決済代行サービスとは? サービスを利用するメリットと選び方について


「決済代行サービスとはどのようなものなのか」「カード決済を導入する方法や注意点は?」など、決済代行サービスについて悩んでいる方は多いでしょう。キャッシュレス化が進んでいる今、現金以外の決済方法を使う人が増えています。カード決済を導入する方法として、注目されているのが決済代行サービスです。一体どのようなサービスなのか、利用するメリットやポイントなどについて解説します。

  1. 決済代行サービスとは?
  2. 決済方法の種類は?
  3. 決済代行サービスを利用するメリット
  4. 決済代行サービス選びのポイントと利用方法
  5. 決済代行サービスに関してよくある質問

この記事を読むことで、決済代行サービスの利用方法やポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.決済代行サービスとは?

まずは、決済代行サービスの内容について説明します。

1-1.加盟店とカード会社の間に入る仲介業者

決済代行サービスを簡単に説明すると、加盟店とカード会社の間に入る仲介業者のようなものです。従来のカード決済導入方法は、使いたいカード会社と1社ずつ契約する方法でした。けれども、1社ごとに契約するのはとても時間と手間がかかり、カード会社の審査を通過できないケースもあり、個人経営にとってはハードルが高かったのです。けれども、加盟店とカード会社の間に入る決済代行サービスによって、多種の決済を一括の契約とシステムで導入することができるようになりました。不便な手続きが簡単にできるサービスと言っても過言ではありません。

1-2.多様な決済手段を用意したいニーズに合っている

前述したように、日本はキャッシュレス化が進んでおり、2020年の東京オリンピックに向けて海外旅行者が増えてきました。海外旅行者の多くはクレジットカードを利用することが多く、さまざまなカードブランドを使用します。また、国内の利用者でもクレジットカード決済のほかにコンビニ決済や携帯キャリア決済など多種の決済を使用するケースが増えているのです。だからこそ、多様な決済手段を一括で利用できる決済代行サービスのニーズが高まっています。

1-3.個人経営者にとっても導入のハードルが低くなった

個人経営者にとって、カード決済の導入はハードルが高いものでした。カード会社の審査が厳しく、なかなか通過することができなかったからです。しかし、1度で複数のカード会社と契約できる決済代行サービスを利用することで、導入に対するハードルが低くなりました。個人経営者でも気軽な気持ちでカード決済が導入できる点では、とても大きなメリットと言えるでしょう。

2.決済方法の種類は?

それでは、決済方法にはどのような種類があるのでしょうか。

2-1.定番の決済方法は「クレジットカード決済」

決済代行サービスでも多くの店舗が導入している方法がクレジットカード決済です。クレジットカードの大きなメリットは、現金がなくても購入できること・クレジットカードを使用するたびにポイントがたまることでしょう。クレジットカードを持っていなければ消費者は利用できませんが、社会人の多くが1人1枚持っていると言われています。外国からの旅行者もクレジットカード決済を利用する人がほとんどです。

2-2.需要が高まりつつある「携帯キャリア決済」

クレジットカード決済の次に需要が高まりつつあるのが、携帯キャリア決済です。名前のとおり、スマートフォンや携帯電話で決済ができる方法となっており、カードを持っていない学生なども購入につなげやすいメリットがあります。しかし、携帯キャリア決済は、キャリアごとに仕様が異なるため、管理が複雑になるケースもあるのです。

2-3.そのほかの決済方法

ほかの決済方法としては、コンビニ払い・後払い・銀行振込などがあります。コンビニ払いは、消費者が近くにあるコンビニで支払うことができる方法です。コンビニの多くは24時間営業なのでいつでも支払うことができますが、コンビニの店舗によっては消費者の支払日と入金確定日が異なるケースがあります。後払いは商品が届いてから支払うことができる方法で、銀行振込は先に銀行口座に代金を振り込む方法です。

3.決済代行サービスを利用するメリット

決済代行サービスを利用する主なメリットを紹介します。

3-1.各カード会社との契約が一本化できる

決済代行サービスの大きなメリットと言えば、各カード会社との契約が一本化できることです。前述したように、決済代行サービスがないときは利用したいカード会社と1社ずつ契約することが基本でした。しかし、カード会社ごとに契約の流れや審査の内容が異なり、手続きに時間と手間がかかっていたのです。けれども、各カード会社との契約を一本化できる決済代行サービスを利用すれば、手間と時間をかけることなくカード決済が導入できます。カード会社ごとの審査基準を機にすることなく、安心して導入できるのは大きなメリットです。

3-2.売り上げの管理やお金の流れがつかみやすくなる

決済代行サービスを利用することで、売り上げの管理がしやすくなったりお金の流れがつかみやすくなったりするのも大きなメリットです。カード会社ごとの契約になると、それぞれ入金サイクルや手数料が異なるので、売り上げの管理がしにくくなります。入金日も異なるので、どのカード会社がいつ入金なのか管理が難しくなるのです。しかし、決済代行サービスを利用すればクレジットカードの売り上げを一括で管理することができます。すると、経理処理もしやすくなるのでお金の流れがつかみやすくなるのです。

3-3.コスト削減につながる

カード決済は導入にお金がかかると思うかもしれませんが、最近では個人経営者でも導入できるように工夫が施されています。たとえば、コストダウン診断などです。最適なクレジットカードを導入しているか見直しをすることで、運営のコスト削減につながります。入金照合や売り上げ管理などの事務が楽になる→コスト削減という仕組みです。また、ネットショップを立ち上げる際にも決済代行サービスを利用することで決済機関との契約が楽になります。システムを1つ導入するだけで多数の決済システムに接続でき、コスト削減につながるというわけです。

