではカード決済しない

パソコンでカードを使うとそのデータは削除してもパソコン内部に残ってしまいます。見る人が見ればあなたの個人情報を正確に読み取られてしまうことでしょう。
自分のパソコン以外でカード決済しないようにするなら、その危険を避けることができます。
満喫やネットカフェなど不特定多数の人が利用する場所ではクレジットカードを使わないようにしましょう。

暗証番号を誰にも教えない

カードの暗証番号は自宅の鍵の様なものです。他人に自宅の鍵を簡単に渡す人はいませんよね。
ですから、例外なくカードの暗証番号を他人に教えるのは避けましょう。たとえ家族であっても気軽に暗証番号を教えるのは危険ですよ。

暗証番号を人に明かさない。これを徹底するなら、カード決済の安全性を高めることに繋がります。

暗号化通信に対応しているサイトでカードを使う

インターネット上には様々なサイトがあります。中には怪しげなサイトも存在していますよね。そのようなサイトでのカード決済は非常に危険です。必ず暗号化通信に対応しているサイトでカードを使いましょう。
暗号化通信に対応しているかどうかは、アドレスのhttpの後にsが付いているか・カード番号を入力する画面に鍵マークが付いているか、によって見分けることができます。

いかがでしたか?

この記事ではカード決済が安全な理由とその安全性を高めるカードの使い方を3つご紹介致しました。

カード決済が安全な理由

  • 情報が全て暗号化されてやり取りされる
  • カードを盗まれる・紛失する等しても損失が少なくて済む

カード決済の安全性を高める使い方

  • 自分のパソコン以外ではカード決済しない
  • 暗証番号を誰にも教えない
  • 暗号化通信に対応しているサイトでカードを使う

これがカード決済の安全性に関する真実です。
カード決済は正しく行なえばとても安全な決算方法なんですよ。
あなたもカードの使い方を見直して見てはいかがですか?


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」