3-4.面倒な手続きをすべて請け負ってくれる

決済代行サービスのメリットには、カード会社との面倒な手続きをすべて請け負ってくれるというメリットもあります。カード会社と契約するためには必要な書類を用意し、1社ずつ手続きをすすめていかなければなりません。個人経営者など小さな店舗にとっては、審査に通過することが大きな目標でした。決済代行サービスを利用すればスムーズに審査が通過できるように、申請内容についてもアドバイスを得ることができます。優良の決済代行サービス業者であればあるほど、安心してカード会社との契約を任せることができるでしょう。

4.決済代行サービス選びのポイントと利用方法

安心して依頼するためには、決済代行サービス選びのポイントを把握することが大切です。それでは、選び方のポイントと利用方法を解説します。

4-1.どのような決済方法があるのか

まずは、どのような決済方法があるのか種類をチェックすることが大切です。導入したいと思っている決済方法に対応している業者を選ばなければ意味がありません。決済方法はもちろんのこと、扱っている商材やターゲットとしている客層はどんな決済方法がいいのか、適切なアドバイスをくれる決済代行サービス業者を選んでください。しっかりと話を聞いてベストな決済方法を判断してくれる業者ほど、安心して依頼することができます。特に、カード決済やキャリア決済に対応しているかどうかは重要です。カード決済の場合は、どんなカードが使えるのかもチェックしておきましょう。

4-2.導入費用や手数料がいくらかかるのか

決済代行サービスを利用する場合、初期導入費用や月々の使用手数料がいくらかかるのか確認することが大切です。特に、カード決済を使用する際にかかる決済手数料は、重要な選定ポイントとなります。できるだけ、費用を抑えたい方は、決済手数料が低い業者を選ぶべきです。決済ごとに発生する手数料なので1件の手数料はそれほどかかりませんが、売り上げが大きくなるほど多額なものになります。だからこそ、1件あたりの手数料を比較することが大切なのです。

4-3.管理画面が使いやすいか

カード決済や携帯キャリア決済を導入する際、専用の機械を店舗に設置することになります。機械に疎い人でも使いやすい管理画面になっているか確認が必要です。契約前に管理画面の使いやすさをしっかりチェックしておかなければ、どこか不便さを感じてしまいます。管理画面は消費者のユーザビリティにもかかわることなので、利用する決済ページがどのように表示されているのか必ずチェックしてください。カスタマイズの可否も確かめると安心して利用できます。

4-4.カード決済代行ドットコムの利用方法

決済代行サービスのカード決済代行ドットコムでは、審査・契約・必要書類クリアで最短2営業日で導入することができます。大まかな導入の流れは以下のとおりです。

  1. 業種や希望の決済方法など問い合わせて確認する
  2. 契約書を受け取り、申し込み情報の内容を確認した後、審査に入る
  3. 指定口座へ初期費用を入金する
  4. ID・パスワードを発行後に利用開始

簡単な流れで導入することができます。申し込みに必要な書類や具体的な内容に関しては、ホームページでご確認ください。

5.決済代行サービスに関してよくある質問

決済代行サービスに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.決済代行サービスの仕組みとは?
A.消費者がクレジットカードを利用した場合の流れは以下のとおりです。

  1. 消費者がクレジットカード決済を選択し商品を購入する
  2. EC事業者は決済代行サービスをとおして与信を行う
  3. 与信の結果を受け取る
  4. 与信の結果に問題がなければ、カード会社が消費者の口座から商品代金を引き落とす
  5. 決済代行サービスはカード会社から支払われた商品代金から手数料を引く
  6. 差し引いた金額がEC事業者へ支払われる

Q.決済代行サービスにデメリットはあるのか?
A.デメリットは、各決済機関への手数料に決済代行会社への手数料がプラスされることです。導入の初期費用がかかるのもデメリットとなりますが、導入する手間や運用コストを考えると、決済代行サービスを利用したほうがお得になる可能性が高いでしょう。また、すでにカード決済を導入している場合は、コストダウン診断を行うことができます。決済手数料を見直すことでコスト削減ができる可能性もあるのです。

Q.利用する際に気をつけておきたいポイントは?
A.決済代行サービスを利用する際の注意点は、セキュリティー面です。クレジットカードは消費者の個人情報となるため、外部に流出する危険がないシステムを導入する必要があります。きちんとセキュリティーが整っているシステムを導入しているか、チェックすることが大切です。

Q.初期費用はいくらかかるのか?
A.あくまで目安ですが、初期費用は約1万~5万円かかります。ただし、業種や決済方法に対して初期費用が無料になるところもあるのです。できるだけ、初期費用を抑えたい方は、最低限の費用で導入できる決済代行サービスを利用するといいでしょう。複数の業者を比較することで、大まかな導入費用が分かります。

Q.決済手数料の相場は?
A.1件の決済ごとに3.5~5%の決済手数料がかかるでしょう。中には、月額手数料が数千円~1万円必要になる決済代行サービスもあります。初期導入費用だけでなく、月額手数料や決済手数料がいくらかかるのかもチェックしておかなければなりません。特に、決済手数料は決済ごとにかかる費用なので、できるだけパーセンテージが少ないところを選ぶのがポイントです。

まとめ

クレジットカードを導入する際、カード会社ごとに契約する形がほとんどでした。けれども、決済代行サービスは1度で複数のカード会社と契約でき、ややこしい手続きも任せることができるのです。また、個人経営や立ち上げたばかりの店舗はカード会社との契約が困難ですが、決済代行サービスを利用することで気軽に導入することができます。決済代行サービスは、いろいろな面でさまざまなメリットがあるのです。


クレジットカード決済代行サービス 「決済代行ドットコム」